再婚相手が年下男性であることへの不安とは?

再婚相手が年下の男性であることへの不安

飽きられるかもしれないという不安

年下の男性を夫に持つ年上の女性は、年齢にコンプレックスを抱いてしまいがちです。

自分の方が相手より年齢が上である、というだけの単純な事実が、大きな負い目のように感じられてしまうのです。

結婚して妻となっても、年齢のせいで自分に自信がいまいち持てないまま、いつか相手に飽きられるのではないか、もっと若い子に乗り換えられるのではないかと不安になる日々が続きます。

その不安を、自分の胸の内に留めて置けるうちは良いのですが、男性のちょっとした態度から不安が嫉妬や疑心に変わり、夫婦仲が悪化する原因となるケースもよく見られます。

心変わりを不安に思うことは、相手の心を疑うことであり、相手にも失礼な振る舞いです。

年齢は永遠に変えられるものではないのですから、真剣に再婚を考えるのであれば、年齢を理由に飽きられるかもしれないなどいう不安は、早い内に消化してしまわなければなりません。

男性の家族に受け入れてもらえるだろうかという不安

大体の親は、子供にはできるだけ良い人と結ばれて欲しい、という思いを抱いています。

良い人というのは、子供の意思関係なく、一般的に見て外見が良くて性格があって収入があって、という人のことです。

年上の女房は、親が思う良い相手には当てはまりません。

年上のバツイチの女房、といえば尚のことです。

年下の男性と再婚する時、男性の家族に果たして受け入れてもらえるのかどうかと、女性が不安になってしまう気持ちは間違いではありません。

その不安は残念なことに正しい不安であり、運よく杞憂に終わることもあれば、ストレートに的中することもあります。

大切なのは、パートナーの両親や兄弟に反対されることがあっても、夫婦になりたいと思う気持ちを貫けるかどうかです。

人の認識は、対話を重ねた所で簡単には変わりません。

想いあったパートナーとの再婚に臨むなら、不安があっても立ち向かう覚悟を決めましょう。

お互いの収入に関する不安

男性の収入は、通常年齢に比例して上がっていきます。

40代より30代の方が、30代より20代の男性の方が収入が少ないのは自然の流れであり、若い内には収入が安定しないこともままあります。

豊かで幸せな夫婦生活のため、男性には高い収入を求める傾向のある女性にとって、年下男性の収入はどうしても頼りないものに思えてしまいがちです。

女性自身に収入があったとしても、収入に関する不安は解消されることはなく、収入の格差や家庭に入ってそれを失うリスクなどを考えて、先の見えない恐怖に駆られたりとするものです。

収入に関する問題は、夫婦生活の上では避けて通ることはできません。

どちらのお金をどのように使うか、どのような働き方を互いに選択していくかは、冷静に話し合って決めましょう。

不安でも相手の劣等感を刺激するような言葉は使わず、本当の夫婦になるための試練だと考えて、真摯に取り組むことが大事です。

年下のテンションが高いという不安

年齢的に心に寄り添うということが弱いので、不満や悩みを聞いてくれない可能性が高いです。

その為、何か辛いことがあっても知らんぷりであったり、よく分からないとまともに対応してくれないことがございます。

特に、女性は年齢と共に婦人科系の悩みが出てくるかと思います。

そういったことは男性は正直疎いですが、特に歳が下になるとさらに疎くなります。

なので、女性特有の悩みを抱えていたとしても、自力で解決しなければならないケースが発生します。

痛く辛い経験が年下男性となると乏しいので、かかったことのない不満や悩みを想像できる力が足りないのです。

足りないとなると、それだけ思いやりに欠けて、きちんと話を聞いてくれないといった悪循環に陥りやすくなります。

1人で抱え込む不安を抑えるために、「きちんと理解して欲しい」「分からなければ学ぶ姿勢を持って欲しい」「何が辛いのか聞き出して欲しい」「分からなければ黙って聞いてくれるだけでいい」といった、具体的な方法を男性に伝えると相手もそれが分かり、こちらも辛いとき1人不安を抱え込まなくて済みます。

