重い女の9つの特徴と重い女にならないためには?

重い女の9つの特徴と重い女にならないためには?

重い女とは、その行動や態度、言葉が常識の範囲を超えて過剰であり、相手が負担を感じるような女性のことです。

相手に全く好意を持たれていないのに、ついつい色々とやりすぎてしまうのは重い女の典型例でしょう。

残念ながら重い女性を好きと言う男性は大変少ないです。

その理由はこれからご紹介する重い女の特徴を見れば納得するはずです。

また、「自分は重い女かもしれない」と感じている人には重い女の治し方などについても紹介していますので、是非参考にしてみてください。

以下の記事では軽い女について触れていますので、正反対の特徴を呼んで比較してみましょう。

軽い女の特徴・見分け方と軽い女をやめたい人がやるべきこととは?

重い女の特徴とは

結婚に関する話をよくする

男性と女性とでは、結婚に対する意識が違います。

女性に比べ、男性のほうが結婚に対する意識が希薄で、交際中の彼女との結婚をまったく考えていないケースが少なくありません。

そういう男性にとって「重い」と感じる女の特徴は、「結婚に関する話をよくする」ということでしょう。

たとえば、デート中に、結婚した有名人の話題を出して、「あの二人、ほんとにお似合いのカップルだよね。幸せになってほしいな」といった話をするのです。

もちろん、単なる芸能ネタの話題として話をするケースもありますが、そこには「私もあんなふうに結婚して幸せになりたい」という意味が含まれることが少なくありません。

そのほかにも、結婚した友人の披露宴の話を長々としたり、「私って、子どもが大好き」などと言って、「結婚したらよい母親になれるアピール」をすることもよくあります。

彼女との結婚を意識していない男性は、そのような結婚したいアピールをされると、「重い」と感じてしまうわけです。

嫁さん気取りで家に来て世話を焼きたがる

母性本能が強いために、つきあっている彼氏の世話を焼きたがる女性が少なくありません。

特に家事をすることが好きで得意な女性は、彼氏の家に行って、掃除や洗濯、整理整頓など、細かく世話を焼こうとすることがよくあります。

めんどくさがりで、家事をほとんどしないタイプの男性にとって、それはうれしいことに違いありません。

しかし、彼女がしょっちゅう家に来ては、まるでお嫁さんのように世話を焼かれると、男性は「重い」と感じてしまうのです。

そこには、「なんだか嫁さん気取りだけど、まだ結婚したわけでもないし、そんなつもりもないから迷惑」という心理があると考えていいでしょう。

彼女に身の回りの世話を焼いてもらうこと自体はうれしく感じたとしても、それもあまりに過度になり、子どもの世話をする母親のような態度を取られると、男性は「重い」と感じることが少なくありません。

