婚活に疲れてやめたいときの諦め方とは?

婚活に疲れてやめたいときの諦め方とは

結婚のデメリットに目を向ける

婚活にはもう本当に疲れたけど、ここまでがんばってきたこともあってなかなか諦めがつかない。

そんな気持ちを抱える人がまずやらなければならないのは、「もう一度結婚について見つめ直してみる」ことです。

そもそも結婚とは、それほどまでに素晴らしいものなのでしょうか?

もちろん良い面もたくさんあることは間違いありませんが、それでも結婚はあなたの幸せを100%保障するものではありません。

誰かと共に生活を送るというのは、つまり現在の自分の生活ペースを壊すことでもあります。

当然ストレスも溜まってくるでしょうし、場合によってはそういったことが原因で結婚生活が険悪なものになってしまうケースもあるでしょう。

婚活に力を入れすぎている人は、どうしても結婚のメリットばかりに目が行きがちです。

ですからもう一度結婚について冷静に見つめ直してみて、その中で諦めるきっかけをつかむようにしましょう。

婚活にかけるお金を考える

あなたは婚活にどれくらいのお金をかけていますか?

効果的な婚活を行うためには、パーティーやツアーなどにも参加する必要があるため、実は予想以上の負担になっている人も多いのではないでしょうか。

いよいよ婚活に疲れてきて諦めたいという人は、そういった経済的な負担について目を向けてみるべきです。

たとえば、同じだけのお金を婚活以外のことに使ったらどうなるでしょうか?

もしかすると、その方がよほど充実した毎日が送れるかもしれません。

当然欲しいアイテムも購入することができますし、少しずつではありますが貯金だって可能になるでしょう。

婚活に熱中している間はどうしても気づけないのですが、実はお金の使い道を変えることで、現状よりも自分を幸せにできる可能性はグッと高まるものです。

ですから、婚活ばかりにお金を使うのはもったいないと考えを改めて、スッパリと諦めてしまうようにしましょう。

旅行で婚活への執着を無くす

婚活を諦める上で最も有効な方法が、実は「旅行を計画する」ことだと知っている人はどれくらいいるでしょうか。

どうして旅行がおすすめなのかというと、それは「婚活とは真逆の疲労感を味わうことができる」からです。

もう少し簡単にいうと、良い意味での疲労感ともいえるかもしれません。

婚活で重要になるのはもちろんパートナーとのコミュニケーションですが、絶対に失敗してはいけないと余分な力が入り、必要以上に気を遣いすぎる人も多くなります。

すると当然疲れも溜まってきますし、何となく閉塞感も覚えてしまうでしょう。

ですが、その代わりに旅行の計画を立てれば、そんな閉塞感とは無縁でいられるのです。

確かに旅行の計画から出発、そして帰宅するまでを考えれば、それなりの疲労感は残ります。

ただ、旅行先では自分が好きなように行動できるわけですし、少なくともその疲労感はイヤなものではないはずです。

婚活のことばかり考えていると忘れがちですが、旅行のように自分一人でも楽しめることもあると再認識すれば、だんだんと婚活に対する執着も薄れ、自然と諦められるでしょう。

人生の目標を「仕事での出世」にする

これまでは「婚活を成功させて結婚する」ということが、人生の大きな目標だったわけです。

その目標を自ら放棄し、婚活を諦めたいと思ったなら、違う目標を設定するのが、最も効果的な方法でしょう。

そこでおすすめしたのが、仕事での出世を人生の目標にするというやり方です。

結婚をあきらめ、一人で生きていくためには、なんといっても仕事が最重要テーマになるに違いありません。

一人で生きるには、いずれにしても仕事を続けていく必要があるわけですから、「出世」を仕事をする上でのモチベーションにしてみてはいかがでしょうか。

そういう目標ができれば、自然に仕事に専念し、仕事で成長しようという意欲も生まれてくるに違いありません。

意欲が生まれれば、仕事をすることが楽しくなり、また、生きがいにも感じられるでしょう。

そういう心理状態になることによって、結婚に対する意識、婚活への未練は断ち切れるはずです。

マイホーム購入を目標にする

結婚という目標から別の目標にシフトすることによって、婚活を諦める方法がもう一つあります。

それは、マイホームの購入を次の目標にするというやり方。

一人で生きようが結婚して家庭を持とうが、マイホームの購入というのは、人生の中でも特に大きな目標と言っていいでしょう。

ポイントは、少し背伸びしたレベルの物件を目標にすること。

「今の給料だとローンを組むのも少しきついな」と思うレベルの物件購入をシミュレーションしてみてください。

そうすると、給料を上げるための努力をしようという気になるはずです。

昇給を目指して今の仕事をがんばるとか、より条件の良い会社への転職を考えるとか、今の仕事を続けながら副業を始めるとか、方法はいろいろあります。

リスクの小さい財テクを考えるという手もあるでしょう。

とにかく、そのようにして収入を増やしマイホームを購入することを目標にすれば、そのことで夢中になれますから、婚活のことは考えなくなるに違いありません。

習い事を始めるなどして忙しくする

暇な時間が多ければ多いだけ、どうしても婚活、結婚のことを考えてしまうに違いありません。

たとえば、何も予定のない休日など、「こんなことはしていられない。やっぱり婚活をしなければ」という焦燥感に駆られ、なかなか婚活を諦めることができなくなるのが、自然な人間心理です。

そんな心理から逃れ、婚活をきっぱりあきらめるためには、忙しくしているのが一番。

仕事が終わった後や、休日など、自由に使える時間をできるだけ忙しくしましょう。

そのためにおすすめなのが、何か新しい習い事を始めたり、趣味のサークルに入るという方法です。

複数のことを同時に始めるのも効果的です。

人間、なにか新しいことを始めると、そのことに意識が向きますから、よけいなことを考えなくなるに違いありません。

これまで経験したことのない、まったく新しい趣味や習い事を始めましょう。

たとえば、未経験のスポーツを始めると、そのスポーツの基本的技術を習得することに必死になり、結果として婚活や結婚に対する意識が薄れるはずです。