自分が引っ張らなければならないという不安

年下男性となると、日常的に旦那が受け身になることが多いので、こちらがアレやコレと引っ張らなければならなくなります。

「男らしく」といった部分が年齢的に欠けてしまい、こちらから提案しなければならなかったり、何かを決めるにしても決めてくれなかったりと、結果として自分が提案・決定といった事をしなければならなくなります。

また、結婚して夫婦として生活すると、重要な決断や大金がかかる買い物(家・車など)をすることも出てくるかと思います。

それすらも受け身になることもあるので、そのような帰路に立たされた時に不安に駆られます。

「ちゃんと引っ張って貰いたい」といったことをきちんと伝えて、「重要な決断や大金がかかる買い物こそ一緒に悩んで決めたい」といったように、自分1人で旦那を引っ張り、全て解決しなければならないといったことが無いようにしましょう。

不満や悩みをまともに聞いてくれない不安

年齢的に心に寄り添うということが弱いので、不満や悩みを聞いてくれない可能性が高いです。

その為、何か辛いことがあっても知らんぷりであったり、よく分からないとまともに対応してくれないことがございます。

特に、女性は年齢と共に婦人科系の悩みが出てくるかと思います。

そういったことは男性は正直疎いですが、特に歳が下になるとさらに疎くなります。

なので、女性特有の悩みを抱えていたとしても、自力で解決しなければならないケースが発生します。

痛く辛い経験が年下男性となると乏しいので、かかったことのない不満や悩みを想像できる力が足りないのです。

足りないとなると、それだけ思いやりに欠けて、きちんと話を聞いてくれないといった悪循環に陥りやすくなります。

1人で抱え込む不安を抑えるために、「きちんと理解して欲しい」「分からなければ学ぶ姿勢を持って欲しい」「何が辛いのか聞き出して欲しい」「分からなければ黙って聞いてくれるだけでいい」といった、具体的な方法を男性に伝えると相手もそれが分かり、こちらも辛いとき1人不安を抱え込まなくて済みます。

初婚の年下男と再婚の年上女との結婚が増加している理由

男性の初婚が遅くなっているから

現在日本の若者は、仕事の安定感のなさや収入の少なさといった、様々な不安を生活の中に抱えており、結婚にも慎重にならざるを得ない環境に置かれています。

ちゃんと家族を支えられる仕事に就けるまで、生活できる収入を蓄えられるまで結婚には踏み出せないという男性は多く、覚悟を決めて初婚に至る年齢は、かつてよりもぐんと上がりつつあります。

