男性が思う「結婚したい女性」と「彼女にしたい女性」の特徴的な違いとは?

男性の「結婚したい女性」と「彼女にしたい女性」の特徴的な違い

男性には「結婚したい女性と」と「付き合いたい女性」の条件の違いが明確にあります。

女性はその違いについてあまり納得できないのですが、多くの男性が恋愛と結婚を分けて考えているのです。ではどのような違いがあるのか気になりますよね。

今回は男性が思う「結婚したい女性」と「彼女にしたい」、「付き合いたい女性」の違いについて紹介していますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

あなたに好きな人ができたときに活用できるかもしれませんよ。

そして結婚したい彼女と結婚したくない彼女にも大きな違いがあるので、それについてもご紹介します。

男性が思う結婚したい女性と彼女にしたい女性の特徴的な違いとは

家庭的な女性かどうか

多くの男性は結婚する相手に、家庭的なことを求めます。

しかし、とりあえず付き合うだけの女性には、見た目の美しさやノリの良さ、今一緒にいて楽しいかを求めがちです。

どんなに一緒にいて楽しい女性だったとしても、結婚相手として考えた時に家事がダメ、服装が派手、言葉遣いが悪いなど、家庭的とは言えない特徴があると男性は結婚を決断できません。

長年付き合っていて、良い関係を築いているはずなのに、男性から結婚の話題が出てこない、そんな時は女性と結婚した時の生活に男性が不安を感じている可能性があります。

男性の中には、結婚相手の女性に自分の母親並みの家庭的さを求める場合もあります。

その場合、結婚するとなると、今まで付き合ってきた女性とは見た目のタイプが全く違う、家庭的かどうかだけで結婚相手の女性を選ぶことさえあります。

金銭感覚がおかしくないかどうか

男性は付き合う女性が、少しぐらい金遣いが荒くても気にしません。

自分にお金を借りるようになると付き合い自体を考える男性は多いですが、女性が自分自身の収入で高価な買い物をする分は問題ないと考える男性は多いです。

また少しぐらいわがままを言って、高価な物をねだる女性のことをかわいいと思う男性も少なくありません。

しかし、自分の結婚相手として考えるとなると、男性は女性の金銭感覚に対して厳しい目を持ちます。

なぜなら多くの家庭では、男性ではなく女性が家庭のお金を管理することが多いからです。

そのため、一家の家計を任せる女性に対して、どうしてもまともな金銭感覚を持っていて欲しいと考えてしまうのです。

このように付き合うだけの相手の金銭感覚には、何も思わなかった男性でも、結婚相手となる女性の金銭感覚には厳しくなるのは当然とも言えます。

頭が良い女性か悪い女性か

男性の多くは、常に自分が女性より優位に立っていたいので「すごい」「頭がいいんだね」などと褒めてくれる女性を好みます。

そのため、少しぐらい頭の悪い女性でも、見た目が好みなら付き合いたいと思う男性はいくらでもいます。

しかし、結婚相手の女性として考えるとなると、男性は女性にも知性を求めます。

なぜなら、結婚して家庭を築いていく上で、パートナーとなる女性があまりにも頭が悪く頼りがないと、結婚生活に不安を感じてしまうからです。

なにかトラブルが起きた時でも、妻に任せることが不安だと、何でもかんでも自分が出張る必要がでてきてしまいます。

さらに子供ができた時に、勉強や一般常識を満足に教えることができない可能性もあります。

男性は自分の家庭が、より安心できて安定できる場になるためにも、結婚相手の知性を重要視するのです。

一緒にいて安定感があるかどうか

恋愛をするときは、一緒にいてドキドキする気持ちを優先しがちです。

付き合っている彼女に対しては、強い刺激を求める男性は、非常に多いと言えるでしょう。

ドラマチックな出会いをして、ケンカをしたり、嫉妬をしたりして、気持ちの盛り上がりを楽しむ傾向にあります。

一方で、結婚をするということは、それから先の長い人生を、共に歩む決意をしたということ。

不安定で上下の激しい関係では、お互いに疲弊してしまい、将来性の高い家庭を築くのは困難です。

そのため、彼女ではなく結婚相手を選ぶとき、安定感のある相手を求めやすいです。

長時間一緒にいても、リラックスできる関係性であれば、人生のパートナーに相応しいと考えるのです。

衝突がなるべく少なく、自然なスタイルで共に過ごせる相手であれば、良い結婚生活を送れると感じるのです。

世間体が良い女性かどうか

自分にとって魅力的であれば、彼女の世間体はあまり気にならないものです。

