性格悪い女とは|特徴・恋愛・結婚から対処法まで大公開!

性格悪い女とは|特徴・恋愛・結婚から対処法まで大公開!

性格が悪い女とは、一体どのような女性を指すのでしょうか。

性格が悪いと言われるぐらいなので、その言葉や態度に大きな問題があるはずです。

もちろん普段の生活だけでなく恋愛面も評判が悪い人も多くいます。

もしかしたらあなたの影では性格が悪いと言われているかもしれません。

そこで今回は性格が悪い女の特徴や恋愛テクニックについてご紹介していきます。

あなたに当てはまるかどうか確認してみてください。

また性格が悪い女と関わってしまったらどう対処すればいいのか。

性格が悪い女への対処法も説明していますので参考にしてみてください。

性格悪い女の特徴とは?

陰口が多く他人を評価する癖がある

話題の中心が他人の噂話で、その内容はほとんどが批判的なものになっています。

特に同性の悪口が始まれば、いつ終わるか分からないほどに話し続け、実際とは異なる作り話にまで発展することがあります。

こういうタイプの女性は、人としての人格が疑われるばかりか最終的には一人ぼっちになってしまいます。

一見すると話上手で、一緒にいて楽しいと感じる時期もありますが、時間の経過とともに本心を見破られ徐々に人は去っていきます。

結果として、人との長い付き合いというのは無理なタイプの女性で、同じようなタイプの女性とグループになる傾向があります。

人を批判することで自分の存在価値を保っており、自分自身を見つめることが怖く、自分に自信がなく無意識のうちに自分自身の在り方に迷っている女性がこのような行動に走りやすいでしょう。

地位や経済力で人を判断する

有名企業に勤め経済力のある人や有名大学の卒業生という目に見えるステータスだけで人の良し悪しを判断する女性も多いですが、その要素だけで人の価値観を判断してしまうのは寂しい心の持ち主です。

もちろん、そのような地位にある人達は、それなりの努力をしているわけですから評価されるべきです。

しかし、すべての人が有名企業や有名大学に行けるわけではありません。

目に見える経済力や結果だけにしか着目できない心は、人間性を失わせ物質主義に傾倒していきやすいです。

人の本当の価値とはその人の能力をどれだけ発揮して、日々の生活を頑張っているかということに限ります。

見た目の結果はそれぞれ異なりますが、精一杯に頑張って得られた結果に優劣はありません。

人の心の奥底にアプローチできない女性は嫌われる傾向にあります。

自己顕示欲が強い

誰にでも自分を見て欲しいという自己顕示欲はありますよね。

これは、あえて人に積極的に表現して満たされる欲ではないのですが、女性の中には積極的に自己アピールをして自己顕示欲を満たそうとする人もいます。

適度であれば問題ないのですが、あまりに度を過ぎると嫌われてしまう原因になってしまいます。

過度の自己アピールには、自分の成果を自慢げに話したり、服装や髪形などの容姿を相手に確認したりと様々なものがあります。

自分は心地よい気分で話していると思いますが、聞いている相手側にとっては賛同しているだけでも疲労感に襲われてくることもあります。

嫌われる女性のタイプとしては、そんな相手の気持ちを考えることなく一方的に自己アピールをして、賛同してくれる相手の反応によって自己満足の世界に入っている人が多いです。

