モテない男の特徴とモテない男が彼女を作る方法とは?

モテない男のLINEの特徴

モテない男性には様々な共通点や特徴があります。

それは性格的な問題であったりすることもありますし、態度などの言動、そして顔や外見などもモテる・モテないに残念ながら大きく影響してきます。

今回はモテない男の特徴についてご紹介していきますので、どれか一つでも当てはまるものがないか確認しながらご覧ください。

おそらく一つぐらいは当てはまるものがあると思うので、改めて自分を見つめ直して、改善するようにしましょう。

そしてモテない男性が彼女を作る方法もご紹介していますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

また、モテない女性の特徴については以下でご紹介しているので、興味がある方はご覧ください。

モテない女の特徴とモテない女が婚活で結果を出す方法とは?

モテない男の共通点とは

清潔感からは程遠い身なり

女性は男性にカッコよさや経済力を求める傾向が未だに強いですが、見た目の清潔感も女性に好かれる要素です。

第一印象で「汚い」と女性に思われれば関係性は発展しませんし、距離を置かれて恋愛なんてできません。

清潔感は、例えば服装を明るくすることやぼさぼさの髪を整えるなど、フレッシュな雰囲気を感じれば女性の高感度は上がりやすいです。

しかしモテない男性と呼ばれる人種は住む部屋は汚いことが多く、何日も洗濯していない服を着ること、無精髭を剃らず見た目がとにかく汚い人ではないでしょうか。

一方で、服装から髪型、私生活に清潔感が漂う男性は第一印象をクリアしていますし、女性が男性に求めるフレッシュさも満たしているのです。

モテない男性は、何も手入れしていない見た目だから女性が近づいてきません。

女性の気持ちが理解できない

よく男性でいるのが、女性の気持ちを理解しようとせず、男性の表面的な強さだけを誇ろうとする人です。

そのような男性の多くがモテませんし、女性を軽視した考え方は社会にも認められないでしょう。

異性がお互いの欠点を補いながら生きることは人類にとって必須です。

しかし、男性の社会的地位を誤解することで生まれる女性軽視の考えによって、素敵な女性たちが「付き合いたくない」と思う男性になってしまいます。

少しの配慮や女性ならではの悩みを理解しようと奮闘すれば、女性たちはその努力を分かってくれます。

繊細な気遣いで女性が喜ぶことは多いのです。

そんな気遣い一つしようとせず、「俺が偉い」と勘違いした態度を取れば人は離れていきます。

モテない男性たちは女性の気持ちを知ろうとしない方たちです。

とにかく否定的

何をするにも否定から入る男性は女性にモテません。

恋愛関係でも社会における人間関係でも、楽しいことも苦しいことも否定から入る方には魅力を感じません。

一緒のお付き合いをする中で、何か失敗をして落ち込んでいる女性に否定から入ればガッカリされるでしょう。

とにかくマイナス思考で前向きな言葉を話しませんから、一緒にいて楽しくありません。

「これも違う、あれも違う」と何が本当の男性側の考えなのか分からなくなります。

意見の交換がしたいのに否定から入れば、そこで議論は終了してしまうこともあり、不満を持つ女性が非常に多いのです。

モテない男性はとにかくコミュニケーションが下手で、内容もつまらない会話ばかり。

話す内容も一方的で、相手の女性を楽しませる気持ちを感じません。

とにかく否定から入り会話の流れを悪くする男性はモテないでしょう。

すぐに不機嫌になる

モテない男性の特徴として、何か気に入らないことがあるとすぐに不機嫌になることが挙げられます。

人混みに行くと黙りこくってしまう、会話の中で少し傷つくとむくれる、といった人です。

これでは女性に「子供っぽくて自分の感情をコントロールできない人」と思われても仕方ありません。

女性が恋愛対象になる男性をしぼる時、その男性と付き合って行動を共にした場合どのようになるかをイメージするでしょう。

