告白のセリフ・言葉とは?告白の場所やタイミングも大公開!

告白のセリフ・言葉とは?告白の場所やタイミングも大公開!

男性からの告白のセリフ・言葉とは

男子からの告白のセリフに関してはこちらも参考にしてください。

男子からのグッとくる告白の言葉やセリフ 男子からのグッとくる告白の言葉やセリフは?

「こんな気持ちは君が初めて」

人は恋愛の中で「初めて」という言葉に弱い生き物です。

「初めてこんな気持ちになった」とか「告白をするのはこれが初めて」など、今までにはない気持ちだと言われるとそれだけで胸が高鳴ります。

初めてということはつまり、これからどこへ行ってもどんな経験をしても相手の「初めての人」になれるのです。

それはとても嬉しくてあたたかく、何物にも代えられない幸せでしょう。

強い気持ちを持ってそう告白された瞬間、いろんな感情がわいて心にグッときてしまうこと間違いなし。

交際経験がないことなどを恥ずかしがる男性も少なくありませんが、むしろそれが良いという女性だっています。

過去に交際した経験がある相手だとしても、目を見て「ここまで好きになれたのは君が初めて」と言われればときめいてしまいますよね。

少女漫画のような告白ですが、だからこそ恋を夢見る女性の胸にはどうしようもなく響くのです。

「これからもずっと一緒にいたい」

「初めて」と匹敵する破壊力を持つのが「ずっと一緒」です。

告白でこの言葉を用いるということは、二人の今後のことも考えてくれているということでしょう。

遊びではなく、一時だけの存在でもなく、大切なパートナーとしてこれから一緒に歩んでいきたい。

出来ることなら離れたくないし他の誰にもとられたくない、という熱い気持ちを感じることが出来ます。

どうせ彼女が欲しいだけで、自分でなくても良いんだろう…と告白を断る女性は少なくありません。

ですがずっと一緒にいたいのだと言われると、もしかしたら本当に好きになってくれたのかもしれないと胸がキュンとします。

燃え上がる一瞬の恋ではなく、長くゆったりと続く恋を欲している女性は多いのです。

そんな女性にとっては、こういった優しい告白のセリフは心をグッと掴んで離さないものでしょう。

「好きです」

なんやかんや言っても、いつの時代も一番グッとくるのは「好きです」という告白です。

変に長ったらしく考えてややこしい言葉になる告白は数多くあり、そういったものはいまいち心に響きません。

せっかく告白すると決心したとしても、意味が分からなければ何も伝わらないのです。

その点、この言葉はとても短くてシンプルなのに、しっかりと純粋な気持ちが込められています。

あれこれ取り繕うよりも、素のままの想いをぶつける方が相手に伝わりやすいんですね。

この言葉の強みは、対面で言うのはもちろん電話、文章など様々な方法で等しくときめかせてくれるところです。

目で見て、耳で聞いて、口に出してみてとことん胸をかき乱してくれます。

王道でひねりっ気のない告白ですが、長い年月を経ても残り続けているだけの理由がちゃんとあるのでしょう。

「ずっと大事にしたい」

「好きです」という言葉はストレートに気持ちが伝わってくる告白のセリフで、女性は嬉しく感じます。

ですが、さらに一歩先の言葉が、「大事にしたい」という言葉です。

女性は幸せな恋愛を求めているので、自分のことを守ってくれる、大切にしてくれる人と付き合いたいと考えます。

「大事にする」という言葉からは、男性の思いやりの気持ちを感じることができ、誠実さが伝わってきます。

安心感が得られる言葉なので、これまで気にしていなかった男性であっても、女性はグッときてしまいます。

過去に辛い恋愛を経験している女性は、特に嬉しく思うはずです。

何となく結婚を意識させる言葉でもあるので、ある程度の年齢以上なら、さらに効果は上がります。

シンプルな言葉なので、クサいセリフが苦手な男性でも口にしやすいのではないでしょうか。

「今日から友達じゃなく彼女になってほしい」