口が軽く約束が守れない

性格の悪い女は、他人とのあらゆる約束を守ることができません。

だからこそ、誰にも言わないで欲しいと言われたことを守れず、平気で人に話してしまったりします。

口が軽く、いつも他人の秘密をベラベラと人に喋ってしまうため、当然ながら周りからも信用を得ることができません。

秘密を守れないだけではなく、友人たちとのスケジュール的な約束も、守ることができないのです。

予め約束していた予定を、なんの罪悪感もないままドタキャンしてみたり、連絡もないままぶっちぎってしまうことも、多々あります。

たちの悪いことに、約束を守らないことを、いけないことだと思わないのです。

他人の秘密を守ったり、他人と約束を守ることがとにかく苦手です。

社会人として、1番大事なことが普通にできないうえに、行動が自分勝手で自由奔放すぎるため、性格が悪い女だと思われてしまいます。

相手によって態度を変える

他人をすぐに自分だけの物差しで判断し、相手によって自分の態度を変えるのが、性格の悪い女の特徴の1つです。

自分にとってメリットのある人だと思えば、愛想をふりまいてみたり、ゴマをすってみたりします。

反対に、どうでもいい人間だと思ってしまえば、あからさまに冷たい態度をとってみたり、無愛想な態度を取ります。

他人を人間性で判断するのではなく、完全に自分にとって利益をもたらす人であるかどうかということで判断するため、非情な女に見えてしまうのです。

接する相手により態度をコロコロと変え、そんな姿を人に見られても何も感じないどころか、当たり前の態度だとさえ思っています。

恋愛感情や、職場での立場など様々なシーンで、相手によって自分の態度を変えていきます。

メリットがないと判断された相手に対する態度はひどいもので、馬鹿にしたり、見下したりします。

反対にそうでない相手には、周りから見ても見苦しいほど、媚を売ったり長いものに巻かれようとするのです。

性格悪い女が使う恋愛テクニックとは?

二面性を上手に使い分ける

同性から見ると男の前ではいつもニコニコ笑顔なのに、影では愚痴ばかりというような女性は非常に嫌われますし性格が悪いです。

ですが、何故かそういう女性に限って男性からは人気があったりするものです。

実はそこには巧みな心理トリックがあるのです。

男性は自分に対してだけ特別な面をみせてくれる相手にはとても好感を抱くものです。

いつもはツンとした表情をしている女性が、自分を見たときだけにっこり微笑んでくれたら気になって仕方がありません。

性格が悪い女性はそういった男性の心理を知っていて、落としたい相手にだけとびきりの笑顔をみせることで相手に対して特別感を与えて魅了します。

このように相反する二面性を上手に使い分けることによって、性格の悪さをモテるための武器に変えているのです。

誰にでも思わせぶりな態度をとる

性格が悪い女性はとにかく同性よりも異性を意識して行動しています。

同性からどう見られようが、自分の寂しさや心の隙間が埋まるのであればお構いなしに奪い取ったり、とにかくたくさんの人に好かれようとします。

そのために努力を惜しむことはありません。

男ウケのいい服を来てボディタッチを多くしてみたり、自分の弱い面をみせたりしてたくさんの人を誘惑します。

特に男性は、女性から甘えられたり性的アピールをされるとなかなか理性で対抗しづらい生き物です。

特別直接的なことでなくとも、少しの隙間に上手に入り込む術を身につけているのです。

また性格が悪い女性を好く傾向の強い男性にはピュアな人が多いので、すぐに自分の気があるのではと勘違いしてしまうため夢中にさせやすいのです。

ただそこに心があるわけではなく、たくさんの人に対して女をアピールして常に目を向けておかせるように振る舞うため、同性からは嫌われやすいです。

思わせぶりな女の心理・行動と思わせぶりな女への対処法とは?

わざと周りに合わせようとしない

そもそも元々性格が悪いだけの女性はあまりモテません。

どちらかというとモテるので性格が悪くなっていくのです。

つまり性格が悪い女性は自分がモテることを知っているので、ワガママ放題したとしても男性が言い寄ってきてくれることがわかっているのです。

男性は好きな女性を満足させたいと思うものですから、これが相乗効果を生んで、より欲が強くワガママの度が過ぎているような女性のほうが魅力的にみえてしまうのです。

俗にいう小悪魔というのはこういった心理からくるもので、男性側は自然と常に試される形となり女性からしてみるとワガママを言っているだけで勝手にモテる方式ができあがります。

また、もう二度と異性から好かれることがないだろうと思っていればどうしても消極的になってしまいますが、モテることを知っているため次があると楽観視することもでき、自分のペースや理想などを崩さず相手に合わせることもしません。