すぐ不機嫌になる男性とデートしても、常に気を使ったり、自分が妥協して彼に合わせてあげる必要があることが目に見えています。

そういった男性を「かわいい」と思って母親のように面倒を見てあげられる、度量の広い女性は少数です。

ほとんどの女性がすぐ不機嫌になる男性より、大らかで情緒が安定した男性の方を選ぶでしょう。

自分の趣味に没頭しすぎる

モテない男性には、自分の趣味に没頭しすぎて女性が入り込むスキがないケースが見られます。

例えば、休日は一日中家でプラモデルを作ったり、アニメを見ているので彼女ができないといった具合です。

インドアの趣味だけでなく、スポーツ観戦や登山などアウトドアの趣味でもそれに時間を取られている限り、モテない状況は同じと言えるでしょう。

あまりに趣味に打ち込みすぎていると、女性は付き合っても自分とのデートに時間をさいてくれないのではないかと不安になってしまいます。

また、趣味にお金をかけすぎていると金銭感覚を疑われてしまい、結婚相手の候補としては見られなくなるでしょう。

趣味を諦めたくないからといって、自分の趣味に参加するように女性に強要することもNGです。

趣味に重きをおく男性は、きちんと女性との時間を持つ意思や余裕を示さないと、いつまでたっても女性は振り向いてくれないでしょう。

男友達と過ごす時間が長い

モテない男性は、とにかく男友達との関係を大切にする傾向が見られます。

もちろん友達と過ごすことで孤独感はまぎれますが、いつも女性にモテない者同士で傷を舐め合っているのでは得策ではありません。

男同士で過ごすのは楽ですから、「女性はめんどくさい」「振り回されるのは嫌」というようにどんどん彼女なんていなくても良いという考えに陥りがちです。

女性にモテるには女性と触れ合う機会を多く作り、女性をエスコートすることが上手になることが近道です。

女性との出会いは高いコミュニケーション能力が求められる合コンや街コンだけでなく、もっとリラックスできる地域のコミュニティや趣味の集まりにもあります。

女性が苦手という意識は脇に置いて、とにかく幅広い立場の人がいるところに参加することで、女性とのコミュニケーションがスムーズになるでしょう。

モテない男の性格とは

自己中心的で人の話を聞かない

自分の話を聞いて欲しい、自分に共感して欲しいという思いを、多くの女性が抱えています。

女性から好意を向けられたいのであれば、まず女性の話を聞かなければなりません。

話を聞いてもくれず理解もしてくれない男性を、一生のパートナーにしたいと思う女性は少ないものです。

自己中心的で人の話を聞かない男性は、話を聞いて欲しい女性にとっては、まさに地雷のような存在です。

自己中な人というのは、えてして自分の性格に自覚的でないものですが、特に何も悪いことをしていないのに女性からモテないという人は、その行動を一度見つめ直してみる必要があるかもしれません。

女性の好みを聞かずにデートのプランを立てている、2人の時は自分ばかり話をしている、女性が何を話していたか記憶にないといった項目に心当たりのある男性は、女性から自己中だと思われている可能性が大です。

自己顕示欲が強く自慢話が多い

人の自慢話に興味がある女性というのはあまりいません。

自慢話を聞いてくれる人は、人と話をするのが好きな人か、人の話はとりあえず聞くという心優しい人かのどちらかだと思っておくのが賢明です。

そうした人はどんな話題でも、相槌を打ったり応えたりしてくれるものですが、それが効果的なコミュニケーションとなっているかどうかは別問題で、大抵の場合好意的な感情は生まれません。

女性が楽しんでも好意を抱いていないにも関わらず、それに気付かずに自分のアピールばかりをしている、自己顕示欲が強く自慢話が多い性格の人がモテるはずもないのです。

意中の人に良い印象を持ってもらいたいという気持ちがあるとしても、自分で自分を褒めているばかりでは、薄っぺらい印象しか持ってもらうことはできません。

言葉ではなく、行動で良い所を知ってもらえるように頑張ることが大切です。

自慢話をする男女の心理と自慢話がうざいときの対処法とは?