やたらと愛情を確認したがる

男性に重たい女だと思われる女性は、やたらと自分への愛情を確認したがる女性です。

付き合っていても、常に男性に自分のことを好きかと尋ね、納得のいく返事が返ってくるまで、しつこく確認したがるのが特徴です。

いつも自分のことを好きだと言ってくれないと納得しないため、男性からするとそんな女性は、重たい女以外の何物でもなくなってしまうのです。

男性にいつも自分への愛情を確認していないと不安で仕方がなく、反対に自分も男性への愛情を常に口にしないと、不安を感じてしまいます。

愛情表現をしつこく口にされることで、男性は次第にそんな女性を疎ましく思うようになっていきます。

硬派な男性ほど、いちいち愛情確認されることを嫌がるため、そのような男性と付き合うと次第に関係がギクシャクして、うまくいかなくなってしまうのです。

束縛したがる

男性の行動をいちいちチェックし、束縛したがる女性は、男性から見ると典型的な重たい女性です。

仕事中でも男友達と遊んでいても、常に自分の行動をチェックされることに男性は嫌気がさし、そんな女性のことを重たい女だと思ってしまいます。

男性が今何をしているのかを、しっかり把握していないと不安になるため、いつも男性に連絡をとって行動をチェックしたがります。

連絡がとれなかったり、何をしているのかわからないとムキになり、何が何でも行動を把握しようとしたり、家まで押しかけてきたりするのが重たい女性の特徴です。

束縛を嫌がる男性ほど、そんな女性のことも嫌がるようになり、次第に付き合いもうまくいかなくなります。

男性を束縛したがる女性ほど、自分が束縛されることは嫌がり、勝手な女性にも見えてしまうのです。

激しく嫉妬する

やきもち焼きで、激しく嫉妬する女性ほど、男性から見ると重たい女性です。

女友達と連絡を取っていたり、話をしているだけで嫉妬し、その感情を露わにします。

最初はそんな姿がかわいく見えたりもしますが、嫉妬する頻度や表現方法が限度を超えてくることで、男性はそんな女性のことを重たく感じるようになっていくのです。

男性のことを好きであるがゆえの感情であっても、男性からすると自分の気持ちを一方的に押し付けている姿でしかないため、次第に嫌気がさすようになってきます。

何でもない女性との関係を浮気と疑ってみたり、街ですれ違った女性を見ただけで嫉妬してみたり、男性からするとうんざりする態度であることに、なかなか気づきません。

いつも嫉妬し、感情をそのままストレートにぶつけすぎるため、重たい女性だと思われてしまうのです。

嫉妬深い人とは|男女の特徴・原因と嫉妬しない方法を解説

常にデートの別れ際に「帰りたくない」と駄々をこねる

ラブラブの恋人同士にとって、楽しいデートの別れ際というものは、名残惜しいものでしょう。

いっしょに同棲しているケースを例外として、デートには必ず別れるシーンが訪れます。

そんなときに、お互いに名残を惜しむというのは、自然な人間心理です。

しかし、それも程度問題。

いつもいつも、デートの別れ際になると、「まだ帰りたくない。いっしょにいたい。もっといっしょにいて」と駄々をこねられると、男性は「重い女」と感じてしまうのです。

交際してもうかなりの時間がたっていて、すでにそれほどラブラブというわけでもない状態になっているときに、そういう態度を取られると、嫌悪感を抱く男性が少なくありません。

デートそのものは楽しくても、「家に帰って一人の時間を楽しみたい」と思っているケースもあるでしょう。

そんな時に彼女が「帰りたくない」と駄々をこねると、「重い」と感じるわけです。

重い女のLINEやメールの特徴とは

LINEのアイコンを頻繁に変える

重い女は、LINEのアイコンを頻繁に変えるという特徴を持っています。

重い女は、些細なことですぐに悩んでしまうのですが、なかなか気軽に人に相談できず思い悩んでしまいます。

その結果、誰もの目に入りやすいLINEのアイコンを変えることで、自分の心境の変化や悩みに気付いてもらいたいと考えるのです。

その傾向がひどい女になると、アイコン自体に「悩み中」「誰か聞いて」「暇な人募集」などのメッセージを入れます。

暗い画像やホラー系のアイコンにして、自分が病んでいるアピールをしてくる場合もあります。

そんな面倒なアピールをされると、普通の人は余計に関りたくないと感じて、「何か奇妙なアイコンにしているな」と思いながらスルーするものです。

しかし、重い女は自分のアピールがまだ足らないのかもと悪い風に解釈してしまい、さらにアイコンを変える頻度を上げていくのです。

長文が多い

重い女のLINEやメールの特徴として、やたらと長文を送ってくるというのがあります。

普通の人なら「久しぶり。今度〇〇さんに会いに行かない?」と一行程度で済むような内容でも、重い女は「しばらく会ってないけど元気ですか?前会ったのは3か月前かな。たしか〇〇ちゃんの送別会だったよね。あの時は私は飲みすぎてしまって、迷惑をかけたよね。本当にごめんね…」と長い前置きが続き、それからやっと「〇〇さんに会いに行かない?」と本題が始まります。

その後も、「一応〇日の〇時あたりが、都合がいいかなと思うんだけど、〇〇ちゃんの仕事が終わるのは〇時だから。でも都合が悪かったら変更できるから、その場合は候補としては〇日の〇時、その次は〇日の…」と、1度のLINEやメールに、読む方が疲れるほどの情報を入れ込んできます。

