女らしい人の6つの特徴と女らしい人のことが苦手な理由とは?

女らしい人の6つの特徴と女らしい人のことが苦手な理由とは?

女らしい人の意味とは、その女性特有の柔らかい雰囲気であったり、すべすべしているような印象を与える女性のことです。

パッと見て「この人は女らしいな」と感じるような女性はあなたの周りにいるでしょうか。

もしいるとすれば、それは大変幸運なことなのですぐにでも参考にするべきです。

多くの人は「女らしい」と聞くとその態度などに注目しがちですが、もちろんそれだけではありません。

そこで今回は女らしい人の特徴についてご紹介しますので、ぜひあなたに当てはまるようなものがあるかどうか確認しながらご覧下さい。

そして女らしい人の事が苦手だと感じる人も少なくありません。

それはいったいどうしてなのか、その理由についてもご紹介します。

また、以下の記事では女らしい人の真逆の男らしい人の特徴についてご紹介していますので、興味がある方は読んでみてください。

男らしい人の特徴・恋愛傾向と男らしい人が好きな女性のタイプとは?

女らしい人の特徴とは

清潔感がある

女性に対していつも身ぎれいにしているというイメージを持っている男性は非常に多く、中には女性ならば不潔な格好をしてはならないとまで主張する方もいらっしゃって、女性らしさと清潔感はほぼイコールで結んでしまっても良いとされています。

また、清潔感とは服装などのファッションだけにとどまらず、口臭や体臭なども清潔感においては重要なポイントであり、口臭対策をしていることはもちろんですが香水などを利用して体臭も周りに気にさせないというのが女らしい人の特徴です。

さらには、肌や髪の毛までキレイに手入れされているというのも清潔感を感じさせる女性で、肌荒れなどはもっての他だとされていますし、ボサボサだったりパサついていたりなどで艶が感じられない方も女性らしいとは言えなくなっています。

仕草が上品

こちらの特徴を女性らしいと思う方は男女を問わず見られるようになっていて、例えばお茶などのドリンク類を飲んだ時に、勢い良くドンと机に置く方と一回小指でワンクッション入れてから静かに置く方とでは、圧倒的に後者の方が女らしいと言えます。

そして、しぐさが上品な方と言うのは基本的に日常生活で音を立てる事が少なく、扉の開閉音はもとより歩く時にもできるだけ静かにしていますし、大きな声で笑う事も少ないです。

また、少し分かりにくいポイントではありますがしぐさが上品な方と言うのは曲線を無意識的にアピールしている事が多く、いわゆる「しなやかさ」を感じさせるような曲線的なしぐさは女らしさを感じさせる大きな要素になっていますので、その様なしぐさが見られる方は上品かつ女らしいと評価されます。

整理整頓ができている

会社のデスクやロッカーなどを見た時に、キチンと整理整頓されている方は女性らしい方だと言えるようになっていて、これは母性を感じさせる事が理由だと言われています。

もちろん例外もありますが、ほとんどの方は子供の頃に母親に整理整頓をするように言われて育っているとされ、身の回りをキレイに整える事ができる女性と母親が結びついていているので整理整頓できる女性から母性を感じる人は多いです。

また、自分で自分の事をキチンと管理できるしっかり者というイメージも母親を始めとした女性らしさに繋がっていて、バッグの中身なども乱雑ゴチャゴチャしている方はあまり女らしいとは言えません。

そのため、逆に身の回りを整理整頓できる女性を女らしいと思う方は多く、このポイントは上記の清潔感を一層際立たせるカギにもなっています。

「嬉しい」「好き」などの感情を上手に表現できる

嬉しい、すごい、好き、などプラスの感情をしっかり表に出せるのが女らしい人の特徴です。
男性は感情を出すことが苦手な人も多く、つい照れて気持ちとは反対の態度をとってしまう人もいますよね。