これが特にMっ気のある男性からしてみると、かっこいいと思えてしまうためモテることにも繋がります。

気になる男性を細かく覚えている

性格の悪い女は、どうでも良いことに労力をかけません。

その分、自分にとってメリットがあると思ったことには、全力を投じます。

気になる男性の特徴だけは、とにかく細かく覚えています。

名前はもちろん、好きなものや最近起きた出来事も、細かく記憶していて、都度話を合わせて来ます。

「○○がお好きでしたよね」というように、同調する風に語りかけるため、距離感をぐっと縮めることが出来るのです。

男性の方も、「自分を覚えてくれている」と思えば、決して悪い気持ちはしないですし、「細かいところに気が付く良い女性だな」と考えるわけです。

もちろん、すべての人に対してこのように接していれば、人としての器とも言えるでしょう。

しかし、性格の悪い女は、他の人間に対してはこの力を発揮しません。

あくまで眼中にいる男性のことだけです。

容姿の劣った同性の友人といっしょに男性を誘う

たとえば、職場内に気になる男性がいるとしましょう。

できればその男性と交際したいと思っているけれど、相手が脈アリかどうかわからないとします。

その場合は、なかなか一対一のデートには誘いにくいに違いありません。

ほかの人も含めた複数での飲食などに誘うのが、最初のアプローチということになるでしょう。

その際、自分よりも容姿の劣った同性の同僚といっしょに、ターゲットの男性を誘うのが、性格の悪い女の恋愛テクニックなのです。

見た目の良くない同性の同僚も加わった飲み会などにすれば、当然、自分が引き立つに違いありません。

男性は目の前にいる二人以上の女性を比較して、もっとも容姿の優れた女性に目を向けることでしょう。

それを計算し、自分の恋愛を成就させるために、友達や同僚を利用するわけです。

友達や同僚を引き立て役にして複数での飲食会などに男性を誘うのが、性格の悪い女の恋愛テクニックなのです。

他の男性の話をして嫉妬させる

恋愛に関して、男性は「ライバルには負けたくない」という意識を大変に強く持っているものです。

たとえば、好きになった女性のことを友達に話したら、友達も彼女に恋心を抱いていることがわかったとしましょう。

友達と、いわば恋のライバルになったわけです。

そういう状況になると、男性はライバルに彼女を取られまいとして、いっそう恋愛感情を募らせるに違いありません。

この男性心理を利用して、男性を自分に夢中にさせようと画策するのが、性格の悪い女の恋愛テクニックです。

たとえば、交際している彼氏がいる場合、彼氏の前でわざとほかの男性のことを話題にし、その男性をほめてみせるのです。

そうすると、彼氏はその男性にジェラシーを感じるに違いありません。

話題になったその男に彼女を取られまいとして、彼女に対する恋愛感情を高まらせることになるわけです。

そういう計算のもとに、彼氏や気になっている男性にわざと嫉妬させるような話をするというのが、性格の悪い女の恋愛テクニックということになるでしょう。

嫉妬深い人とは|男女の特徴・原因と嫉妬しない方法を解説

女の子と仲が良いアピールをする

モテる女性が、同性とつるまない時代は終わりました。

男性の方も、女友達がひとりもいない女性に対し、不信感を抱きやすくなったからです。

友達関係を大切に出来ない女性は、どんなに見目麗しくても、付き合えないと感じ始めているのです。

そのため、性格の悪い女は、「自分は女の子と仲が良い」ということを、気になる男性の前で積極的にアピールしていきます。

職場であれば、実際はそこまで近い関係ではない同僚のことも、食事に行ったりした話などをたくさんします。

自分以外の女性をしきりに褒めて、女性の良いところを発見できる自分を演出するのです。

同性に対する嫉妬心がなく、寛容で性格が良いということを、しきりにアピールしようとするわけです。

メリットのために、女性に近づいていくことも少なくありません。

性格悪い女がモテる理由とは?

女性から見れば性格が悪い女だと思っているのに、なぜか男性からモテる。

そんな女性もたくさんいます。

それは一体なぜなのか。

最も分かりやすいのが、女性から見たら性格が悪いとしか思えないけれども、男性からしたら魅力的だと思われるケースでしょう。

例えば、わがままで人の話を聞かない女性がいたとします。

一緒に行動している女友達は毎回困り果てている。

友達からの評判も悪い。

このような女性でも、男性の目線からだと、「周りに流されない、芯を持った女性」とみられることがあります。

そして、そんな女性にリードされたい、振り回されたいと思っている男性も少なくありません。

このように男性と女性とでは認識の違いがあるのです。

女性から見てモテそうな女性と、男性から見てモテそうな女性とは大きく違うというわけです。

なんでこの人はモテるんだろう?と不思議に思ったら、男性目線で考えてみると新しい発見があるはずですよ。

性格悪い女なのに結婚しているのはなぜ?