友達関係が長く続いている二人にピッタリなのが、「彼女になって欲しい」という言葉です。

友達付き合いが続いていて、その期間が長ければ長いほど、恋愛モードに切り替えるのが難しくなってしまいます。

そんな場合に効果的なのが、「彼女になって」「恋人になろう」と、恋愛関係を示す言葉を使うことです。

友達関係に区切りをつけることで、恋人関係へ発展させることができます。

「男としてどう思っている?」「今さら好きって言ったら迷惑?」と、疑問形で気持ちを伝えることもできますが、避けた方がベターです。

疑問形の告白は伝えやすいですが、相手から本気にされにくいという短所があります。

相手から本気にされなかったり、曖昧にごまかされて答えられたりする可能性があるので、ハッキリと気持ちを伝えるようにしましょう。

「頑張るから」

草食系や年下で、男性として意識されていない男性が使うと効果的な告白のセリフが、努力をアピールする言葉です。

おすすめなセリフが、「好きになってくれるまで頑張るから」「あなたを支えられるような男になるから」といった、これからの成長を誓うセリフです。

相手に対する必死さや健気さを伝えることができます。

こんな言葉を言われると、母性本能がくすぐられる女性は少なくありません。

自分のために変わろうと努力してくれる、自分のことをこんなにも思ってくれている、とドキドキして、男性として強く意識するようになります。

女性は多少の強引さを求めるものですが、男性のキャラクターによっては逆効果になってしまうこともあります。

大人しい性格の男性の場合、ひたむきさ、健気さを伝えて、女性の気を引くのが効果的です。

女性からの告白のセリフ・言葉とは

女子からの告白のセリフに関してはこちらも参考にしてください。

女子からのグッとくる告白の言葉やセリフ 女子からのグッとくる告白の言葉やセリフは?

「あなたじゃなきゃダメなの」

星の数ほどいる男の中から、自分のこと選んでくれた。

自分は彼女にとって、特別な存在だということが伝わってくる、グッとくる告白です。

女性は自分のことをどう思っているのだろうか、こんな欠点もたくさんある自分のことを好きになってくれるのだろうか。

普段どんなに自信をもっている人だとしても、男性はいつも不安に思っているものです。

そういう悪い自分も良い自分も、すべてひっくるめた「あなたじゃなきゃダメなの」というセリフは、とても男冥利につきる言葉です。

「あなただけのものになりたいの」という意味合いも含まれますので、男の独占欲の強さも、思わずくすぐられる告白です。全力で彼女を守りたくなります。

出来れば人が多い所ではなく、二人っきりのシチュエーションで、さりげなく言ってもらえると嬉しい言葉です。

「あなたのそういうところが好きになったの」

男性は誰でも、自分のことを理解し認めてもらいたいという承認欲求が強いものです。

自分は実はこんな面があるんだ、こんなことが出来るんだ、こういう性格なんだ、という事を、解ってもらいたいのです。

そんなときに、「あなたのそういうところが好きなったの」と言われたらグッときます。

自分のどいいうところが好きなのか、という事を具体的に言われると、「彼女はいつも自分のことを見てくれていたんだな」と思い、今までなんとも思わなかった彼女でも意識してしまうでしょう。

いつも頑張っている自分の事を見てほしい。認めてほしい。

できれば褒めてほしい。と思っている男性にとって、最高の殺し文句であり、褒め言葉ではないでしょうか。

日常の何気ないシチュエーションで、気になっていた彼女にさらりと言ってもらえたら嬉しい言葉です。

「好きです。付き合ってください」

やはり告白は、シンプルが一番。

女性に「好きです」と、ストレートに言われるとグッときます。

なぜ好きなのか、いつから好きなのか、どうして告白するのか、この言葉に至る前に色々あるとは思いますが、理由をつらつらと並べるより、はっきりと「好きです。付き合ってください!」と正統派で告白されるのが、シンプルなだけに何よりも心に刺さるのではないでしょうか。