20代前半だったのが20代後半に、そして今や30代前半にと、男性の初婚年齢は、引き上げられ続けているのです。

長く独身を続けた男性は、結婚相手にも自立しているという条件を求めたがる傾向にあります。

若い妻を支えて仕事がしたいという気持ちから、夫婦で助け合ってよりよい関係を形成していきたいというように、結婚観が変化するのです。

これが結婚経験があったとしても、同世代の女性よりも家庭的な、年上の女性を求める男性が増えている理由です。

女性にリードしてもらいたい男性が増えているから

男女の関係において、男性は女性をリードするもの、という認識がかつての日本にはありました。

夫が妻を従え、妻が夫を支えるのが美徳とされていた時代の話です。

しかし現在は時代の変化の中で、妻が夫よりも強いのはよくない、夫が妻の尻に敷かれるのはよくない、という風潮はナンセンスなものとなりつつあります。

どちらかといえば女性をリードするより、女性にリードしてもらう方が好き、という男性の意見も、21世紀の世においては随分と目立つようになりました。

女性に甘えたいタイプの男性は、年下や同級生の女性よりも、年上の女性をパートナーにと望むことが少なくありません。

結婚歴のある女性は、そうした男性の甘えにも慣れており、比較的上手に甘やかすことができます。

結果として甘えたい独身男性と、妻として母として強くなり、男性から主導権を握れるようになった年上再婚女性のカップルが増えることになるのです。

アクティブなバツイチ女性が増えているから

一度結婚したら、一生添い遂げることは当たり前のことだと言われていた頃、バツイチというのは大きな重石でした。

その頃と比べると、現在の離婚の概念は随分とライトなものになり、離婚によって負うダメージも小さくなりつつあります。

人々の離婚に対する考え方が変わったことにより、バツイチ女性もアクティブに、2度目の人生を謳歌できるようになりました。

再婚にも積極的なバツイチ女性は、自分にとって理想的な男性を今度こそゲットするために、エネルギッシュに活動します。

結婚経験がなく固定概念もない、独身の年下男性というのは、そんなバツイチ女性にとって、ぶつかっていきやすい存在となります。

結婚をリアルに考えるようになったというタイミングで、酸いも甘いも噛み分けた年上の女性からのアプローチを受けてしまえば、年下男性はひとたまりもありません。

幸せな結婚生活まで待ったなしです。

社会の成熟と共に保守的な結婚観が変化したから

社会が成熟しておらず結婚が社会的な立場を強く左右する場合は、結婚に対する意識や考えは非常に厳しいものになります。

日本が経済発展し近代化する以前は、非常に閉鎖的な社会で一生を過ごし、結婚は自分のためというよりも家と家を結ぶためのものでした。

適齢になれば親に年齢や財政状況、家柄などで相手を決められますから、自分の好きなように結婚を決めることは出来ません。

そのため世間的な常識を重んじる結婚をすることになります。

古きよき時代とも言えますが、自由な考えを持ったり望み通りの結婚をすることは難しい社会です。

現代のように経済的・文化的に発展し、社会が成熟したからこそ、年齢や条件に縛られない結婚観を持つことが出来るのです。

その結果として、柔軟なパートナー選びや組み合わせも増えたのです。

社会の成熟と共に保守的な結婚観が変化したことが、初婚の年下男と再婚の年上女との結婚が増えた理由の一つです。

不景気と共に安定志向の男性が増えたから

日本は急激な経済発展と長い不景気を経験しており、未来に対して不安を抱いている人が多くいます。

それは女のみならず、男も同じです。

経済的に安定していれば、一生パートナーや家族を養うことが出来ます。

しかし、雇用も上向きとはいえ不安定で、ここ十数年で平均収入が半減した現在では、経済的な不安は拭えません。

いつ解雇されるかも分からない不景気では、自分だけで生きていくことすらも大変なことです。

そのため、男が大黒柱として経済的に一家をまとめるという考え自体もリスクになっています。

既に男女共働きが一般的ですから、安定した生活を考えて、男がパートナーの収入や財力を重視して結婚するのも当然の成り行きです。

不景気の中で安定した生活のために、男が初婚で年上の再婚した人をパートナーとする人が増えたというのが理由の一つです。

経済的な自立と共に女性のパートナー選びの基準が変わったから

かつて、女にとって結婚は文字通り死活問題でした。

女が仕事を持っている今とは違い、結婚出来なければ生活基盤を形成出来ません。

収入を得られずに老いていく両親と暮らすしかないため、今よりも女を取り巻く状況はずっと深刻だったのです。

そのため、結婚適齢期になれば女は必死にパートナーを探しました。

昔のような性差による極端な経済格差が減った現在では、単純に生きるために結婚する必要は殆どなくなりました。

そのため、結婚の多くは恋愛を経てから本人の意思でされることが殆どです。

女が年を重ねたり、再婚であっても昔のようにパートナー選びにシビアになったり焦ったりする必要はありません。

経済的に女が自立していれば、相手が年下であっても養えますし、再婚などの事情があっても結婚を阻む理由にもなりにくいのです。

女の経済的な自立と共にパートナー選びの基準が変わったことが、初婚の年下男と再婚の年上女との結婚が増加している理由の一つと言えます。