中にはとんでもなく性格が悪い女なのに、結婚して幸せそうな家庭を築いている。

こんな女性もたくさんいることでしょう。

その度にどうしてだろうと不思議に思いますよね。

これにはいくつかの理由があります。

まず一つ目が、性格が悪い面を見せているのは同性だけに限定しているから。

二つ目が、性格が悪いのを許容してくれる素敵な男性に出会ったから。

三つ目が、男性も性格が悪いタイプで波長が合うから。

おそらくこのどれかに当てはまることでしょう。

二つ目の素敵な男性に出会ったというのはかなりのレアケースです。

むしろほとんどないと言ってもいいでしょう。

もしくはその男性はかなり女運が悪い特殊な人かもしれませんね。

ありがちなのが一つ目と三つ目の理由です。

男性の前だけ可愛い子ぶって、女性同士になると性格が悪くなる。

こういう女性は少なくありませんよね。

また三つ目の理由も、自分の性格が悪いから同じような男性としか出会わないので、結果的恋愛し、結婚することになるのでしょう。

いくら性格が良くても男性と出会う機会がなければ、結婚することはできません。

なので結婚するには、性格が良い悪いの問題ではなく、いかに出会いの数があるのか。

そういった根本的な問題がありますので勘違いしないようにしましょう。

性格悪い女への対処法とは?

話を半分以上聞き流す

性格が悪い女の話ほど、真実味がなく面白くない話はありません。

自分のことばかり話す傾向にあり、聞き手にとってつまらない話ばかりするのが、性格が悪い女の特徴でもあります。

そんな女の話を一から十まですべて聞いていると、疲れてしまうのはこっちの方です。

自分を守るためにも、性格が悪い女の話は、半分聞いて半分聞き流すくらいがちょうどよく、効果的な対処法でもあります。

ここで大事なのが、相槌を忘れないことです。

適当に相槌を打たないと、真剣に聞いていないことがバレてしまい、ちゃんと話を聞いてもらおうと、むきになってつまらない話が長々と続いてしまいます。

真剣に話を聞くふりをして、実は半分も聞いていないとなると、性格の悪い女とは正面から向き合う気がないということにもなります。

話を聞き流すことこそ、面白くもない面倒な話を聞かずにすむ、唯一の対処法になるのです。

プライベートでは付き合わない

学校や職場という場所以外の、プライベートというシーンで会う相手は、相手が女性であろうと男性であろうと、それなりに仲のいい人間でしょう。

いつもの場所を越えて会う相手とは、心を許せたり仲良くしているからこそ、プライベートでも時間を共にしたいと思うものです。

性格の悪い女とは、誰だって距離を取りたいものです。

そんな女との付き合いは、あくまでも学校や職場といった、避けられない空間でしか成り立たないものである、ということを証明することが必要です。

そのためにも、プライベートという貴重な時間は、あなたのために費やさないというスタイルを貫けば、性格の悪い女への対処法となります。

プライベートで誘われても、できるだけ断り続けることが何よりの対処法であり、本人にも何かを気づかせる、きっかけとなるはずです。

とりあえず褒めておく

性格が悪い女性と言う物は、基本的に周囲にいる人間を敵か味方かで判断している事が多く、一度敵だと認識されてしまうと後々大きなトラブルに巻き込まれてしまいますので、まずは敵ではないと思わせる事が肝心になります。

その為に重要なポイントになるのは相手を褒めてしまう事であり、例えば髪型やファッションはもとより、ちょっとした小物などをとにかく褒めてしまう事が効果的です。

なぜならば、性格の悪い女性に共通しているのは自分が優位に立ちたいというもので、いわばガキ大将的な考えを持っていることから、良い気分にさせておけば大きな問題は無いと言えます。

また、良い気分にさせておけばこの後どう付き合うかもコントロールしやすく、適度に誘いに乗るも良いですし、たまには断っても大丈夫な事が多いので、自分の好きな距離感に持っていきやすいです。

遠回しに悪評を耳に入れる

性格の悪い女性のもう一つの特徴であるのは、自分が嫌われたくはないというもので、自分が攻撃されるよりも前に攻撃しようとしていますし、仮に攻撃された場合には周囲を巻き込んで大騒ぎをします。

したがって、直接的に言ってしまう事は最終手段となっており、その前に相手に遠まわしに伝えて自分自身で気づいてもらった方がはるかにメリットが大きいです。

この場合の例を挙げるならば、会話中に自分はこんな事をいう人が苦手だと芸能人を引き合いに出したり、実在しなくても構いませんので友人とトラブルになった作り話などをしてしまうのも効果的な方法になります。

上記のように性格の悪い女性は自分が嫌われる事を極端に恐れていますので、会話ができるような関係ならば遠まわしに伝える事で改善される事も十分に期待できるのです。

上下関係を作らせない

基本的には性格の悪い女性とでも友好な関係を築いていく事が最も良い対処法なのですが、この場合には上下関係を作られてしまうとまるで使い走りや子分のように扱われてしまう事があります。

