自慢の彼氏の条件とは?

自慢の彼氏の条件

マメなケアが得意

自慢の彼氏の条件として、マメであることは欠かせません。

これは、ただ頻繁に連絡をしてくれるという意味ではありません。

彼女に対して、ちょっとした心配りを常に忘れていないということです。

記念日や誕生日などの、大切なイベントはきちんとデートを予定して、心のこもった贈り物や、気合の入った演出を心がけます。

髪型やメイクなど、彼女の些細な変化も見逃さず、「髪切った?」「その服似合っているね」といったフォローをするでしょう。

彼女のちょっとした話でも、面倒くさがらずに耳を傾けることも、マメな彼氏の重要なポイントです。

仕事の愚痴や、友達との出来事など、彼氏にとっては、大して重要ではない内容もあるかもしれません。

しかし、大切な彼女が、一生懸命に話しているのですから、頷きながら丁寧に聞いてあげる優しさを持つと、自慢の彼氏になれるはずです。

社会的な条件が良い

自慢の彼氏は、社会的な条件も欠かせないでしょう。

最たる例は、経済力です。

大人になるほど、お金が持つ価値は大きくなってきますよね。

もちろん、ただお金持ちというだけでは、彼氏として十分ではありませんが、まったくお金がないというのもまた、彼氏としては頼りないもの。

経済的な条件の良さは、他人に誇れる彼氏となるための、重要なポイントとなって来るのです。

経済力に付随して、どんな仕事をしているか、どんな企業に勤めているか、どんなポジションを担当しているかなども、自慢の彼氏になりやすいポイントです。

また、社交性を持っていることも重要です。

コミュニケーション力が高く、初対面の人とでも、比較的すぐに仲良くなれる彼氏は、自慢しやすいです。

「友達に紹介したい」と思ってもらいやすいのも、社交性があり、お話上手な彼氏の場合が多いのです。

魅力的な外見をしている

外見が整っていることは、やはり自慢の彼氏に重要な条件でしょう。

背が高かったり、筋肉がついていたり、顔がイケメンだったりすると、一緒に歩いていても、つい自慢したくなってしまうはずです。

もちろん、ただ素材が良いだけではありません。

外見とは、元々のものだけではなく、その上に乗せていくものでも、印象が大きく左右されるのです。

代表的な例としては、ファッションが挙げられるでしょう。

どんなにイケメンの彼氏でも、あまりにセンスが悪かったり、いつも同じような着古した服を身に着けているようでは、あまり自慢出来ません。

清潔感も重要です。

髪型を整えていること、シャツのシワがないこと、ニオイや姿勢に気を付けていることなどが挙げられます。

話し方や表情が、外見にもたらす影響も大きいです。

いつも朗らかに微笑んでおり、話し方が丁寧な男性は、外見の印象もぐっとアップしやすく、自慢の彼氏になりやすいでしょう。

高学歴で知的

高学歴な男性に魅力を感じる女性は少なくありません。

男性も高学歴な同性に対しては一目置くはずです。

たとえば、つきあっている彼氏を友達に紹介するとしましょう。

その際、彼氏が一流と言われる大学の出身者であれば、そのことを友達にアピールして自慢することもできるはずです。

高学歴な彼氏はどうして魅力的なのかといえば、一つには知的であるということがあげられるに違いありません。

話をしていても、知的な人の話しぶりは抑制が取れていて、その内容も充実したものになります。

こちらが知らないような教養が話のあちこちに散見されるというのが、高学歴で知的な男性の話の特徴と言っていいでしょう。

うんちく話を自慢げに披露する男性は女性から敬遠されますが、そういう男性は真の意味で知的とは言えません。

真の意味で知的な男性は、うんちく話をしても、それを聞く人に不快な印象を与えないものです。

高学歴で知的、教養があるというのが、自慢の彼氏の特徴ということになるでしょう。

運動神経がよく車の運転が上手

女性には車の運転が苦手という人が少なくないため、車の運転が上手な男性に魅力を感じるケースが少なくありません。

車の運転が上手な男性に共通しているのは、運動神経の良さでしょう。

反射神経に優れていなければ、上手に車を運転することはできません。

そのつど正しい判断をしながら体を反応させることが、上手な運転につながるわけですが、そこに求められるのが運動神経のよさなのです。

運動神経の良い男子学生は、女子から人気があるものです。

たとえば、野球部のエースやサッカー部のキャプテンなどは、それだけで女子からちやほやされるに違いありません。

運動神経のある男子を彼氏に持てば、それは女子にとって自慢の彼氏と言っていいでしょう。

社会人になってもフットサルをやっているなど、スポーツが好きで運動神経がある男性は、女性にとってあこがれの的になるのです。

その一つのあらわれが、車の運転が上手という特徴ということになります。

魅力的な特技を持っている

たとえば、交際している彼氏が料理男子で、プロ級の料理の腕を持っているとしましょう。

女性にとって、そんな男性は自慢の彼氏に違いありません。

料理男子がめずらしくなくなっているものの、まだまだ少数派。

料理がプロ並みという特技を持っている男性は、間違いなく自慢の彼氏になるはずです。

料理のほかにも、たとえば子どものころからピアノをやっていて、ショパンの名曲を上手に弾きこなすとか、カラオケに行くと誰もが舌を巻くほど歌が上手というような彼氏も、自慢の彼氏になれると考えていいでしょう。

特に、女性は男性の声に魅力を感じることが多いため、男性にとって「歌が上手」というのは、かなり大きなアピールポイントです。

歌がうまい彼氏とつきあっている女性は、友達に彼氏の歌声を聞かせようとするはずです。

彼氏の歌声を聞いた友達は、その歌声を称賛するに違いありません。

これこそ自慢の彼氏と言っていいでしょう。