友達がいない女が恋愛対象外な理由とは?

友達がいない女が恋愛対象外な理由

男性に媚びた態度をとるから

男性の目線を常に意識して媚びた態度をとる女性は、友達から距離を置かれがちです。

男性の前と女性の前とで態度を変える女性は、影でぶりっ子と悪口を言われている可能性があります。

ぶりっ子な女性はかわいく見えるかもしれませんが、浮気性の可能性大。

このタイプは彼氏がいても合コンに参加したり、不倫へのハードルが低かったりと、恋愛にルーズな傾向が見られます。

あちらこちらの男性に粉をかけ、ふらふらとしている女性との恋愛は、常に不安がつきまといます。

安定した幸せな恋愛を求めている男性には、不向きな相手です。

積極性があるので恋愛に発展しやすいタイプですが、腰を据えた恋愛は難しいと言えます。

また、ぶりっ子タイプの女性は自分のことを「かわいい」と思っているナルシストかもしれません。

SNSで自撮りを頻繁にアップしている女性はナルシスト度が高いので気を付けましょう。

わがままな性格をしているから

友達がいない女性は、わがままな性格をしている可能性があります。

「自分が話題の中心にいないと気がすまない」「気分次第で機嫌がコロコロ変わってしまう」「他人にすぐに嫉妬したり自慢話が多い」。

こんなわがままな性格をしていると、友達ができてもすぐに去ってしまいます。

こうった自己中心的な女性と恋愛に発展すると、男性は振り回されて疲れてしまいます。

ちょっとしたわがままは男性からするとかわいく感じられますが、度を越したわがままを言われると、次第に愛情が冷めていきます。

男性は恋愛相手から安らぎを得たい、と思う生き物。

男を振り回すタイプの女性は一見モテそうに見えますが、男性が本気になる相手ではありません。

常に気を遣ってチヤホヤする必要があるわがままな女性は、恋愛対象外になってしまうのです。

一人で楽しむ方法を知っていて恋愛に向いていないから

一人で楽しめる趣味を持っていたり、休日は自宅に引きこもって一人で過ごすことを好む女性は、友達が少なくなってしまいます。

性格的に大きな問題がないタイプが多いのですが、こういう単独行動が得意な女性は恋愛ベタな傾向があります。

内向的な性格をしているので恋愛に発展しづらく、男性側から積極的にアプローチをかける必要があります。

無事に付き合うことになっても一人で過ごす時間を大切にするので、男性から誘いをかけ続けないと、フェードアウトしてしまいがちです。

人に合わせて行動をとることが苦手な性格をしているため、女性のペースに合わせる努力も必要となってきます。

趣味が一致していて一緒に楽しめる時間が持てるなら付き合ってもうまくいくかもしれませんが、付き合っていくうちに男性が疲れてしまう可能性があります。

人間関係を上手に作れないから

世の中の多くの男性は、本能的に友達がいない女を避けようとするものです。

それはどうしてかというと、「人間関係を上手に作れない」ことがわかっているからだといえます。

恋愛は確かに男女の1対1の関係ですが、実際に付き合いを始めてみると、それ以外の人たちがよりたくさんかかわっていくのが普通です。

男性目線からいうと、たとえば自身の友達の存在だったり、恋愛関係が順調に続いた場合は、親と彼女を会わせたいと考えることもあるでしょう。

ですが友達のいない女は、残念ながらそういった大切な人たちと、上手く関係を築くことが困難なのです。

男性からしてみれば、自分が大切に思っている人と上手くやっていけない女を、わざわざ彼女にしようとは思いません。

ですから結果として、友達のいない女は恋愛対象外になりやすいのです。

人一倍嫉妬深いから

自分に彼氏ができてからというもの、急に彼女の態度が冷たくなった。

あなたも女友達から、そんなグチを聞かされたことはありませんか?

男性が恋愛対象になる女性を探すとき、最も注意するポイントは「嫉妬深いかどうか」です。

なぜかというと、いざ付き合い始めたとき、嫉妬深い女は激しい束縛をしてくるからになります。

ですから、なるべくそんな嫉妬深い女を避けたいわけです。

そして友達がいない女が恋愛対象外になる理由も、まさにその点にあります。

そもそも、どうしてその女性には友達がいないのかを考えてみてください。

近くにいる人が彼氏を作ると、なぜか嫉妬の炎を燃やしてつらく当たり、誰かが仕事で成功した話を聞くと、わざとその人の悪い噂を広めたりする…

そういった原因で友達がいないわけですから、わざわざそんな女を恋愛対象にしようと考える男性などいるはずがないのです。

思いやりが足りないから

友達がいない女は、どうしても人と話したりする機会が少ないため、基本的に空気が読めません。

そしてその空気が読めないという特徴は、残念ながら「思いやりが足りない」ことにもつながってしまいます。

思いやりの心を持つためには、相手がどんな気持ちでいるのかを把握する必要がありますから、空気が読めない人にそれができないのは、むしろ当たり前だといえるでしょう。

目の前にいる女性が恋愛対象になるかどうかを判断するとき、男性はこの「思いやり」の部分を非常に重要視します。

つまりほとんどの男性は、自分の彼女になるかもしれない人に対して、最低限の優しさを求めているわけです。

したがって、友達がいなくて思いやりの心を上手く学べていない女性は、残念ですがほとんど男性の恋愛対象になることはないでしょう。