しかし、結婚相手となれば、話は別です。

男女二人の関係だけではなく、家と家の繋がりということにもなって来ます。

両親や親戚を納得させ、祝福された結婚生活にするためには、世間体が悪い女性は避けられやすくなってしまうのです。

離婚歴があったり、子どもがいたりすると、世間体が悪いとみなされやすいです。

年収や職業、学歴や家柄など、様々な点から判断されます。

男性にとって、結婚は本人の社会性を示す重要なポイントとなることも珍しくありません。

結婚をしていることによって、責任感のある仕事を任せてもらえる場合もあるでしょう。

家族ぐるみで仕事の付き合いをすることもありますし、結婚式に職場の上司や同僚を招待する人も多いです。

他人に紹介しにくい世間体の女性は、結婚相手にはなりにくいというわけです。

将来など計画性のある女性かどうか

計画性があり、長い目を持って将来のことを考えられる女性は、結婚相手として人気が高いです。

彼女の場合、この要素は必ずしも必要なものではありません。

むしろ、今を全力で楽しめるような生き方の女性の方が、より充実した気持ちを味わわせてくれるので、求められやすいと言えるでしょう。

しかし、結婚生活とは、基本的に長くずっと続いていくものです。

お互いの給与、貯金、生活費などを計画的に考え、時には何かを切り詰めたり、我慢をしたりしながら、安定した毎日を送る努力が必要です。

家のローンや、子どもの教育費、両親の介護などが必要になってくる場合もあるでしょう。

例えその場を楽しむ能力に長けていても、長期的な視野を持てない女性では、結婚相手にはなれないことが多いです。

少々地味な生活になっても、堅実なライフプランを構築できる女性であれば、結婚相手になれるのです。

包容力があるかないか

結婚相手に包容力を求めるのは、女性だけとは限りません。

男性も結婚する女性に、できることなら包容力があって欲しいと思うものです。

女性に弱いところを見せたくないと思う男性が多いことは事実ですが、人間誰しも心が折れ、激しく落ち込む経験をしてしまいます。

そんな時にこそ、大きな心と包み込むような優しさで、自分を見守り励ましてくれたら、どんなにありがたいことでしょう。

付き合うだけの彼女でも、自分が落ち込んでいる時には精一杯励ましてくれるかもしれません。

ですが、結婚してからの男性は、家族を養い守っていくという大義を担うこととなります。

ただ付き合っているだけの彼女以上に、結婚した男性の立場と責任をわかってくれて、自分をしっかり支えてくれる包容力がある女性と、結婚したいと男性は考えるのです。

結婚した男性が抱え込むすべての責任をしっかり理解し、その重責を一緒に支えてくれるだけの包容力があるかないかが、結婚したい女性に求められる条件の1つとなるのです。

優しくて穏やかな女性かどうか

結婚となると優しくて穏やか性格のよい女性と結婚したいという願望がありますが、お付き合いということであればきれいで美人でスタイルの良い女性を選びたくなります。

もちろん理想はその両方を持つ女性ですが、見つけることは簡単ではありませんし、そんな欲を出していては一生独身になってしまうかもしれません。

結婚は一生であり、毎日一緒に生活することになることを考えると、優しくて緊張することがなく自分を出せる雰囲気になれる優しい女性に魅力を感じます。

ですがお付き合いということであればかわいくてきれいで美人の女性と遊んでみたいし、そんな女性とデートをする優越感に浸ってみたいという気持ちになります。

きれいでも性格があまり良くない女性もいますので、そのような女性とは結婚相手になる人というよりも、あくまでお付き合い程度ができれば十分という感じになりやすいのです。

尽くしてくれるかどうか

結婚という生涯の結びつきの関係になる相手というのは、夫に尽くしてくれて自分をサポートしてくれる、苦しい時でも味方をしてくれる女性を好むものですが、お付き合いということであれば、一時の欲求を満たしてくれるような色っぽさのある女性に恋したくなってしまいます。

グラマーで女の色気が強く抱いたらどんなに気持ちがいいだろうという感じがするような女性とお付き合いをしたい願望を持ってしまうものです。

ですがそのような女性は浮気をしやすいかもしれずいつも不安を抱えることになりかねません。

結婚相手ということになると生涯のことになるので、自分に尽くしてくれる、自分に一途になってくれる女性に魅力を感じるものであり、そのように内面が良く夫を支えるのが務めと思ってくれる女性に惹かれるものです。

尽くす女の心理とは?行動・見分け方・落とす方法をご紹介!

