復縁したい元彼に元カノから連絡しない方がいい理由とは?

復縁したい元彼に元カノから連絡しない方がいい理由とは?

元彼と復縁したいとき、ついついあなたから連絡したいと思ってしまいますよね。

その気持ちはとても分かりますが、復縁をゴールとすると自分から連絡するのはあまり良い戦略とは言えません。

ほとんどの人が自分から連絡をして、結果的に玉砕している事実を忘れてはいけません。

ではなぜ、連絡をしないほうがいいのでしょうか?

そこでここでは、復縁したい元彼に元カノから連絡しない方がいい理由をご紹介します。

復縁したい元彼に元カノから連絡しない方がいい理由

立場が弱くなるから

元カレと復縁したいという気持ちはわかりますが、それをそのまま相手に伝えてしまうのも、連絡をするなど気持ちが伝わるような行動をとるのもよくありません。

復縁の上では、復縁したいと先に望んだ側が、少なからず弱い立場に置かれることになるからです。

原因がどうあれ、お互いに一度は別れることに納得して、別々の道を歩むことになったわけですから、この時点では彼氏も彼女も平等の関係にあります。

その平等の関係を崩して、自分からよりを戻したいと口にする行為は、自分が悪かったから別れないで欲しいと縋る行為と同じです。

恋人同士の関係は互いに同じだけの思いがあるからこそ成立するものであって、どちらかが妥協したり、片方が我慢を強いられなければ上手くいかない関係は、正しい関係とはいえません。

一方的に非を受け入れて復縁するのでは意味がありませんから、相手が同じだけ復縁したいと考えてくれるまで、連絡せずにじっと待つのが賢明です。

相手からしつこいと思われてしまう心配があるから

一般的に恋人と別れたことを後悔するのは、男性よりも女性側の方が早いとされています。

女性が別れた恋人のことを想って泣いている時には、男性はまだ寂しさを感じておらず、フリーになった開放感を楽しんでいる真っ最中であることが多いのです。

そんな一人で楽しい時間を謳歌している時に、復縁を乞うメールなど送っても、期待するような効果はまず現れません。

無視されるか適当に流されるか、最悪いつまでも終わったことでグダグダとしつこい女だと思われてしまうだけです。

相手に気持ちが伝わっていないからといって、さらに電話やメールを続けるようなことをすれば、更にしつこいとネガティブな感情を向けられる一方で、復縁など夢のまた夢となってしまいます。

相手から連絡がこない内は、まだ男性は寂しさを抱えている段階ではないということです。

彼氏が恋人のいない寂しさに気付くまで、元カノとして連絡をとるのは控えておきましょう。

相手に既に恋人がいるかもしれないから

復縁を望む上で、一番怖いのが新恋人の存在です。

基本的に破局後男性は女性よりも、早く新しい恋人を作りやすい傾向にあるといわれています。

別れてから何日も経ってなかったとしても、男性ならば妊娠について気にする必要もありませんから、気軽に他の女性にアプローチすることも可能であるわけで、相手には既に恋人がいる可能性もあります。

別れた恋人と復縁したいと思うのは、もちろん素敵なことですが、相手がそう思っているかどうかは限りません。

相手の現状を確かめもせずに、元カノとして直接相手と連絡をとるという行為は、現状以上にダメージを負うことにもなりかねない危険な行為です。

復縁したいという気持ちがあったとしても、とりあえず相手からのアクションを待つか、直に連絡を取る前に親しい友人知人を通して男性の近況を探り、アプローチしても問題はないかどうかを確かめてから次の行動を考えるのが良いです。

元彼のストレスになるから

もしも元彼が復縁したいと思っていたとしたら、元彼の方から元カノに連絡をするはずです。

元彼から連絡がないということは、元彼は今は元カノと恋愛をする気持ちがない可能性が高いです。

元カノのことを許していないかもしれないですし、忙しくて恋愛どころではないのかもしれません。

何かしらの理由があって、復縁する気にならないわけです。

そのような状態で元カノから連絡があると、元彼はストレスを感じています。

別れたのにどうしてもう連絡をとってくるのかと思ってしまいます。

元彼にストレスを与えることは、元カノにとって本意ではないはずです。

元彼の気持ちを考えるなら、たとえ復縁したい気持ちがあったとしても、ぐっとこらえて連絡をするのをやめておいた方が無難です。

元彼の生活が落ち着いてくれば、元彼の方から連絡があるでしょう。

どうしても連絡をとりたい場合は、誰かに元彼の様子を探ってもらうなど根回しをやるべきです。

それができない場合は、元カノから連絡すべきではありません。

冷却期間を置いた方がいいから

復縁をしたいとはいえ、一度別れてしまった仲です。

必ず別れてしまった理由があります。

お互いの欠点が嫌になっただとか、くだらないことで喧嘩をして気まずくなったとか、色々あるでしょう。

冷却期間を置かずに連絡をしても、結局また同じことを繰り返してしまう可能性が高いです。

元カノは復縁したいと思っていても、元彼はまだ腹を立てている可能性があります。

冷却期間を置いて、お互い頭を冷やして人として成長しない限り、復縁できたとしてもうまくいきません。

焦って連絡したい気持ちを抑えて、自分にたりなかったことはなんだったのか、今できることはなんだろうか、と自問自答しましょう。

時間が経てば、元彼も頭を冷やして冷静になってくれていることでしょう。

すぐに結果を求めないようにした方が、うまくいくことが多いのです。

急がば回れというわけですね。

自分を磨く方が先だから

元彼に連絡をして久しぶりに会ったとしても、以前と変わりがなかったら、元彼はがっかりします。

一度別れているため、付き合っているときに比べると元彼は元カノの悪いところに目がいきがちです。

元彼は元カノのことを見て、相変わらずだなと思います。

これでは復縁もうまくいきません。

復縁をするためには、以前よりも魅力的になったと元彼に思わせる必要があります。

俺はなんでこんないい子と別れたんだろうと思わせることができたら勝ちです。

そのためには、自分の外見と内面を磨く必要があります。

先に自分のことを磨いて魅力を増しておいてから元彼と会うことで、復縁の確率を高めることができます。

元彼から連絡があるような、元彼が寂しがっているときを狙って、以前よりも素敵になった自分を見せるようにしましょう。

まずは自分磨きからということを忘れないようにしてください。

「復縁したい元彼に元カノから連絡しない方がいい理由」に関する記事の紹介

復縁したい元彼から連絡きたときどう行動するか? 喧嘩別れした元彼とうまく復縁するには? 元彼と復縁するためのベストなタイミングとは? 復縁したい元彼から告白させる方法とは?