元彼に復縁したいと思わせるLINEの送り方とは?

元彼に復縁したいと思わせるLINEの送り方とは?

元彼に復縁したいと思わせる方法を知りたいと思っていませんか?

多くの人は直接的にアプローチすることだと思っていますが、これはあまり良くないアピールです。

なぜなら行動によって元彼にますます嫌われてしまうことも少なくないからです。

ベストなのは、LINEで間接的にアプローチすること。

これではあれば復縁できるかどうかの判断も容易ですので、余計にダメージを受けなくて済みます。

そこでここでは、元彼に復縁したいと思わせるLINEの送り方をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

元彼に復縁したいと思わせるLINEの送り方

最初は軽い内容を心がける

一度別れてしまったことは簡単になかったことにはできません。

相手が悪かったのか、自分が悪くて別れてしまったか人によって違いますが、気まずさはあるものです。

でもどうしても彼との復縁を目指すならまず最初に気を付けるのが軽い内容の話からスタートしてしばらくはそれを維持することです。

彼の中にできてしまった心の壁は簡単に崩れるものではないです。

ゆっくりと時間をかけてそれを崩していくのが大切です。

なのでいきなり恋愛の話や相手の心に負担になりそうな話は避けるようにしましょう。

仕事が忙しそうなら仕事の話はあえてしない、聞かないという感じでいることが大事です。

なので何も考えないくらいの話や、彼の好きなものの話くらいをするのが彼も気持ち楽にLINEのやりとりが少しずつ楽しくなります。

いつでも気軽に送っていい雰囲気を作り出す

復縁したくなる女性としてやはり大事なのがいつでもそばにいてくれることです。

もちろんそれは物理的ではなく、気持ち的に寄り添う感じを醸し出します。

愚痴や真剣な話、くだらない話など急にしたくなった時に聴いてくれる相手がいることは非常に大きいことです。

そういう存在になれるとあなたのことがやっぱり大事で、他にはない貴重な存在って思えるようになします。

なのでLINEでどんな話がきてもいつでも聞いてあげて、大した反応ではなくて出来るだけすぐに返事をしてあげるのがいいですし、嫌な雰囲気が出そうな文章や顔文字、絵文字、スタンプは使わずに、いつでもウェルカムって感じで受け止めてあげると非常に彼は嬉しくなり、あなたのことを必要だと再認識してくれます。

返事をめんどくさがらずにできるだけマメに返信し、大げさではない程度の反応をいつでも見せてあげましょう。

一緒にいたくなるような写真や文章をたまに送る

復縁したいのならば彼のペースに合わせる、待つという事は心がけないといけません。

彼が必要とするときに寄り添う事が一番で受け身の姿勢を守ることが大事ですが、たまに自分から話題を発信してみるのは効果的です。

特に、行ってみてよかった場所、きれいな景色、おいしかったものなど、うざくない程度に1枚くらい、長文になりすぎない程度に彼に送ってみましょう。

見せたかったというニュアンスはつけて、彼にアピールするのも月に何回かはありです。

たまにそういうのが来ると、彼は一緒に行ってみたいなとか、一緒に行くと楽しそうだなって想像を掻き立てられます。

そうすることでもしかしたら、彼からお誘いがあるかもしれません。

女性に良く多いのがそういうのを毎日とか何通も連続でしてしまう事で、これは男性は引いてしまうので、2週間に1回程度にするのが効果的です。

身近なことで悩んでいることを伝える

別れてしまったことで、今まで相手に頼っていたことができなくなり、現時点で困っていると言うそぶりを見せる方法があります。

例えば、今までパソコンなどの操作を相手に頼んでいた場合、「今まで頼りっぱなしだったから、パソコンが思うように作業できない」「あの操作ってどうやってやるんだったっけ」と言うように困っている状況を伝えましょう。

やっぱり俺がいないといけないんだなと思ってもらえるとベストです。

頼る内容は何でも良いですが、できるだけ相手が得意なものが良いでしょう。

パソコンなど、直接会ってアドバイスをもらった方が良いものは、会うきっかけもできやすいのでオススメです。

また、相手から一言くらいのアドバイスで終わってしまうような悩みだと、後に続きにくくなるので避けておきましょう。

自分磨きをしている状況を報告する

最近ジムに通っている、料理上手になりたくて料理教室に通い始めたなど、自分のスキルを磨いているような緊張を相手に報告していきましょう。

付き合っていた頃よりも、いい人になっているんだなと言うことを分かってもらえると、もう一度やり直したいなと言う気持ちにさせることができます。

中でも、よくもめてしまったような内容だと効果が増します。

例えば、「部屋の片付けをしてくれないことでよく喧嘩をしていた」と言う場合は、「最近片付けや掃除にはまっていて、お掃除グッズを買い集めている」と言ってみると、以前まで嫌だった相手の部分が改善されたことになります。

それだったらもう一度付き合ってみたいなと考え直してくれるかもしれません。

また、前向きで明るい話題なので、相手も返事をしやすくなると言うメリットもあります。

相手の趣味に関する話題で食いつかせる

相手が好きなアーティストや、アニメなどを知っている場合、それを利用していきます。

こちらがその内容について詳しくない場合は、今すぐ研究をしてみてください。

「あなたが好きだったあのアーティスト、最近私もはまってきた。今度ライブに行こうと思っている」などと伝えると、相手の食いつきは一気に高まるでしょう。

よりを戻すと、今度は同じ趣味を共有できると、プラスに捉えてくれます。

その流れで、「じゃあ今度一緒にライブに行こう」というように、会うきっかけにも役立ちます。

また、そこまでこちらが詳しくない場合は、「もっとその事について知りたいから教えてほしい」といったようなスタンスでも大丈夫です。

ライブなどの活動が行われていない場合は、今までのCDやDVDなどを貸してもらうなどの口実も利用できます。

「元彼に復縁したいと思わせるLINEの送り方」に関する記事の紹介

復縁したい元彼の脈なしサインとは? 復縁したい元彼に元カノから連絡しない方がいい理由とは? 復縁したい元彼から連絡こない理由とその対処法とは?