男性が思う結婚したい彼女と結婚したくない彼女の違いとは

男性には「結婚したい彼女」と「結婚したくない彼女」の2パターンに分かれるケースがたくさんあります。

ふとした瞬間に、「この人と結婚したいな」と思わせるような彼女と、「この人とは結婚したくないけどとりあえず付き合っておこう」と思われる彼女には一体何が違うのか気になりますよね。

女性は意外とこういった男性心理について鈍感な部分があります。

女性の考え方をそのまま男性に当てはめてしまっていることが多々あり、これは非常に危険といってもいいでしょう。

なぜなら彼女としては良かれと思ってやっていること、そしてそれがいずれ結婚に繋がると思っていることが全く正反対の効果になってしまっている可能性もあるからです。

以下では男性の「結婚したい彼女」と「結婚したくない彼女」の違いについてご紹介します。

理性的な話し合いが出来るかどうか

どんなに仲が良いカップルでも、意見が対立し、ケンカをしてしまうことはあるでしょう。

そんなとき、理性的な話し合いが立ち行かず、すぐにヒステリーになってしまう女性は、結婚したくないと思われやすいです。

喜怒哀楽がはっきりしていて、感情表現が豊かである女性は、素直で好感も持たれやすいですが、それに振り回されてしまうとなると話は別です。

結婚をして、将来に向けての重要な話し合いをするときも、冷静な意見の交換が出来ず、すぐに怒ったり、泣いたりする女性とは、長い人生を共にする自信がなくなってしまうでしょう。

ただでさえ男性の多くは、女性の感情の起伏についていけない傾向にあります。

すぐに声を荒げる、電話やメールでの落ち込みが激しい、泣き出すと手が付けられないといった女性は、たとえ普段は仲が良くても、結婚はしたくないと言われやすいです。

精神的に安定感があり、ある程度の感情コントロールが出来る女性ほど、結婚したいと思われます。

ヒステリーな人の特徴とは?原因や付き合い方をご紹介!

依存する彼女かしない彼女か

男性が結婚したくない彼女の特徴に依存する女性があげられます。

付き合っていくうちにだんだんと男性に精神的に依存してしまう女性は多いです。

休日の日に必ずデートをしたがったり彼女を優先にしないといけない連絡はマメに取らなければいけない、するのが当然であると考えている女性とは結婚したいなんて思いません。

このような彼女だと男性の負担が増え付き合っていくうちにだんだんと重く感じます。

結婚するという事はずっと相手と一緒に生活をしていくということです。

このように重く感じる女性とは長く一緒に居たいと思う男性はいません。

結婚したいと思える女性は精神的に依存することもなく、各自の時間を大切にし自分を持った女性です。

お互いに依存するのではなく、支え合える女性と結婚をしたいと感じる男性が多いです。

何事もガサツな彼女かどうか

一緒に生活をしていく上で今まで育った環境が違うので生活態度が違うことは仕方がないです。

しかし彼女の普段の生活の中であまりにもガサツな面が見えてしまうと結婚する気にはなれません。特に彼女の部屋に行った時など、完璧に綺麗にしてあることを求めていなくてもある程度の清潔さは保ってほしいものです。

食べっぱなしのものを部屋のあちこちにおいていたり、服をそのままに脱ぎ散らかしていたりと男性以上にガサツな面が見えてしまうと先の一緒に生活をするということを考えられない男性が多いです。

反対に結婚したい彼女についてはいきなり部屋に行ってもある程度片付いていて生活を共にしても苦にならないような、抜けている面があってもガサツではない女性があげられます。

結婚は普段の生活の積み重ねなので、将来を想像すると嫌になる彼女とは結婚を考えられません。

周囲に気を遣える彼女かどうか

結婚の生活は二人でしていくものですが、実際には義理の両親や友人など他の人との関わり合いが多くなるものです。

男性も結婚する上で自分の両親や友人、会社関係の人など周囲の人々と彼女はうまくやっていけるだろうかをみています。

周囲に気を使える彼女はこのような人間関係も円滑に進めることができ、男性も安心して結婚できます。

しかし自分のことを中心に考えてしまう人、自分のことだけを考えて周囲に気を使えない彼女に関しては結婚を考えると除外されます。

付き合っていくだけなら多少のワガママは可愛く許せるかもしれませんが結婚となると別です。

将来を考えた時に人間関係を築けない人と一緒に居たいと考える人はいません。

男性自身だけではなく周囲との関係を円滑に築ける人が結婚したくなる彼女です。

「結婚したい彼女」と「結婚したくない彼女」の違いは分かりやすい

いかがでしょうか。

やはり結婚を考えるとなると一緒に生活するということなので、お金の感覚であったり、家事についてなどを男性は重要視する傾向があります。

これは当然といえば当然ですよね。

また他にも、男性に結婚を意識させることができる彼女は常日頃から気遣いができるといった特徴を持っていたりするのもとても分かりやすいです。

一緒にいて楽しいだけの彼女であったり、顔が綺麗、スタイルがいいという彼女と、この先ずっと一緒にいて結婚したいかと言われれば、そう思わないのが男性心理と言ってもいいでしょう。

何とも勝手な話ですが、これが男性の一般的な考え方なので、今の彼氏に結婚を意識させたいと思っている彼女であれば、ある程度をこういった事実を頭に入れておくことが必要不可欠になってきます。

女性は男性と一緒にいて楽しんでもらえればそのうち結婚を意識してくれるはずと安易に考えがちなので、女性と男性の心理の違いについて把握しておくようにしましょう。