内気で消極的な性格

草食系男子が珍しくない昨今ですが、あまりにも女性に対して消極的で奥手な性格の場合には、とてもモテません。

どんなに外見がよく性格に問題がない男性であっても、自分をアピールすることができなければ、女性もそのよさに気づくことができないのです。

一部の肉食系女子にターゲットにされることはありますが、大抵は流されるばかりになってしまって飽きたら捨てられてしまいます。

また、友達としては付き合いやすいという評価を得ることができても、特別な関係になれるかどうかはまた別の問題なのです。

自分の魅力を知ってもらうため、女性に好きになってもらうためには、いかに自分のいいところを知ってもらえるかどうかというのがモテ具合に影響してきます。

自己プレゼン能力が低い人は、恋愛対象として見てもらうことができないのです。

あらゆる面でだらしがない

女性関係はもちろんのこと、仕事や私生活でだらしない印象がある男性というのは、女性に敬遠されてしまいます。

人付き合いに誠実ではなく、約束をすぐに破ったり遅刻ばかりで時間を守らない、デスクの周りが汚くて片付けができない、仕事の納期が守れない、いつもダルそうにしていて生気がないといったタイプの男性とは、一緒にいたいと思わないのです。

ひたすら自分に甘い性格で、注意をされても真摯に受け止めることがない男性は、マイナスの印象が強くなってしまいます。

もし付き合っても嫌な思いをすることが多くなるだろう、自分が迷惑をかけられることも多くなるかもしれないと想像してしまうことから、女性の恋愛対象から外れることは容易に考えられるでしょう。

だらしがない性格の人は、他者から信用されないのです。

優柔不断で決断できない

他者の意見を重要視する性格といえば聞こえがいいのですが、自分で判断することができない優柔不断すぎるタイプは女性をイライラさせてしまいます。

どうするか意見を聞いたら「どっちでもいい」「好きにしていい」と決断を委ねられ、いざこちらのほうで決めたことに対して素直に従うかといえば、時に不満そうにすることもあるなど、それならば自分の気持ちをハッキリと言葉にして欲しいと思われて当然です。

いざ自分の意見を言ったところでもし受け入れられなかったどうしよう、反発されて相手を不快な気持ちにするようなことがあったらどうしようと、いろいろ考えすぎてしまいます。

結局、こうしたタイプはどう促しても自分では何も決められません。

自分の考えを口にできないタイプは男らしくないと見られて、モテることはないのです。

モテない男の顔の特徴

常に複数のニキビがある

モテない男性の顔には、常に複数のニキビがあります。

もちろん人によって生まれつきニキビのできやすい人、逆に何もしなくても肌がきれいな人もいるので、ニキビが多いからと言っても自分ではなかなか対処できない場合もあると思いますが、やはりニキビが多いとそれだけで不衛生に感じられます。

また皮膚科に定期的に通っていて、自分でも治したいと努力している男性は良いのですが、ニキビができるのは仕方ないと放っておくようなタイプの男性は、衛生面に配慮できないタイプの男性が多く、ニキビ以外にも虫歯が多かったり、髪の毛がフケまみれだったりしやすいです。

多くの女性は、衛生的で、清潔感がある男性のことが好きなので、一度でも「ちゃんと顔を洗っているのかな」「不衛生っぽいな」と感じてしまった男性とは友達としても仲良くしようと思えないのです。