重い女は基本的に考えすぎる特徴を持っているので、あの場合はこうしよう、この場合はこうした方がいいはずと、考えすぎてしまいついつい長文を送り付けてくるのです。

返信の催促をする

重い女のメールやLINEの特徴として、こちらが忙しくて返信をせずにいると、向こうから返信を催促するような内容を送ってきます。

例えば、重い女から「〇〇さん、来週の土曜に以前話していたカフェに行きませんか?」とお誘いメールが来たとします。

面倒だったり、忙しかったりで、うっかり返信を忘れて放置していると、「返信が無いのは、私のことを嫌っているからですか?」「もしかして来週の土曜は都合が悪かったのでしょうか?」「嫌なら嫌とハッキリ言ってください。メールを無視するなんてひどいですよ」と立て続けに一方的なメールが送られてきます。

重い女は、基本的に自己中心的な考え方をするので、相手が今忙しいかもしれない、都合が悪いかもしれないと考えません。

メールを送った瞬間から、返信が来ることしか考えられなくなるので「今自分がメールをしたのだから、すぐに返事がこないとおかしい」「最低でも〇時までに返事がないなんて、返信したくないからだ」と、どんどん妄想を膨らましていくのです。

その結果、重い女は相手の返信を待たずに、返信を催促するような内容を立て続けに送ってくるのです。

自分の行動を細かく報告してくる

1日のうちに何度も来るLINE。

『今学校に着いたよ。』

『今日はランチパスタにしたんだ。』

思わずツイッターか?と突っ込みを入れたくなるような報告メールの数々。

自分のことを知って欲しい、というアピールなのか。

ただ報告することで自己満足をしているのか。

はたまた構ってちゃんなのか。

その心理はなかなか理解し難いものです。

送られる方は、何度もなる通知音にイライラしてしまいますよね。

読んだところで、正直返事にも困ってしまいます。

『そうなんだー。』

『良かったね。』

なんて、ありきたりな返信しかしようがありません。

こんなことが毎日続けばウンザリ。

重い女確定ですよね。

相手のことを考えてないのが丸わかりな感じの内容。

友達であっても、恋人であっても勘弁して欲しいです。

迷惑行為でしかありません。

勝手な思い込みからの謝罪の連絡

普通に楽しく遊んで帰ってきたところで届いたメール。

『今日は付き合わせちゃってゴメンね。

忙しいのは知ってるから、あまり誘わないようにするね。』

え?なんで謝るの?ってなりますよね。

忙しいけど、時間が作れたから一緒に遊んだのに。

楽しい時間だったのに。

重い女は勝手に悪い方へと妄想することがあります。

私が無理を言ったから遊んでくれた。

忙しいから本当は休みたかったのかも。

もうあまりワガママ言わないようにしないといけないな。

何か文句を言ったわけでもないのに、一人で悪い方にばかり考えて、あげく謝らないと!とメールをしてきたわけです。

そんな思い込みで謝られても、対処に困ってしまいますよね。

そんなことないよ、と否定してみても、思い込みが強いですから素直に受け入れてはくれません。

面倒臭いな、と思われてしまう重い女のやりがちなことです。

未来の話をやたらしてくる

付き合ってる間柄の場合なら、ある程度未来の話をすることもあるでしょう。

それでも、お互いに将来を見据えた付き合いをしていれば、の話です。

重い女の場合は、付き合いが浅くても、ましてや付き合いすら始まってなくても、未来の話をします。

しかもたまに、ではなく、かなり頻繁にです。

『◯歳までには結婚したいんだよね。』

『子供欲しいなぁ。

女の子がいい?男の子がいいかなぁ。』

ふいにそんなメールをしてくるのも珍しくありません。

相手との関係がどんな関係であっても、やたら未来の話を語られるのはちょっと‥と思いますよね。

ましてや恋人関係であるなら余計に、急かされてるような、なんとも言えない気持ちに距離を置きたくなります。

まだ付き合っていない場合なら、付き合ってしまったら結婚させられるの?と、身構えてしまうでしょう。

未来を語るな!とは言いませんが、せめて会った時に、そんな話題が出た時くらいにして欲しいものです。

重い女にならないために注意するべきこと

相手の世話を焼きすぎない

好きな相手に常に関心を向けておきたいのはわかるのですが、何でもかんでも干渉しようとすると面倒がられてしまいます。

世話焼き女房気取りでやること成すことすぐに口出しをしてくる、相手が頼んでもいないのに何かを手伝おうを手出ししてくる、これでは鬱陶しいと思われて当然です。

重たい女は「相手のため」ということを盾にして、自分のやっていることが相手の役に立つはずだと信じて親切を押し付けてきます。

そうならないように、求められていること以上のことはあれもこれもと相手に関わることは避けるべきです。

確かに男性は母親のように世話を焼く女性に対してトキメキを感じることもありますが、度が過ぎると途端に重たいと思われてしまいますから注意してください。

何事も適度に、この心がけが非常に重要です。

感情的になりすぎない

喜怒哀楽がはっきりとしている女性はとても魅力的ですが、負の感情までストレートに人にぶつけてしまうと、ぶつけれた相手は重たく感じてしまいます。

付き合っている相手が素っ気なかったり、送ったメールがなかなか返ってこなかったりすれば確かに不安でしょうが、その不安を何故?どうして?と泣き喚いたり責めるようなことをしてしまうと、女性のそうした部分が嫌だと感じて恋人を失ってしまいかねないでしょう。

