友達がいない男が恋愛対象外な理由とは?

友達がいない男が恋愛対象外な理由

性格に問題があるから

友達がいないということは、単純にその人の性格に問題があると考えられます。

性格が良ければ自然と周りに人が集まりますが、性格に難があればその限りではありません。

人を大事にしない、人に共感できない、すぐに怒る、このような性格であれば人が離れていきます。

常日頃その性格が透けて見える人であればそもそも恋愛対象にならないですが、一見優しそうな人で、すぐには分からない人がいます。

そういった時に、友達の有無が判断材料になります。

友達というのは長い間付き合い、友情を育むものです。

一見優しそうな人にその友達がいないと言うことは、長く付き合っていくと難のある性格をしているということです。

このような男性と付き合っても、大事にしてもらえる可能性は皆無、それどころか思いやりのない発言で喧嘩ばかりすることが目に見えています。

人との付き合い方が下手だから

人は誰でも生まれながらに人付き合いが上手という訳ではありません。

もちろん中には生まれ持ってコミュニュケーション能力が高い人もいるかもしれませんが、そうでない人もいます。

だからと言ってそうでない人が悪いと言う訳ではありません。

友達と付き合っていく中で、喧嘩をしたり、仲直りをしたりしながら人との付き合い方を学んでいくのです。

ですが、友達がいない人はそのような経験が乏しいと言えます。

共感を尊重する女性とは違い、男性は論理的に正しいと思ったことを言う傾向があり、それゆえに人と対立する機会が多いです。

対立したとしても、後で謝るなど、関係を修復できる人間であれば、人との付き合いも続きます。

友達のいない人は、友達ができても喧嘩をしたらそれきり、仲直りせずに関係が終わっているということで、人との関係を修復する力を習得していません。

喧嘩したらそれっきりという男性は恋愛対象にはならないでしょう。

趣味や仕事で忙しいから

友達がいないということは、人と話したりどこかへ出かけたりせず、一人でも楽しく過ごせる人だとも言えます。

このように表現するとポジティブで明るい性格の魅力的な人に思えます。

ですが、誰しも一人で何もせず部屋で過ごしていて楽しい訳ではありません。

一人でも楽しく過ごせると言うことは、趣味や仕事など、没頭しているものがあるということです。

趣味や仕事に没頭している姿がかっこいいなんて思う人もいるかもしれません。

ですが、友達がいない程没頭するということは、大金をかけるほどの趣味を持っていたり、家庭を顧みない程仕事に身を捧げている可能性が高いです。

そんな男性と付き合っても、自分の関心のない趣味や仕事の話に付き合わなければいけなかったり、一緒に過ごす時間がなく付き合ってる意味がないなんてことになったりしかねません。

身なりに無頓着すぎるから

友達のいない男性の最も顕著な特徴になるのは、他人からどう見られても構わないと考えていると言う物で、ファッションにしても髪型にしても気を遣っている方のほうが少ないとまで言われています。

これは一緒にいて恥ずかしい思いをする方がいない事が理由になっており、通常友人がいればどこかの段階で一緒に居る人に恥をかかせてはいけないと言う事が学べるのですが、友人のいない男性にはその機会がないのです。

その為、仮に女性とデートする事があったとしてもいつも着ているジャージ姿で現れたり、髪もボサボサで寝癖がついていてもお構いなしであるケースは多々見られるようになっています。

また、基本的に他人の気持ちを考えるという事がありませんので、その時に女性から指摘されたとしても改善される事はないです。

会話のさじ加減が分からないから

一般的にコミュニケーション能力というものは、子供の頃から家族や友人と接していくうちに育まれていくものであり、友達のいない方はこのコミュニケーション能力が十分に育っていない方が多くなります。

例えば、女性との会話でも一方的に自分の事ばかりを話してしまう方は多いですし、それを指摘されると今度は一切喋らなくなってしまうと言った、1か0かのコミュニケーションしか取れない方がほとんどです。

また、上記のように他人の気持ちを考える機会が少ない事から経験が不足していて、言ってはいけない言葉でも平気で口にしてしまう事があり、この場合は本人がコンプレックスに感じているような事でも構わず口にします。

その為、他人を深く傷つけてしまう傾向が見られる事が多く、この様に会話の調整ができない点が女性から敬遠される大きな理由です。

自分が一番だと考えているから

友達のいない男性は、常に「自分のしたい事をしたい時にしたいようにする」と考えてますし、誰かと行動を共にする機会がほとんどないと事からそれが問題になるケースはほぼ皆無と言えます。

その為、仮に誰かと一緒に行動する事があった場合、まずは自分の意見が最優先される事が当然であると考え、自分の意見を曲げてまで誰かの意思を尊重するという事はないのです。

また、これは協調性が無いとも言い換える事ができるのですが、そもそも友達のいない男性は自分の意見を曲げる理由が分からない事が多く、協調する意味が不明な事から場合によっては一人だけ別行動を取ろうとする事もあります。

したがって、行動を共にしている方からみれば自分勝手と映るようになり、その結果として敬遠されてしまう事が多くなるのです。