顔がテカっている

モテない男性は、常に年がら年中顔がテカっていることが多いです。

いわゆる脂性の人なのですが、このタイプの人は髪もジトっとしめっていて、手もベタついていることが多いです。

こまめに顔を洗ったり、あぶら取り紙を使うなどスキンケアに気を遣っていれば良いのですが、いつも顔がテカっているタイプの男性は、スキンケアに無頓着なことが多いです。

中にはあぶらとり紙を購入したことも、使ったこともない男性もいます。

周囲の人から、いつも顔がテカっていることを指摘されたことがなく、自分で自分の顔をあまり見ないので自分の顔がテカっていることにも気づいていないのです。

女性は相手の男性と付き合いたいかどうかを考える際に、その男性とキスできるか、体を密着させたいか考えることがあります。

その際に、あまりに顔がテカっている男性だと「友達としては良いけど、恋人としては考えられないなぁ」と敬遠してしまう原因になるのです。

唇がカサカサしている

いつも唇がカサカサしていて、たまに切れて血が滲んでいるような男性は、なんだか不潔で気が利かない男性に感じてしまい、嫌悪感を感じる女性が少なくありません。

現代では男女共に、リップクリームなどで唇の乾燥を防いでいる人がほとんどです。

エステや脱毛までする男性は少数でも、リップクリームや化粧水は多くの男性が使っています。

それなのに、時代錯誤的な「男がリップクリームを使うなんておかしい」と考えて、唇がカサカサで皮がめくれていても放置したままの男性は、女性からすると理解不能で引かれてしまう原因になります。

人前でリップクリームを塗ることに抵抗があったとしても、トイレなどでこっそりリップクリームを使っている男性は多くいます。

男性も女性と同じぐらいスキンケアをすべきとは思いませんが、最低限のエチケットとして男性の唇がカサカサしていたり、皮がめくれて血が滲んでいないかを気にしている女性はとても多いです。

極端にタレ目

女性が男性の顔を見るとき、最も意識するパーツは何でしょうか?

それは、やはり目です。

女性は本能的に自分を守ってくれる男性を求める傾向があるので、いわゆる「目力」がある男性に惹かれやすいといえます。

逆にいうと、モテない男性の多くは、その目力が足りないのです。

そしてどこからどう見ても目力がなく、顔全体のバランスとしてもイケていないと思われてしまう典型的な例が、「極端にタレ目」の男性になります。

鼻や口、さらに眉など、他のパーツがどれだけ魅力的だったとしても、極端なタレ目はそれを意味のないものにしてしまうぐらいのマイナス要素になるのです。

こればかりは自身の努力ではどうしようもない部分のため、男性にとっては非常につらいと思いますが、残念ながらそれが現実になります。

極端なタレ目を持つ男性は、モテる要素を顔以外に求めた方が無難でしょう。

口元がだらしなく緩んでいる

女性が男性の顔をひと目見たとき、思わず引いてしまう可能性が高いのは、「口元がだらしなく緩んでいる」場合です。

たとえ全体的にはどれだけ端正な顔立ちをしていたとしても、なぜか口元が緩んでいて薄ら笑いを浮かべているように見える男性は、ハッキリいって全くモテません。

なぜかというと、そんな口元の緩みのせいで、顔全体がやや気持ちの悪いイメージになってしまうからです。

ただし、元から口元が緩んでいる人というのはあまりいません。

つまり、無意識にそうしてしまうのがクセになっているだけなのです。

口元が緩んでいてモテない男性は、意識してそれを直すことで、まだ何とかなる可能性があります。

女性から「あの顔はイケてない」と思われないためにも、そんなモテない顔の特徴を矯正してみてはいかがでしょうか。

太りすぎで頬がパンパン

何だか見ているだけでも暑苦しい…。

男性の顔を見て、思わずそう感じてしまったことはありませんか?