もちろん女性でもなかなか素直になれなかったり、怒ったり不機嫌な感情はすぐ出てしまう、という人もいるでしょう。

そのため素直に明るい気持ちを表現できる女性を「女の子だなぁ」と思いやすいのです。

女性にプレゼントをあげて「あぁ、ありがとう」とただ言われるより「わあ、嬉しい!ありがとう!」と笑顔で言われた方が渡した側も嬉しいですよね。

こういった感情を全面に出されて嫌な人はいませんし、一緒にいる方も自然と楽しく幸せになっていきます。

好き、という気持ちを真っ直ぐ伝えられる女性はそれだけで愛らしく可愛く感じるのです。

ほどよく良い匂いがする

体臭がしたり生乾きのにおいがしたり、香水の匂いがキツい、化粧のにおいが…という女性は女らしいとは思いませんよね。

確かに香水や化粧は女性特有とも言えますが、度が過ぎていて本人は気付いてなくても周囲の人にとってはとんでもなくキツい…という状況もあるあるです。

しかし本当に女らしい人というのは近くにいると「あ、良い匂い」とわかるくらいの自然なにおいがポイントなのです。

柔軟剤やシャンプー、ボディクリームなどのほのかにふんわり香るくらいの優しい匂いが女らしさを際立たせます。

何も付けなくてもほとんどの女性は変なにおいはしませんが、女らしい人は柔軟剤を入れすぎたり香水をかけすぎたりしませんし、日頃のヘアケアやボディケアをちゃんとしていることが多いため自然なにおいを纏うことに繋がるのでしょう。

もちろん口臭や衣類、小物の消臭ケアもしっかりしています。

触り心地が良い

肌が綺麗で触り心地が良いところが女らしい人の特徴です。

顔も体も全身きめ細かい綺麗な肌の人は、男性から見ても女性から見てもついうっとりしてしまいますよね。

見た感じはもちろん触ってもすべすべもちもちで、ずっと触っていたくなるような肌の女性はとても魅力的です。

触り心地の良い友人や彼女の肌をムニムニして幸せを感じたことのある人もいるのではないでしょうか。

特に若い女性は見た目重視で細く細くなろうとしますが、無理なダイエットで肌がガサガサ、触っても骨ばっていて固い…それだと女らしさは半減してしまいます。

細すぎず太すぎず、触れた時にふわっとやわらかい感触がある方が触っていて気持ちよく、楽しいので男性受けは良いでしょう。

やわらかい、というだけで「女らしさ」はグッと上がります。

女らしい人のことが苦手な理由とは

男に媚びているイメージがあるから

一般的に女らしい方というのは男性が守ってあげたいなと思うような方だとされていて、その様な女性の態度や仕草などを男に媚びていると感じる女性は多々見られ、中には嫌悪感を抱いてしまうようなケースもあります。

というのも、近年では女性の社会進出が大幅に進んでいるので、自立している女性も多く特に男性に頼らなくても大丈夫と考えている方が増えている事から、男性に媚びているようなイメージがある女らしい方は情けなく見えるのです。

また、しっかりと自分を持っている女性からすれば、男性に頼って生きているような女性は邪魔な存在に見えてしまう事もあります。

したがって、女らしい方が本当はどういう方であっても苦手になってしまい、基本的には接触を避けるので場合によっては、その苦手という意識を改善する事ができなくなってしまう可能性も高いです。

意識が高すぎるから

女性らしい女性は自分磨きを怠る事がなく、常に自分をより女らしくしようと考えていますので、ファッションはもとよりメイクや髪形などにも他の女性より遥かに気を使っています。

そして、この様な自分磨きを行っている女性はそれを周囲に勧めるケースが非常に多く、例えこの時に断ったとしても時間が経てば違う物を勧めてきますので、自分磨きをしっかりしている女らしい方が苦手という女性は多いです。

なお、女らしくあろうという意識の高い方は、それを好意として周囲に勧めている事も苦手とされる理由になっていて、いわば善意の押し付けをされているので強い拒否反応を示すケースは多々見られます。

したがって、本人はそのつもりがなくてもバカにされているような気になる事があり、それが切っ掛けとなって苦手になってしまうのです。

受け身な姿勢だから

この受け身な姿勢というのも女らしさを感じさせるポイントですが、控えめで自己主張しない態度の女性を嫌う方も少なくはないとされ、ハッキリと意思表示しない相手にはイライラするという女性は大勢いらっしゃいます。

なぜならば、自分の意見を言わない受け身な女性はレスポンスが悪いと感じられる場面が多い事が理由で、例えばレストランなどで食事する際にも何でも良いと言ったり、映画や音楽などでも選択する事を避ける女性に苛立ちを感じる可能性は高いです。