ここまでシンプルな愛の言葉を伝えるという事は、やはりとても怖いし、勇気がいることです。

正統派の告白は、彼女の自分に対する思いの強さを感じます。

それだけに重みのある言葉ですし、言われると嬉しいものです。

とてもインパクトの強い言葉ですので、いろいろ準備を経るより、サプライズ的に「好きです。付き合ってください」と言われると、効く言葉です。

「あなたと一緒にいるときが一番楽しい」

複数の人間と関わる世の中で、女性から「あなたと一緒にいるときが一番楽しい」と言われて嬉しくない男性はいません。

さらに、一緒に過ごす時間は何より大切なものなのだと言って告白されたら、それだけで心にグッと響いてきます。

誰でも少なからず、時間を共有している相手にはいつも楽しい気持ちでいてほしいものです。

そんな中で女性にこんなことを言われたら「これからも楽しませてあげたい」と、ますます張り切ってしまいますよね。

あなたとの時間が好き、いつも側にいたいという言葉は自分自身が認めてもらえたような高揚感さえ覚えます。

お互い楽しく過ごせる相手であれば、お付き合いに発展したときでも仲が良く、ひときわ長続きするカップルになれるでしょう。

よくある言葉ですが、一緒にいて楽しいということは相手に恋するには十分なほど、魅力を秘めているのです。

「もっと私を知ってほしい」

切なげな顔で「もっと私を知って」と囁けば、男性なら誰でもキュンときてしまうことでしょう。

今よりもっと深い仲になりたいという恋心のこもった言葉からは、どこか妖艶な雰囲気が漂っていますね。

さらに、自分のすべてを相手に知られても構わない、という気持ちは女性の健気さや全力さも感じられます。

男性はミステリアスな女性に惹かれるとよく言われる通り、誰も知らない相手の一面を自分だけが知っている状況は非常に心がそそられるのです。

趣味や嗜好・人には見せない弱みなど、少しずつ「特別に」見せていくことで男性はどんどんハマっていきます。

恋愛は気持ちと気持ちのぶつかり合いですから、告白のセリフに全力を出すことはおかしいことではありません。

そうして男性側も「相手をもっと知りたい」という気持ちが湧きあがったのなら、健気な姿に心をグッと掴まれた証拠です。

「同じ世界をみたい」

「同じ世界をみたい」や「同じ気持ちになりたい」など、男性に寄り添おうとする言葉はいつだって最上の殺し文句ですよね。

マイナーな趣味であまり理解者がいない男性であれば特に、こういった告白には弱いものです。

相手の世界を受け入れて、自分も新たにそこへ飛び込んでいくのは生半可な覚悟では続けられません。

それでも、自分もそうなっていきたいと感じて勇気を出して伝えるセリフは、大きな熱量をもって相手にグッと伝わるでしょう

自分の大切な趣味を否定されてしまう人も多い中、こういった女性に出会えるのは本当に運が良いことですよね。

そう思うと、自分の一番の理解者はこの人なのではないか?誰よりも仲良くなれるのではないか?と期待に胸が膨らみます。

「自分を知って」という告白同様に「あなたを知りたい」といった告白もまた、女性から言われるとグッときてしまうセリフのひとつなのです。

告白のタイミングとは

告白のタイミングはこちらにある記事も参考にしてください。

告白するタイミングのまとめ

イベント事を楽しんだ後

両思いになるためには避けて通ることができない好きな人への告白ですが、告白を思い出に残るものにしたい、印象に残るものにしたいと考えているのであれば、一緒に楽しんだイベント事に便乗するのがおすすめです。

夏であれば花火大会、冬ならクリスマスやバレンタイン、春ならお花見、二人きりではなくグループ交際で一緒に楽しく充実したひと時を過ごせれば何でもかまいません。

いつもの日常とは違う非日常的なイベントを満喫すれば、普段よりもずっとウキウキとした気分になっていますし、考えかたもポジティブになっています。

そのチャンスを逃がさない手はありません。

そんなひと時を一緒に経験した際、二人きりになれるタイミングを計って勢いで告白をしてしまえば、気持ちが盛り上がっていることから成功率がアップします。

二人きりのデートの別れ際

デートができる親密な間柄であれば、素敵なデートに出かけた後、別れ際が告白にピッタリのタイミングです。

目安となるデートの回数は3回程度、それ以降は相手のほうにも「ひょっとしたら脈がないのではないか」とがっかりさせてしまいますので、3回くらいデートした後に帰りに自分の正直な気持ちを打ち明けましょう。

その上で、今度は恋人同士としての正式なデートに改めて誘ってみるのです。

相手が喜んでくれればまた楽しいデートの計画を立てることができますし、万が一失敗をしてしまったらこれでデートはお終い、辛い失恋も別れ際ならすぐに一人きりになって悲しみに暮れることができます。