女性にモテない顔のナンバーワンといえば、それはやはり「太りすぎで頬がパンパン」な顔です。

見た目がすでに見苦しいですし、さらに背景には荒れた食生活までもがイメージできるため、多くの女性に敬遠されてしまいます。

そんなモテない男の代表格のような顔を変えるためには、結局のところ痩せるしかありません。

少し痩せただけでも顔のイメージはかなり変化しますから、男性にとっては努力のしどころになります。

頬がパンパンの状態でどれだけ甘い言葉を女性に投げかけたとしても、相手の心は近づくどころか、むしろどんどん離れていく一方です。

せっかく意中の相手がいたとしても、あまりにも丸々とした顔のままではモテるのは不可能ですので、そういった大きな特徴を変えていくより他ないでしょう。

モテない男のあるある

とにかく勘違いが多い

モテない男の特徴は、数え上げればキリがありませんが、その中の1つに「勘違いが多い」という点があります。

まったく自分に興味を持っていない女性が、自分に好意を抱いていると勘違いしてみたり、何気ない女性の行動を、自分に気がある行動だと勘違いしたりします。

自分がモテないことは棚に上げ、女性の行動に関しては、自分にとっていいようにとらえがちなのです。

相手の気持ちを察したり、想像するという余裕がまったくないため、このような勘違いばかりしてしまいます。

反対に、自分が嫌われているという、女性からのメッセージが込められた行動には、鈍感で気づきません。

いい意味でとらえれば「ポジティブ思考」ということになりますが、勘違いをしたまま突き進む点も、モテない男の特徴です。

相手が好意を抱いていると勘違いしたまま、自分から積極的にアピールしてしまうのです。

基本的にいつもケチ

お金に対してシビアなのが、モテない男の特徴の1つでもあります。

女性と食事に行っても割り勘にしてみたり、モテない男ほど、お金に関してはきっちり清算しようとする傾向があります。

女性にしてみれば、食事は男性が奢るものが当たり前というのではなく、「女性には出費させない」という優しい気遣いが嬉しいものです。

ですが、モテない男は女性のそんな気持ちを推し量ることもなく、デートをしても、ことあるごとにきっちり割り勘にします。

女性に対してだけでなく、何に対しても出費を嫌い、とにかくケチなのがモテない男の特徴です。

友人との食事でも、会計の際にいつの間にか姿を消してみたり、割り勘にしても1円でも多く自分が払ってしまうことを、極端に嫌がったりします。

女性からすると、ケチな男性ほど心が狭く見えるということに、残念ながら気づいていないのです。

ケチな男の特徴・心理・性格・デート・結婚とは?

自分のことが大好きすぎる

モテない男にありがちなのが自分のことが大好きで、自分を過大評価していることです。

「俺は本気を出せばすごい」「付き合うなら俺につり合う女じゃないと」と根拠もなしに自分は周囲の人より優位な存在だと思っています。

そのため自分に対して自信満々で、無意識にでも上から目線の言動をしているのが特徴です。

自分が大好きなので出す話題は自分のことばかりだったり、口だけは大きなことを言って行動は伴っていなかったり、自分が傷付かないためにやけにプライドが高かったり…。

話していてもすぐ自分の話題に持っていったり、自慢話や過去の武勇伝(大体はたいしたことない)をやたら語りたがるので女性は「この人と話していてもつまらない」と思ってしまいます。

一緒にいると面倒くさいというのが丸わかりなので、女性がどんどん遠ざかってモテなくなってしまうのです。

常識がなさすぎる

常識がない男性はたとえイケメンだろうとモテません。

お礼や謝罪の言葉が言えなかったり、初対面の人にタメ口で馴れ馴れしく話たりなどの言葉の常識や、自分の都合だけで深夜に電話をかける・順番に割り込む・デリカシーがない…などの人として非常識な面があると一気に引かれてしまいます。

特にある程度の年齢になっても非常識な面が目立つと「大人げない…」と本当にがっかりしてしまうのです。

厄介なのはそういう人は自分で自覚がない場合が多いので、自分がモテない理由がわからなくて一向に改善されない、というところ。

中でも店員さんに対して命令口調で話たり偉そうな人は一緒にいる人も嫌な気持ちや恥ずかしい気持ちになるので、彼氏どころか友達でも嫌だと思う女性は多いです。

理由もなく高圧的な態度をとる人と付き合いたくないのは当然なのでモテたい人は気をつけましょう。

モテない男のLINEの特徴

返事をしていないのに連続でメッセージを送ってくる

モテない男性はLINEの友達に女性が登録されていることが少ないので、女性の名前が登録されるとそれだけで嬉しくて、ついつい連続でメッセージを送ってしまいます。

例えば飲み会で、そこにいた人全員でLINEのID交換をしたとします。

モテる男性はわざわざ個別に女性にメッセージを送らなかったり、送ったとしても「今日は楽しかったね。またよろしく」ぐらいの軽い挨拶で終わります。

しかし、モテない男性は「今日は楽しかったね」「無事帰れた?」「もう家についたかな。また一緒に飲み会に参加したいですね」「お米系食べてなかったけど、ひょっとしてダイエット中だったのかな?」などと、相手の女性が既読にすらしていない状態でも、連続してメッセージを送ります。

