バツイチ子持ちの人が再婚したいときにやるべきこととは?

バツイチで子持ちの人が再婚するためにはどうすればいいのでしょうか。

このような状況の人が抱えている問題として、「出会いがない」、「相手が自分の環境を受け入れてくれるかどうかが不安」といったものがあります。

そのまま一人で生きてくには精神的にも経済的にも不安ですよね。

行動するのであれば今すぐにやらなければいけません。

後回しにしていくとどんどん時間が過ぎていき、あなたも年を取ってきます。

年を取ることで再婚相手の対象となりにくくなってしまうのも現実としてあります。

今のあなたは、今の人生で一番若いのです。

それを自覚しましょう。

そこで今回はバツイチ子持ちの人が再婚したいときにやるべきことをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

バツイチ子持ちの人が再婚したいときにやるべきこととは

再婚する意味は何かを考える

再婚をしたいと思う理由は何なのでしょうか。

新しい家族を作って幸せになりたい、子どもが寂しがるから、一人では生活が苦しいから、パートナーがいないのが寂しいからなど様々な理由があるでしょう。

再婚をすることで子どもも一緒に幸せになれるのか、離婚した原因が自分に合ったとしたら再婚をして同じことを繰り返さないかを自問自動する必要があるかしれません。

再婚をして新たに家族を作るのはとても素敵なことです。

再婚をしたいと思う理由が前向きであれば問題ないかもしれませんが、今の生活に不満があり、それから逃れるためやごまかすためだけの再婚であればまた同じことを繰り返してしまうかもしれません。

もしそうなったらあなただけでなく大切な子どもまでまた傷つけてしまうことも考えられます。

本心ではもう結婚はしなくてもいいと思っていても、寂しいから、苦しいからという理由で再婚をしたいと考える場合があります。

再婚したいというのは心からそう思っているのか自分でしっかり考えるようにしましょう。

自分で考えた上でやっぱり再婚したいと思ったらそれは本物の気持ちかもしれません。

子供の了承をとる

再婚をするのに子供の許可は必要ありませんが、子供を大事に思うのなら、子供からの許可は真っ先にとっておくようにして下さい。

親も人間で、人間は誰しも恋愛をする自由があるというのは正論ですが、子の親であるからには子供を思いやった行動をしなければなりません。

突然自分の親に恋人ができたら、子は戸惑うものです。

突然のことに気持ちの整理がつかない状況で、祝福してくれと言われても、簡単におめでとうなどという言葉が出てこないのは当たり前のことです。

再婚を祝福して欲しいのであれば、子供に心の準備をさせる時間を作ってあげることが大切です。

そもそもの問題として、再婚をするならば相手は子供の親になるのですから、何の関係もない者として、子供の蚊帳の外に置くのは間違った行為です。

再婚をしたいという相手ができる前に、再婚に向けて婚活を始める時に、子供には胸を張ってそれを宣言しておきましょう。

結婚相談所や婚活パーティーで探す

バツイチ子持ちでの再婚を考えるなら、それを隠して婚活をしようとしてはいけません。

離婚経験のあることや子供のいることを隠してアプローチを行い、相手に気持ちを受け入れてもらったとしても、それは正しい関係ではありません。

再婚を考えるなら、どうせいつまでも事実を隠したままではいられないのです。

後から不安を抱えつつカミングアウトするぐらいなら、最初から全てを打ち明けた状態で、それでもいいといってくれる人の中からパートナーを探すようにした方が無理がありません。

婚活の支援を行う、結婚相談所や婚活パーティーといったサービスには、バツイチ子持ちの人専用のプランというものも存在します。

そうした婚活支援サービスが、バツイチ子持ちでもOKな人を集めた空間に乗り込んでいき、その中で一緒になりたい相手を探すのが、再婚を目指す上で最も無駄のない方法です。