ただ、デートをしてくれるということは少なからずこちらに好意を持ってくれているということになりますから、がっかりとした結果になることは少ないといえるでしょう。

夕食や飲み会の後

好きな相手と気軽にお食事やお酒を飲みに行ける関係でしたら、美味しい食事に舌鼓を打ち、お酒を楽しんだ後に告白をするのもいいでしょう。

ポイントは夕方以降、可能な限り夜に思いを伝えるというところです。

人は日中よりも日が沈んだ夜のほうがロマンティックな気持ちになりやすく、胸に秘めた気持ちを相手に聞かせることでより心に響かせやすくなるというメリットがあります。

食事やお酒を楽しんだ後なら気持ちも緩んでいますし、日中よりも心の距離も物理的な距離も近くなり、告白を受け入れてもらいやすくなるのです。

なかなか告白の勇気が出ない、そうした場合には暗くなってからそうした雰囲気を作りやすくなった時に実行してください。

告白が受け入れられたらその後は勢いでキスまでしてしまう、そんなことが起こりやすいのが夜です。

何かで成果をあげた時

告白に適したタイミングとして、打ち込んでいたことや目標を達成するなど、何かで成果をあげた時があげられます。

何かで成果をあげたり成功を収めたりしたときは、自分にも自信が持てます。

告白にも勇気がわいて、堂々とした態度で挑めるので相手からも魅力的に映るというメリットがあります。

また、何かに打ち込んでいる時に相手から応援されている場合は、成果が出ると二人でやり遂げたという意識が芽生えます。

そうすると、自然に二人なら上手くいくという意識になり、パートナーとして幸せな将来を描きやすくなり告白の成功率も上がります。

また、万が一告白が上手くいかなかったとしても、成功したことで自分に自信が持てるため、失恋の喪失感のクッションにもなります。

また、成功は人をより魅力的に映します。

そのため意中の人だけでなく他の異性からの好意も得られ、あらたなパートナー探しにも役に立ちます。

何かで成果をあげた時は、上手く行く確率が上がり失敗した場合にもリスクを減らせるので、告白に適したタイミングと言えます。

相手の誕生日

告白に適したタイミングとして、相手の誕生日があげられます。

誕生日は本人にとっては特別な日ですから、告白するとインパクトがあり記憶にも残ります。

本人にとって楽しい誕生日になるよう、サプライズを仕掛けるのもおすすめです。

誕生日を一緒にお祝いすることで、相手はとても嬉しく楽しい気持ちになります。

人は楽しんでいたり嬉しいという気持ちになると、素直な気持ちになりやすくなります。

そのタイミングで告白することで、これから先も一緒にいて欲しいという気持ちになります。

ただし、二人きりで相手の誕生日をお祝い出来るのが一番良いのですが、友達と一緒という場合もあります。

大人数の場合、存在感が発揮出来ずに告白してもインパクトに欠けてしまうおそれもあります。

その時は後からプレゼントを別に渡すなど、好感が持てて印象に残るようなアクションをしましょう。

誕生日が何日か過ぎたり、パーティーの後でも楽しい気持ちが覚める前に相手に告白するのがおすすめです。

プレゼントを渡した後

告白に適したタイミングとして、プレゼントを渡した後があげられます。

プレゼントを渡された人は、驚くとともにとても嬉しい気持ちになります。

そのためいつもよりも素直な気持ちになり、相手への好感も強く持っている状態です。

そのタイミングで告白することで、上手くいく確率も上がります。

告白するにもきっかけがないとなかなか踏み切れないため、告白のきっかけ作りとしてもプレゼントを渡すのがおすすめです。

また、相手から異性として意識されていない場合も、プレゼントを渡して相手にこちらを意識させるという効果があります。

ここで大切なのは、相手が喜んでくれるプレゼントを用意することです。

自分の趣味を押し付けたり、相手が引いてしまうようなものをプレゼントしてしまえば全てが逆効果です。

好感を持たれることも当然期待できず、楽しいどころか相手にとっては我慢の時間になってしまいます。

告白を成功させるには、相手が喜んでくれるものをしっかりとリサーチしましょう。

告白の場所とは

告白の場所に関してはこちらにある記事も参考にしてください。

告白する場所のまとめ

二人きりで落ち着ける場所

騒がしい場所は、ゆっくりと話ができないので、告白する場所としてNGです。

人が多い場所や音がうるさい場所は気が散ってしまい、告白に集中できません。

静かで二人きりになれる環境を選びましょう。

おすすめなのが、車の中。

車の中は二人きりの密室空間で、相手にドキドキ感を与えられます。

告白のタイミングはドライブデート後がベスト。

遊園地の観覧車の中も静かな密室空間ですが、告白を断られた時に、気まずい雰囲気が漂います。

ドライブデートの帰り際だと、もしダメだった場合でもさっと帰れて、気まずさを回避できます。