挙句の果てに、返事がないなんておかしいと思い込んで「返事がないけど何かあった?」「おーい心配で寝れないよー」「どうしたの?」と、さらに連続メッセージを送ってきます。

本当は飲み会の後に、別の友達と遊んでいたり、あまりのメッセージの連続に恐怖を感じた女性が、LINEをブロックした可能性に気付きません。

モテない男性は純粋に、女性ともっと仲良くなりたい、心配だからこそ連続してメッセージを送っているのですが、女性からすると気持ち悪い、怖いとしか受け取ってもらえないのです。

ゲームなどの招待を連続で送ってくる

LINEのゲームをしていると、ハイスコアの更新やゲームの招待メッセージを友達に送ることができます。

モテない男性は、このメッセージを不特定多数の人に連続して送ってきます。

せめて同じゲームをしている人や、仲が良い相手になら分かりますが、相手の気持ちも考えずに「すごいスコアが出たからみんなに知らせたい」「このゲームマジで面白いからみんなでやりたい」「ゲームに招待したら、特別なアイテムがもらえるから誰か参加してほしい」などの自分勝手な気持ちから、メッセージを送ってきます。

中には、ゲームが好きではない人や、あまり仲が良くもない男性からゲームの招待が来ることを不快に感じる女性もいます。

何とも思っていない男性からのLINEの通知音が頻繁に鳴るのでメッセージを見たところ、全てゲーム関係の内容だった場合、例えそれが1日だけの出来事でも、男性のLINEアカウントをブロックしたり、非表示に設定してしまう女性は多いものです。

アイコンが身内ネタ

モテない男性のLINEのアイコンは、自分と仲が良い身内だけがウケる画像に設定していることが多いです。

高校の時に数人の友達と盛り上がった近所の看板、大学の時によく話題になった教授の口癖を書いた画像など、知らない人からすると「これは何だろう?聞いた方が良いのかな?」と悩むようなアイコンが多いです。

また、趣味のバイクや車、飼っているペットなど、尋ねやすい物ではなく、一見するとどういう意味なのか分からない画像が多いので、「なるべく関わらない方がよさそう」「意味わかんない」と、アイコンだけで女性に引かれてしまうのです。

しかし本人は、身内ネタが分かる数人からは評判が良かったことを覚えていて、まるで身内以外の多くの人からも評判が良いかのように勘違いをしています。

そのため、10代の頃に盛り上がったネタなのに、何年も経っていてもそのままのアイコンを使っていたり、職場の上司との連絡にLINEを使っているのに、一見下品だったり子供っぽいアイコンのままだったりします。

相手がそのアイコンを見たらどう思うか、年相応のアイコンなのかを考えられないところが、モテない男性の特徴と言えます。

内容がほとんど無い

モテない男性が送ってしまうLINEの特徴の第一位とも言われているのが内容が薄すぎると言う物で、これはとにかくコミュニケーションを取りたいと考えている方に多く見られ、具体的には「○○に来たよ」など本来はそこから先が本題であるはずなのにその前で終わっているパターンになります。

この様なLINEを送られた女性は反応に困ってしまい、既読スルーになってしまうケースも多いですし、それが頻繫に見られるようなら面倒な相手だと思われてしまうので、内容がほとんど無いLINEを送る事はモテない男性がさらに嫌われてしまう可能性が高いです。

なお、まるで日記のような報告の形のLINEも含まれていて、その日に合った事などをつらつらと書いてあるようなLINEを送ってしまうのも同じ様にモテない男の特徴だと言われています。

