嫌なことを忘れる方法とは?

嫌なことを忘れる方法とは?

嫌なことを忘れる方法

忙しくする

嫌なことを忘れたいとき、自分を忙しい環境に置くことがおすすめです。

できれば、忘れたい嫌なことが起こった状態とは違う環境を作り、忙しくする方がよいでしょう。

仕事でも家事でも勉強でもかまいません。

今まで興味を感じていた習い事などを始めるのもよいでしょう。

旅行などもいいかもしれませんね。

物事を忘れたいときは、古い記憶を思い返す頻度を減らし、新しい記憶を取り入れることです。

嫌なことがあると気分が落ち込み、やる気がなくなってしまうものですが、そんなときだからこそ、何か新しいイベントを計画するのもおすすめです。

ただし、単純作業では頭を使ってしまうので、嫌なことを思い出してしまうこともあるでしょう。

ですので、単純な「作業」で忙しくするよりも何か頭を使うことで忙しくする方が効果的です。

友人と会って話をする

嫌なことがあった時、誰かと話をするとすっとしたという経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

友人でなくても家族でも構いません、最近では電話相談などもありますので、そのような「赤の他人」でもかまわないんです。

とにかく、嫌なこと、起こった出来事を話してしまうこと、そして自分の感情をぶつけてみることです。

思いきり泣いてみるのもいいかもしれません。

話してしまえばすっきりしますし、少し客観的に見直すこともできるので「なんだ、そんなことか」と思えるかもしれません。

相手のアドバイスをもらったり、同調してもらえるだけでも、孤独感が払しょくできるでしょう。

また、友人と会って、一般的な楽しい話題で盛り上がるだけでも、気分がはれることもあります。

嫌なことを忘れる方法として、とにかく誰かと会話をすること、これはとても有効です。

規則正しい生活をする

意外に感じるかもしれませんが、嫌なことを忘れたいときには、規則正しい生活をすることです。

嫌なことをずっと考えていると、食欲がなくなったり、眠れなくなったりすることがあります。

しかし、その状態が長く続けば続くほど、嫌なことを忘れられなくなるものです。

嫌なことがあって気分が落ち込んでいると何事にもやる気がおこならなくなるものですが、そんなときほど、規則正しく生活することに集中してみてください。

朝早起きする、きちんと朝ご飯を食べる、仕事や家事をして、夜は決まった時間に就寝する…。

このようなシンプルな生活を保つようにするだけでも、気分が明るくなってくるはずです。

また、朝起きたら朝日を浴びるのもおすすめです。

朝日を浴びると人はポジティブな気持ちになります。

そうやって、自分の生活をコントロールすることで、だんだんと嫌なことが頭から追い出されていくはずです。

趣味・好きな事に夢中になる

嫌な事を忘れるには、趣味や好きな事に夢中になっているのが良いです。

夢中になればなるほどに嫌な事を考えなくなるからです。

また、趣味や好きなことというのは没頭しやすく、時間の感覚を忘れやすくなります。

その分だけ嫌な事を忘れさせ、意識が嫌な方向に向かなくなるでしょう。

さらに、好きな事はイライラやストレス状態の時でも行うことができるので、取っ掛かりができやすいです。

それだけ趣味や好きな事というのは、ストレス抵抗が無く、どんな精神状態でも入りやすいとも言えるのです。

つまり、嫌な事を考えている状態でも、行いやすく忘れることができる特徴を持っていると言えるでしょう。

嫌なことを考えれば考えると頭の中でヒートアップしてしまうので、ストレスが増えるばかりです。

そればかりに気を取られて何をやるのにも集中できなくなるので、まずは自身の趣味・好きなことに没頭することにより嫌な事を忘れて、スッキリさせましょう。

大人の習い事・趣味でおすすめのものとは?

美味しいものを食べる

嫌な事を忘れる方法として、おいしいものを食べることです。

美味しいものを食べると、幸福ホルモンと呼ばれる「ドーパミン」が出ます。

これが出ることにより、幸福状態に包まれるのです。

幸せな状態にさせることにより、嫌な事への優位性が低くなります。

嫌な事の優位が低くなれば低くなるほど、嫌な事を思い出しにくくし、結果として嫌な事を忘れることとなるでしょう。

美味しい物を食べて幸福状態になるのは、どんな人にでも当てはまる項目です。

また、「食」という当たり前のように摂取している項目なので、「やれ遠出しなければならない」「やれこの場所でなければならない」ということが非常に少ないのも特徴的です。

つまり、美味しい物を食べるということは条件が非常に低く、どんな人でも取り掛かりやすい項目とも言えます。

ランニングで体を動かす

運動の項目の中でも「ランニング」というのは、嫌な事を忘れてスッキリさせるのにうってつけです。

走ることが良い理由として「ランナーズハイ」という現象が起きる為です。

ランナーズハイを起こすと、「エンドルフィン」という幸せを感じる脳内麻薬が溢れ出るからです。

それにより気分がスッキリし、嫌な事を忘れることができるでしょう。

また、ランニングというのは他の運動の中でも道具を使わずに行えるので、今すぐにでもできてしまう手っ取り早さがあります。

余計な器具も必要としない分だけお金がかからず、自分のペースで行えて、嫌な事があればランニングしてすぐ忘れさせることができます。

さらに、ランニングを行う事によりストレス耐性ができるので、嫌な事を思い出してモヤモヤすることが無くなり、自然と嫌な事を思い出さなくなるでしょう。