冷静に話し合えない、説明をしようと思っても耳を貸してくれない、自分の感情にばかり左右されやすいタイプは扱いが難しいと思われてしまうのです。

怒ったり泣いたりしたい時には、人にそれを見せる前に自分である程度整理しておけるように、精神的に大人になる必要があります。

感情が溢れてきたら紙に書き出してみたり、別の方法で発露できるように解消方法を探してください。

恋愛する度に依存しすぎない

どんな時にも恋愛第一に考えてしまう女性は、大抵重たすぎる気持ちを抱えて敬遠されてしまいます。

依存気味にしまっていて常に恋をしていたい、恋人がいない状況が耐えられないと考えてしまうので、彼氏に対して執着心を見せてしまうからこそ重たがられてしまうのです。

何をするにしても恋愛に結びつけたり、行動の動機も恋愛絡み、これでは女性に想われている相手も疲れてしまいます。

恋愛感情に左右をされてしまわないように、しっかりとした価値観を確立することが大切です。

仕事に趣味にいろいろなことを頑張ってさまざまな角度で物事を判断し、いろいろなものにやりがいを見出して、その中の一つとして恋愛を楽しめるようになりましょう。

恋をしたら仕事が疎かになる、彼とのいざこざで私生活が疎かになってしまう、そうした女性は嫌われてしまいます。

重い女の治し方とは

自分の時間を楽しめるくらいの心の余裕を持つ

重い女性は、誰かと一緒じゃなきゃ満たされないといった特徴を持っています。

いわゆる寂しがり体質です。

寂しいからと言って相手の都合もお構いなしで「寂しいから会いたいから会って」と伝えては相手に「重くて面倒な女だな」と思われても仕方ありません。

重い女を治すためには、自分の時間を楽しめるくらいの心の余裕を持ちましょう。

初めのうちは、寂しさからスマホを握りしめてすぐにでも連絡したくなってしまいますが、その手をグっと抑えます。

そして、自分が好きなことやしたいこと、楽しいことを見つけ、自分の時間を楽しみます。

趣味を見つけることがおすすめです。

趣味の時間や自分にとって楽しい時間を過ごすことで、誰かと一緒じゃなきゃ満たされなかった気持ちがなくなり、自然に心にも余裕が生まれます。

相手のためにと一生懸命になり過ぎない

相手のためにと一生懸命になり過ぎている人が「重いな」と思われる女性の特徴です。

相手が喜ぶだろうと毎回プレゼントを用意したり、手料理を作ってきたりと相手のためにと必死です。

本当に相手が喜んでいることならいいのですが、相手が「重いな」と感じているということは相手が喜んでいないという証です。

相手のためにと必死になってやっていることが、もはや自己満足の世界になってしまっています。

人を思いやることはとてもいいことなのですが、何でもやり過ぎはよくありません。

例えば、誕生日だけサプライズで手料理をふるまうなどして、小出しに相手に対する思いやりの気持ちを伝えましょう。

相手が本当に喜ぶことをここぞという時にだけ行うようにし、相手が嫌がる重い女を治しましょう。

同性の友達をもっと大切にする

重たい女性は恋愛のことばかり考えていて彼氏第一主義は当然、彼氏以外のことに目に入らなくなりがちな視野の狭さが問題です。

確かに好きな人のことをずっと思っていたい、何よりも優先したいという気持ちはわかりますが、重たい女性はそのことで他の人間関係が疎かになってしまいがちになります。