スタンプが多すぎる

LINEの代名詞とも言える特徴的な機能であるスタンプは、文字を打つよりも速く送れますし一言でその時の感情などを表現できる便利な物なのですが、それだけに送りすぎてしまう事がありそれが問題点にもなっています。

と言うのもモテない男性と言うのはサービス精神が間違った方向に働いている事が多く、LINEでも何とか女性を楽しませなくてはいけないと考えた結果スタンプが多用されてしまい、肝心の本題がぼやけてしまうケースが多いです。

また、モテない男性はコミュニケーションの取り方が分からないとされていますので、会話に困ってしまいその場しのぎとしてスタンプを送り何とか誤魔化そうとしている傾向が見られる事から、スタンプを多く使っているLINEはモテない男性に顕著に見られると言われています。

いきなりプライベートに踏み込んでくる

このケースで最も多くなっているのは「今何してるの」という質問になっていて、基本的にこの様なプライベートにかかわる質問はそれなりに親密な関係でないとただ馴れ馴れしいだけの男だとと思われてしまう可能性が高いとされています。

そもそも、女性が親しくもない男性にプライベートを教えなくてはいけない理由はほぼ存在していないので、この質問はする事自体が疑問視されていますし、例え答えが返ってきたとしてもそれが本当かどうかを確かめる術はありません。

したがって、女性の多くは自分のプライベートにかかわるような質問をLINEで送ってくる男性を意味が分からない不審な人物と思ってしまうようになり、それが最悪の方向に進んでしまうと周囲にいる人物からの評価も急降下してしまう危険性が出てきます。

モテない男が彼女を作る方法

オフ会に参加する

恋愛関係になりたい異性と付き合うために、まず素敵な異性と出会う必要があります。

出会いの場所は様々ですが、共通の趣味を持つ人同士でオフ会が全国で開催されています。

インターネットの発展と共に、気軽に参加できるオフ会が増えていますし、コミュニティへ参加もしやすくなりました。

オフ会では共通の趣味を持つ仲間が集まり、会話の引き出しに困ることはありません。

そのような環境では異性とも上手く話せる場合が多く、オフ会で出会ったカップルが結婚したケースも少なくありません。

何より好きなことが一緒で同じ目的を持つ人間が集まりますから、付き合うまでに行かなくとも友達として交流することが可能です。

友達から恋愛関係に発展することもあるので、「趣味が近い人とお付き合いしたい」と考える方に最適な方法となります。

婚活パーティーに参加してみる

婚活プランを提供する企業が増加していますから、自分に合うプランで参加することが可能です。

その中で大規模な婚活パーティーの存在は、意欲的な参加者が多いために成婚まで時間が掛らないこともあります。

それなりの費用が掛かりますから、手軽に参加できないデメリットはありますし、必ず素敵な異性と出会えるとは限りません。

しかし「素敵なパートナーと出会いたい」と共通の意思があり、マッチングが成立すればとんとん拍子で彼女を作ることができるでしょう。

細かく参加資格が提示される婚活パーティーも存在し、参加者を最初から厳選することで参加者のマッチングを高めています。

充実する婚活プランが充実し、パーティー以外にも異性との会話を重視した小規模なイベントも定期的に開催されます。

彼女を作りたいと考える男性の目的を満すサービスも豊富です。

自分を磨くために努力する

どんなに女性にモテないからいって、何も努力しないのは怠慢です。

モテるためには自分が努力しなければなりません。

自分を磨くことも彼女を作るために必要なことではないでしょうか。

モテない男性は「何をしてもどうせモテない」と諦めている方がたくさんいます。

しかし、自分の出来ることさえ破棄して弱音を吐く姿も情けなく、その姿も女性にモテない理由となります。

自分を磨くために運動をしたりコミュニケーション能力を身につけるといった努力は必須。

何も努力せずにモテるはずはありませんし、世の中で女性に好かれる男性はそれなりの努力をしているはずです。

どんなに小さなことでも良いので、「どうすれば彼女をつくることができるか」を考えることから始めましょう。

答えが見つからない場合、ひたすら見た目を磨いたり、語彙力を付けるために本を読むといったことも、彼女を作るうえで必ず力になる要素なのです。

女性について学ぶ

モテない男性というのはそのほとんどが女性の扱い方が分からないのだと言われていて、家庭環境や交友関係の影響であまり女性と接していなかった方は、女性が何を嫌い何を喜ぶのかがあまり理解できていないとされています。