自分磨き

バツイチ子持ちでの再婚を目指す上で、必要なことは独身の気持ちを取り戻すことです。

また新しく恋愛を始めたいのであれば、家庭に入った者の顔は捨てなければなりません。

婚活の間は意識して、家庭の中で着ている楽な服は脱ぎ、異性の前でアプローチできる服に着替えるようにしましょう。

髪のセットや肌のお手入れなど、忙しい毎日の中でサボってしまっていることにもしっかりと取り組み、未来の恋人のために、自分磨きを怠らないことが大切です。

人間顔ではなく中身だ、というのはもっともですが、付き合ってみなければ中身まではわかりません。

お付き合いを始めるためには、まず外見で相手の気を惹いて、中身を知りたいと思わせる必要があります。

自分を愛してくれる人を見つけたいというのであれば、独身であろうとバツイチ子持ちであろうと等しく、やるべきことは人に愛される人間を目指すことです。

再婚後の生活をイメージする

再婚した後にどんな生活を送りたいかしっかりイメージできていますか。

何となく幸せになりたい、安心したいと漠然と考えていたら少々問題です。

理由は何であれ一度は結婚生活にピリオドを打っています。

一度目の結婚は勢いやタイミングでゴールインした、結婚にあこがれて結婚したということもありますが、一度結婚をすると結婚生活とはどういうものかというのが分かってきます。

そのため結婚生活経験者という立場で再婚後の生活をイメージしましょう。

誰と再婚するかですべてが決まります。

結婚相手はとても大切です。

そのため自分はどんなパートナーを必要としているのか、自分がされたら絶対に許せないことは何かなどじっくり考えて、再婚後の生活を思い描くことが必要です。

離婚した時の悲しい気持ちをもう味わうことのないように、幸せになるための再婚へ向けて歩みだしていきましょう。

再婚したい意志をまわりに伝える

再婚を考えていることをまわりの人は知っていますか。

子どもだけでなく親、職場の人や友人など。

本当に再婚したいと考えているならまわりの人に自分の意思を伝えた方がいい場合があります。

もちろんみんなが賛成してくれるとは限らず、自分のことを心配するが故に反対意見をぶつけてくることもあります。

ごく親しい人でなければ離婚したことは知っていても離婚した理由やこれからどうしたいかなどが分からないということもあるでしょう。

もう結婚なんてしたくないと思っているかもしれないと思い、異性の紹介の話があっても遠慮して言い出せないということもあるかもしれません。

自分が再婚したいということを人に話すのは、再婚の可能性を広げる大きなチャンスのひとつです。

堂々と再婚宣言をして「誰かいい人がいたら紹介してほしい」と種をまいておくとそれが幸せにつながるかもしれません。

バツイチ子持ちでも再婚はうまくいかせる秘訣

いかがでしょうか。

バツイチで子持ちの人が再婚を意識するためには、やはり利用できるものは利用すると考えないとなかなか難しいでしょう。

それは友人のツテであったり、婚活サービスであったりなど様々です。

再婚したいと思っても相手がいなければ何も始まりませんよね。

多くの人はそこでつまづいてしまいます。

しかしあなたと同じような環境の人でも再婚できた人はたくさんいます。

一体何が違うのでしょうか。

その答えはすごく単純です。

成功する人はたくさんのツールを使って、多くの人と出会ったからです。

たくさんの人と会えば会うほど、あなたの状況を理解してくれる人が現れる可能性も高くなります。

あなたのことを好きで好きでたまらないと感じる人もいるでしょう。

再婚したいと思ってもできない人は、この出会いの数が少なすぎることが原因です。

これを改善すれば一気に理想の状態を作り上げることができます。

今はたくさんの婚活サービスがありますので、片っ端から使ってみるのもいいでしょう。

そしてうまくいったものだけを残して継続的に利用していくのです。

いきなり結婚紹介所などに登録するのもいいですね。

とにかく試行回数を増やすことで、再婚の確率を極限まで高めるのが成功の秘訣ですよ。