もっと同性の友達を大切にして、彼氏以外の人達にも愛情を注ぐようにしてください。

彼氏のことを友達に話すのもいいですし、友達の彼氏の話を聞くのも楽しいでしょう。

悩みがあれば聞いてもらうことでスッキリできます。

彼氏ばかりを構っていれば疎遠になってしまいがちな女友達との友情を、もっと重要視してください。

同性だからこそわかってもらえることがありますし、友達を大切にできない人は彼氏にも愛想を尽かされてしまいます。

将来のことは焦らない

多くの男性にとっては、彼女との結婚話や将来設計の話は非常に重たいものです。

いろいろな責任と覚悟が伴うものですから、彼女からいろいろと口に出されるたびにプレッシャーがかかってしまいます。

大好きな彼氏と家庭を持つことを夢見ることは素敵なのですが、あまり将来のことを会話に出さないようにすることで重たい女だと思われることが避けられますし、女性自身も焦らずにのんびり考えられるように心がけることが大切です。

お付き合いを続けていく中でそういった雰囲気になったら自然に将来のことが会話に混ざってくるでしょうし、それまではあまり相手にどうするの?と聞くばかりでは引かれてしまいます。

軽い気持ちで聞いたことでも、それを耳にした男性は重要な事柄であると受け取るのが結婚話です。

デリケートな問題だからこそ、重たいと思われないように急かさないでください。

連絡の頻度を控えめにする

重たい女性は大抵の場合、彼氏への連絡が非常にこまめです。

離れている時には相手がどうしているのか気になって仕方がないので、特別な用事もないのにメールやラインを送って世間話をしようとしますし、電話を掛けます。

そこで相手が素っ気なかったり会話が続かないようであれば、迷惑だったのではないかと心配になってやはり後からメールを送るのです。

正直、用件がないのに何度も来る女性からの連絡の対応はかなり面倒に感じます。

頻繁では束縛されているように思いますし、監視されているようで窮屈です。

連絡は頻度を考えて、受けた人がどう感じるのか、まず第一に相手の都合を考慮してから行うようにしてください。

重たい女性はいわゆる構ってちゃんタイプが多いのも特徴です。

構われているうちが花ですが、面倒くさがられたら一気に捨てられてしまいますので注意しましょう。

重い女かどうかチェックしよう

いかがでしょうか。

重い女になっても得することはあまりありません。

なかには、重い女性を可愛いと感じる男性もいるかもしれませんが、それはあくまでも付き合う前の話です。

実際に付き合ってみたら、そんな重い彼女とは別れたいとすぐに思う男性が後を絶ちません。

このように考えても、重い女から改善したほうが、より充実した生活を送れることでしょう。

そのためにまずは自分自身が重い女かどうかチェックし、もし当てはまるのであれば自覚をするようにしましょう。

自覚することで自分の行動に意識がいきます。

「やりすぎかな?」と思ったらすぐにストップするように意識が働くはずです。

最初はコントロールが難しいかもしれませんが、自覚をし意識した行動をとることで次第に無意識でもできるようになるのです。

この方法が最も効果的なのでぜひとも試してみてください。