再婚相手を探す方法で効率が良いやり方とは?

効率よく再婚相手を探す方法とは

条件付きの婚活パーティーに参加

再婚を希望する方の多くは婚活パーティーなどに参加している事が多いのですが、この場合は条件付きのパーティーに参加した方が効率は良いとされており、自分が希望する第一条件に合わせたパーティーに参加します。

例えば年齢が第一条件であるならば年齢で限定されたパーティーを選べば良いですし、職種や年収などでも限定されたパーティーは多く、自分が重視している条件で限定されていれば一般的なパーティーよりも遥かに効率的に出会う事が可能です。

というのも、一般的なパーティーの場合は参加者も多いのですがその中に第一条件を満たしている相手がいない事もありますので、最初からその条件をクリアした方のみが参加できるパーティーを利用するメリットは大きいと言えます。

ただ、このようなパーティーは参加者が少なく競争率が高くなる傾向が見られる事から、それなりの準備をして臨む事が大事です。

複数の婚活サイトに登録

婚活の一環として婚活サイトに登録する事は一般的ですが、ほとんどの方は一つのサイトだけ登録しており、これだとあまり効率的とは言えなくなっています。

なぜならば、一つの婚活サイトではパーティーの開催数なども限られていますし、仕事の関係でそのパーティーに参加できない事もありますので、せっかくの時間が無駄になってしまうのです。

したがって、一つだけではなく複数のサイトに登録しておき、自分の都合に良い時間で参加できるパーティーの選択肢を増やしておく事が重要であり、こうする事で限られた時間を有効に使う事ができます。

なお、婚活サイトと言う物は複数登録しても何らかのペナルティが課されることはなく基本的に自由に使う事ができますが、スケジューリングはしっかり行わないと日付や場所を間違えてしまう可能性が高いです。

友人や家族からの紹介

友人や家族にお願いして紹介してもらうのもよく見られる出会い方でありますが、この方法が効率的とされているのは自分の希望した相手が紹介されるという点になります。

例えば年齢や容姿、職種や家族構成など再婚相手に希望する条件は人それぞれであり、まずはその条件に合った相手を探す事から始まりますが、友人や家族に頼んだ場合はその条件に合った相手以外は紹介されませんので効率的です。

また、より細かな条件を出せるというのも友人や家族に頼んだ場合のメリットになっており、この場合は結婚相談所などでは対応できないような小さな条件まで伝える事ができます。

その為、自分が理想としている相手と出会える可能性がありその点が最も魅力的ではありますが、あまりにも条件が細かすぎると全く紹介されないというケースも考えられます。

SNSでオフ会を開く

趣味や気が合う人とは、結婚しても長く一緒に居やすいでしょう。

そのため、結婚相手を探す時点で、趣味が合う人を探しておく方が良いでしょう。

その時に便利なのが、Facebookを利用して、自分に合った趣味のオフ会に参加する方法です。

Facebookなら、相手が既婚か独身かも前もってわかりますので、より効率的に再婚相手を見つけることができます。

また、最近は〇〇部なども様々な地域で開催されているため、どんな趣味を持つ人でも、大体仲間を見つけることができるのも特徴です。

それでも仲間が見つからない人は、Twitterを利用するのが良いでしょう。

趣味についてつぶやくアカウントを作って、似た趣味の人をフォローすることで、簡単に共通の趣味を持った知り合いを作ることができます。

マッチングアプリで探す

こちらは、マッチングアプリですが、登録者が多く、また、GPS機能を備えているため、近くに住む人とマッチングします。

そのため、FacebookなどのSNSよりも効率的に、「会える相手」をお勧めしてくれるため、より再婚相手を見つけやすくなります。

また、このアプリでは、多くのユーザーが学歴や年収を登録しており、玉の輿に乗りたいという人にもおすすめのアプリです。

また、お互いが承認しないとメッセージのやり取りもできないため、安全性についてもある程度保証されているアプリです。

まずは、二人で会話をして打ち解けるところから、じっくりと時間をかけて進めるのもこのアプリの良さと言えるでしょう。

ただし、体目当てのユーザーも多いため、その点には注意が必要と言えます。

自分の体は自分で守るという気持ちが大切でしょう。

同窓会を開く

やはり、同年代かつ、比較的生きてきた世界が同じ人たちと一気に集まれる機会として、最も簡単なものは同窓会だといえるでしょう。

あなたが離婚してしまったのなら、他の同級生にも、同じように離婚した人はいるでしょうし、まだ独身という同級生ももちろんいるでしょう。

元々気心の知れた友だちであれば、結婚後にうまくいく確率も高いですよね。

また、恋愛感情に発展するまでのハードルも低いでしょう。

仮に、大学生時代や高校生時代にはそんなに魅力的には見えていなかった同級生も、今見てみれば、大人の魅力を漂わせていてひとめぼれなんてこともあるかもしれません。

お互いに既に素性を知っている相手と会うため、他の方法よりも危険性が少なくといえます。

そして、効率的であるというのもこの方法の良さの一つと言えるでしょう。