どちらかの家も二人きりになれる落ち着いた場所ですが、リラックスしすぎる空間なので、うまくいかないこともあります。

ムードがなくて緊張感が欠けているのが、その理由です。

緊張感があると、相手の真剣さがより強く伝わってきます。

絶対にOKされる自信がある場合以外は、適度に緊張感がある場所の方を選びましょう。

夜景がきれいな場所

ロマンチックな雰囲気でされる告白は、男女ともに嬉しいと感じます。

夜景はムードを高めてくれるので、雰囲気のいい、夜景が見える公園やレストランがおすすめです。

特にレストランの場合は、大人な落ち着いたムードで、おいしい料理で満足できている環境です。

相手の気持ちも緩みやすくなっているので、食事後に告白をすると、良い結果がもらえる可能性が上がります。

夜景が見える公園で告白する場合は、事前に情報収集してからにしましょう。

人気が高すぎてカップルだらけだったり、逆に人の気配がなさすぎて相手に不安感を与えてしまうことがあります。

事前に告白したい時間帯に下見をしてみることをおすすめします。

テーマパークが好きな相手なら、夕方から入園し、夜景がきれいな時間帯に告白するのもおすすめです。

テーマパークは照明がきれいでロマンチックなムードです。

記念にも残る告白場所です。

イベント会場

無理目かな、と思う相手に告白するなら、イベントの勢いを借りてみましょう。

お祭りや花火大会、音楽フェス、スポーツ観戦などは、相手を誘いやすいイベントです。

二人で参加して楽しい時間を過ごした後だと、イベントの余韻で気分が高揚しています。

楽しい時間を過ごした後なら、この人と付き合ったら楽しいはずと思ってくれるので、OKがもらいやすくなります。

イベントは一体感が得られやすいものを選ぶのがポイント。

自分も相手も盛り上がれるイベントを探してみましょう。

中でもおすすめなイベントが、花火大会です。

夜に行われて雰囲気が良いし、浴衣や甚平といった、普段は見せない服装で行くと、相手をドキッとさせられます。

有名な花火大会の会場は人が多く集まるので、混雑で告白どころではなくなってしまう可能性も。

小規模な花火大会か、会場から離れた穴場スポットを選びましょう。

過ごし慣れている場所

告白に適する場所の条件のひとつに「ちゃんと気持ちを伝えられること」があります。

誰もが羨む豪華なレストランに行ってみたり、遠くの街まで出かけてする告白はとてもドラマティックですよね。

ですが、自分自身いつもと違うその場の空気に飲まれて、緊張で言葉が出ないなんてことがあっては本末転倒です。

遠くに出かけるなどは非日常な楽しさがある反面、相手も疲れてしまうので丁度良いタイミングで告白しなければなりません。

背伸びして慣れないことをするよりも、普段から自分が過ごし慣れている馴染みの場所で、落ち着いて言葉を伝えることもひとつの手です。

よく二人ともが通う建物やいつもの帰り道など、見慣れた場所であれば違和感はなく、相手が委縮してしまうこともありません。

ありふれた日常の中でぽろっとこぼす告白もまた、心にじわりと染み入るものでしょう。

自然豊かな場所

人は自然と接することで、ポジティブな感情を多く得ることが出来ます。

太陽の日差しを浴びれば元気がわきますし、緑や花々を見ればホッと心が安らぐでしょう。

そのため、自然豊かな公園などでの告白はとてもおすすめです。

空気もおいしくて、鳥のさえずりに子供のはしゃぐ声が聞こえる、実に心地よい場所ですよね。

公園は開放的ですが都会の喧騒もないため、周囲に人がいない時を狙えばまるでそこは二人だけの空間のように感じられます。

心と身体は密接に関係しあっているので、告白を受けるときに身体が不快でないというのは非常に重要なのです。

すっきりとした前向きな気持ちになれば、あなたの告白を受け入れてくれる可能性が高まります。

ただし、真冬や真夏など、明らかに相応しくないと思う時期は相手を不機嫌にしてしまうため避けましょう。

自分の部屋

他と比べてかなりハードルが高いですが、自分の部屋に相手を招いての告白も良い選択です。

自分の部屋ならば自由に扱えるため、おいしいお茶やケーキを出すなど相手に喜んでもらう準備も出来ます。

相手の好きなものを事前にリサーチしてプレゼントを渡す場合でも、サプライズとして直前まで隠しておくことが容易です。

なおかつ、自分の部屋に相手を招いて断られなかったのならば、少なくとも嫌われてはいません。

二人きりになっても楽しく過ごせる、と思ってのことでしょう。

自室以外では出来ないゲームを一緒に楽しんだり、趣味の話で盛り上がるなど十分に場の空気がほぐれてからが勝負です。

ただし、相手は信頼して訪ねてくれているのですから、その信頼を壊すような行動は絶対に慎みましょう。

どんなに告白の場所に気を遣っていても、人間関係に気を遣えないのであれば意味はないのです。