なので何よりも最初に女性について学ぶ事が大事なのですが、その際に有効な手段になるのは女性向けの週刊誌などを読む事で、基本的に女性向けの雑誌は作り手側も女性が多いので女目線で女の事が書いてあるケースがほとんどです。

したがって女性向けの雑誌を熟読すれば女性特有の心理などを学べるようになりますし、ファッション雑誌であればその時のトレンドなども学べますので会話も弾みやすくなるのですが、あまりにも女性について詳しすぎてしまうとあらぬ疑いをかけられる事もありますので学ぶ範囲には注意が必要になります。

不潔な男と思われないようにする

世の中のほぼ全ての女性が嫌う男というのは不潔な男になっていて、これは清潔感と言う言葉に置き換える事ができるポイントなので、モテない男性が彼女を作ろうと考えた場合には自分が清潔感を感じさせるかどうかに注目する事が大事だと言われています。

そして、その清潔感と言うのは一般的には小ざっぱりとしてキレイな服装だと言われているのですが、それ以外にも重視するべきポイントはたくさん存在していて、例えば髭が伸びっぱなしなのはマイナスポイントになりますし、爪が伸びていたりゴミが溜まっているような男性に女性が感じる不快感はかなり高いです。

さらに、虫歯や歯並びの悪さなども清潔感を損なう大きな要因になっていますし、猫背など姿勢の悪さも清潔感に影響を与えるポイントになるとされています。

モテる男を観察する

この実際にモテている男性を観察してそれを真似てしまう事は非常に有効な方法になっていて、目の前にいる生きた教科書から女性への接し方などを学べる事は、モテない男性にとってはメリットがとても大きいと言えます。

なので自分の友人でモテている男性がいれば普段から女性に対して心掛けている事などを聞いてしまっても良いですし、友人に居ないのであればモテる男性と友達になってしまう事が良いです。

また、やや裏ワザ的な方法になるのがモテるホストからコツを聞いてしまう事になっていて、女性の扱いを仕事にしているホストであれば一般的な男性よりも女性慣れしているのでなにかと学ぶ事は多いとされています。

ただし、その場合はそれなりの金額が必要になりますし、ホストクラブによっては単独の男性は利用できないのでその点に関しては注意が必要です。

モテない男が彼女を作るのは簡単!

いかがでしょうか。

モテない男性が彼女を作るのはそこまで難しいことではありません。

難しくしているのはあなた自身だということを、まずは理解しましょう。

何も外見が良くて、頭が良くて、運動ができてと言った男性しか彼女を作ることができないわけではもちろんありません。

あなたから見て「なんでこんな男が?」と思うような人が、彼女をたくさん作っているケースもあるでしょう。

それはやはり基本を全てしっかりで抑えているからです。

例えば、身だしなみもしっかりして、髪を切り、眉を整え、髭を剃り、ファッションもジャケットなどで無難なコーディネートにする。

これだけで人は劇的に変化します。

後は内面的な問題ですが、これもそんなに難しいことでありません。

モテない男性は自分を知ってもらいたいがためにたくさん話をしてしまいますが、それは逆効果です。

ちゃんと女性の話を聞いて相槌をする、そして少し自分の話をする、というだけで女性は気持ちよく会話することができますし、結果としてあなたへの好意に変わっていきます。

また女性と出会う場所についてですが、今は婚活アプリ・恋活アプリがかなり一般的な出方になっているので、一度も使ったことがない男性は必ず利用してみるようにしましょう。

利用してみて結果がうまくいかない時に初めて悩んだ方が、悩みの質も変わって来るのでおすすめです。