これは性格の悪い女性がマウンティング行為を行う事が理由になっていて、上記の通り自分が優位に立ちたがる傾向が見られますので、例え友好な関係であっても上下関係を作りたがるのです。

しかし、この上下関係ができてしまうと色々と面倒が起こりますので、時にはキチンと拒否をしてどちらが上でも下でもない対等な関係であると認識させることが大事です。

なお、この時には相手に敵と思われてしまう事もあり得ますので、嘘でも良いから親や兄弟姉妹など家族との外せない用事があるなど、保険をかけておく事もポイントになります。

相手に悟らせる

性格の悪い女性のもう一つの特徴であるのは、自分が嫌われたくはないというもので、自分が攻撃されるよりも前に攻撃しようとしていますし、仮に攻撃された場合には周囲を巻き込んで大騒ぎをします。

したがって、直接的に言ってしまう事は最終手段となっており、その前に相手に遠まわしに伝えて自分自身で気づいてもらった方がはるかにメリットが大きいです。

この場合の例を挙げるならば、会話中に自分はこんな事をいう人が苦手だと芸能人を引き合いに出したり、実在しなくても構いませんので友人とトラブルになった作り話などをしてしまうのも効果的な方法になります。

上記のように性格の悪い女性は自分が嫌われる事を極端に恐れていますので、会話ができるような関係ならば遠まわしに伝える事で改善される事も十分に期待できるのです。

面と向かって欠点を言う

性格が悪いということは、自分の欠点が人に迷惑をかけている、ということに気づけていないということです。

自分本位な人が多く、周りの人間の気持ちを考えたり、察することが全く苦手です。

あからさまに不機嫌な態度をとってみたり、わがままを言ってみたりと、自分のことしか考えられない行動が多いからこそ、周りから性格が悪いと言われてしまうのです。

どうしてそうなのか、自分自身について考えることが少ないため、改善する機会もあまりありません。

だからこそ、そんな女には面と向かってはっきりと、欠点や間違っている考え方などを、教えてあげるのです。

堂々と欠点を指摘されると、その場では怒りを露わにする可能性も高くなりますが、今まで通り正々堂々と悪態をついたり、周りから嫌われるような態度を取ることは少なくなるはずです。

陰で悪口を言っても、何も知らずに性格の悪さはエスカレートするだけです。

はっきりと欠点を指摘することは、性格の悪い女をおとなしくさせるための、効果的な対処法なのです。

性格悪い女はブス?

男性の間では、よく美人は性格がいい子が多い、ブスは性格悪い女が多い、と言われています。

実際のところはどうなのでしょうか。

これはほぼ正解です。

しかし性格が悪いからブスというわけではありません。

自分自身でブスだと認識しているから、卑屈な性格になったり妬みやすい性格になったりするため、性格が悪くなっていくのです。

自分の容姿に自信を持っていて、周りからもちやほやされていれば、そのような性格にはなりませんよね。

これは大変根深い問題です。

なぜなら小さい頃からそのような扱いを受けてきた人にとっては、当たり前のことであり、その当たり前を変えるにはかなり努力をしないといけないからです。

ブスで性格が悪い女性は誰からも相手にされなくなります。

そしてますます自分の殻に閉じこもるようになるでしょう。

これではまともに人とコミュニケーション取ることはできません。

友人もできなくなるでしょう。

待っているのは孤独です。

そんな人生にしたくなければ、すぐにそれを改善するように努力すべきです。

自分の良いところを毎日見つけるといった単純な方法も効果がある人にはあります。

しかし幼い頃から言われ続けてきた人によっては全く効果はないでしょう。

やはりダイエットをして痩せたり、整形などで自分の顔を変えるほうが劇的に効果があります。

ダイエットでも整形でも、自分が変化することによって自信を持つことができて、その後の人生が一変した。

こういう人は数え切れないほどいます。

自分の顔を変えるなんてできない、と思い込んでる人は日本の古臭い慣習に縛られている人です。

今はそんな大きな手術をする必要はなく、切らないプチ整形でも見た目はかなり良くなります。

まずはこうしたところから始めてみましょう。

自分の顔を変えるのと、自分の人生を台無しすることでは重みがまったく違います。

もちろんあなたのこれから先の人生の方が大切です。

あなたは一生根暗で、自信が持てないままでいいのでしょうか。

せっかく目の前に変われるチャンスがあるなら、そのチャンスを掴み取るべきです。

すべてのことに言えることですが、勇気を持って踏み出さないと何も変わりませんよ。