独りよがりな人の仕事のやり方とは?

独りよがりな人の仕事のやり方

他人からのアドバイスを聞き入れない

絶対的に自分が正しいと思っているので周囲の人からのアドバイスを聞き入れようとしません。

仕事のできる上司は部下の意見にも耳を傾け、良いと思った案は採用するものですが、独りよがりな人はそれができません。

プライドが高く、自分に自信を持っているので他人の意見を聞き入れるという発想がありません。

どんなに指摘されても聞く耳を持ちません。

自分のことを信じて疑わないのです。

「あなたのやり方よりこっちの方法の方が効率が良いから試してみて」とアドバイスされても、「いや自分のやり方の方が効率が良いはずだ」という具合で試そうとしません。

このような人はあまり人に好かれません。

相手にする方も疲れてしまいますし、独りよがりでアドバイスを受け入れない部下は上司からすると、可愛げがないものです。

自分より他人を疑う

新入社員の頃は特に、仕事で製作した資料を提出する時は間違えているかもしれないからチェックしておこう、と入念にチェックします。

しかし独りよがりな人は自分が間違っているなんて疑いもしません。

自分の関わる仕事で何か問題が起きたとしても、まず同僚を疑います。

自分が間違えているはずがないのであいつがミスをしたにちがいない、と。

ミスが発生した時に真っ先に周りを疑いますが、ミスをしたのは自分だったという時もあるでしょう。

人はロボットではありませんから間違えることもあります。

自分に自信があることは悪いことではありませんが根拠のない自信は考えものです。

客観的に物事を考えられる柔軟な人の方が重宝されるものです。

人を疑ってばかりの独りよがりな人は徐々に孤立していく傾向にあります。

気遣いができない

独りよがりな人は自分を中心に考えているので、他人のことを考えません。

自分さえよければそれでいいと思っているので同僚や後輩が困っていても助けようとしません。

それどころか悪気なく人の機嫌を損なうようなことを言ってしまったり、悲しませるようなことを言ってしまったりします。

自分の世界を持っており、自分の世界に住んでいるので、空気を読むということができません。

これは独りよがりな人のかわいそうなところでもあります。

悪気なく、本人の意図せず一人になってしまうのです。

他人に気を遣わないのではなく、気を遣えないのです。

このような人は本人が気がついた時には周りに嫌われており、何か困ったことがあっても誰も手伝ってくれないという状況になりがちです。

人を助けない人は自分が困った時に助けてもらえません。

白か黒かをはっきり決めつけ過ぎる

仕事の分野で白か黒か決めることは良いのですが、そればかりに固執すると融通が利かない人と思われて、独りよがりな仕事の仕方になってしまいます。

どうしても仕事の分野でも、グレーゾーンと呼ばれる白黒決められない出来事は多々ありますが、それを無理に決めようとするのは組織破綻のカギになります。

また、上司や部下が言っていることに対して何でも白か黒かで決めつけてしまうと、扱い辛い人だなと周囲からも思われてしまいます。

さらに、仕事の悩みや相談事に関しても白黒で一刀両断してしまうと、思いやりや配慮に欠けていると思われてしまい、相談事を聞いて貰いたくないなと判断されてしまいます。

その結果、組織の人間からは融通が利かない独りよがり人の仕事のやり方だなと思われてしまい、この人と関わるのは避ける傾向になってしまうでしょう。

数字だけを追い求める

営業等で数字という結果を追い求めるのは非常に良い事ですが、そればかりに固執してしまうとチームワークが取れない独りよがり人の仕事になってしまいます。

人事考課としても高い評価を貰いやすいので、ついついそこの部分を求めようとなりますが、それが行き過ぎると他人を蹴落としてまで数字を取ろうとするので、周囲からは嫌われ者になります。

また、数字を取っている人ほど周囲の人たちに強く噛みつく傾向があり、「自分は結果を残しているから偉いんだ」と強く出る傾向があります。

そうなると、結果を残せない弱者の気持ちを排他的に扱うようになり、他人のことを理解しないワガママな奴だと思われてしまいます。

いくら営業成績が良いとなっても周囲から嫌われる要因を作ってしまうと、何かトラブルが発生したときに誰も助けてもらえなくなり、結果として自分の首を絞める行為に繋がってしまうでしょう。

不満や文句を言いながら仕事をする

誰にだって仕事に対して不満や文句はありますが、それを言いながら仕事をしていると、「この人に何か提案・相談したりアドバイスしたりすると怒ってきそう」と思われてしまいます。

また、不満や文句を言いうとなるとその分だけワガママに吐露していると認識され、相手のことを考えない人と感じ取ってしまうのです。

もちろん誰かしらその人について注意されますが、注意された上塗りでさらに不満や文句を言うようになると、「もう関わるのはよそう」となって避けられるでしょう。

そもそも不満や文句はネガティブな発言なので、どうしても聞いている周囲からは良くないイメージを持たれてしまいがちです。

聞いているこっちも嫌な気分になるので、働いていても気分が悪くなります。

結果としてその人のせいで職場の精神衛生上は悪くなり、「こいつさえいなければ」と思われてしまい、独りよがり人の仕事のやり方となってしまうでしょう。