また、恋愛においても常に受け身でいる事も苦手になってしまう理由だとされ、基本的には自分が選んでもらう立場であると思っているので男性に対しての積極性がなく、まるで自分の事をお姫様だと思っているような態度や考え方が嫌だという方は多くなっています。

自分にはないというコンプレックスから

同じ女性でも「女らしい」人もいれば「女らしくない」人もいますが、女らしい人が苦手だと感じる人ほど、自分のことを「女らしくない」と感じていたりします。

中には、女性らしくありたいとさえ思わない人もいるかもしれませんが、多くの女性が、できるだけ女性らしくありたい、と感じているものです。

ですが、誰しも女性らしい女性になりうるわけではなく、そうありたくてもなれない女性もいます。

ひとは、自分にないものを持っている人に対して、羨ましいという羨望の眼差しを向けると同時に、そんな人に対して苦手意識を抱いてしまうことがあります。

欲しくてもなかなか手に入らない「女性らしさ」を相手が持っていることで、そんな女性を羨ましいと思いつつ、自分にはかなえることができないもどかしさから、苦手な人だと感じてしまうのです。

女らしさを武器にするから

女性らしい人が苦手な人は、そんな女性が、女性らしさを武器にして生きている姿に嫌悪感を抱いてしまいがちです。

ほとんどの男性は、女性らしい女性が大好きです。

そんな男性の心理を上手に操り、女性らしさを全開にして男性からの好感度を上げたり、女性らしさを武器にして、仕事などで自分に有利に働くようにする女性はたくさんいます。

そのように、女性らしさを上手に利用して生きている女性に、嫌悪感を抱き、女性らしい人が苦手だと感じてしまいます。

人間性で勝負せずして、女性らしいという色気や見た目だけで勝負しようとする姿勢に、共感できないと感じる人ほど、女性らしい人が苦手です。

自分が中身だけで勝負しているという自信があればあるほど、女性らしさを武器にして生きている女性を、嫌ってしまう傾向にあるのです。

見た目がすべてだと思っているから

女性らしい人が苦手な人は、そんな女性が「人間は見た目がすべてだ」と思っている点に、不快感を抱いてしまいます。

女性らしい人ほど、人間の見た目を重視し、特に女性に限っては、中身よりも見た目で決まると思っていることが多くあります。

女性らしい人が苦手な人は、見た目で人間の価値を決めようとする、そんな考え方に共感できないのです。

自分の見た目だけに強くこだわり、より美しく、より女性らしくあることで、自分の価値を上げようとする姿に、当然ながら違和感を覚えてしまいます。

女性らしさにこだわる女性は、男性は特に女性を見た目で判断すると思い込んでいることが多いため、男性の前では女性らしさを猛アピールしたりします。

そんな女性の姿に嫌悪感を抱き、苦手意識が芽生えてしまうのです。

女らしい人が苦手だと感じる人は、そんな女性が、内面を磨くことで外見に出てくる美しさより、上っ面だけの美しさにこだわる女性のように見てしまうのです。

女らしい人が好きな男性は多い

いかがでしょうか。

女らしい人の特徴は様々ですが、やはり気遣いが出来たり、清潔感があるなど、誰もが見ても気持ちいいと感じるような女性が当てはまるのでしょう。

また、女らしい体や女らしい顔を目指すのも男性ウケは大変良いです。

女らしい体とは、やはり引き締まるところは引き締まっていて、出ているところは出ている。

これが女らしい体の基本です。

そのために整形を考える人もいますが、女らしい体になるためだけに整形をしたりするのはまだ早いかもしれません。

筋トレや食事制限に励んだりして、まずは自分の力で女らしい体を作り上げてみましょう。

そして女らしい顔は、メイクで色々と雰囲気を変えることができるのでおすすめです。

例えば優しい印象を与えるために太眉にしたり、ケバケバしい印象を避けるために限りなくナチュラルメイクを心がけたり。

そういった細かいところで女性は一気に印象を変わるものです。

こうした努力を積み重ねて女らしい体になり、女らしい顔を作り上げることはできたら、女らしい内面を身につけて完璧な女性を目指しましょう。