バレンタインデーでの告白の仕方は?

バレンタインデーでの告白の仕方は?

好きな人が居る女性にとって、「バレンタインデー」という存在には、ついつい心が躍りますよね。

そんなバレンタインデーという特別な日を利用して、「この日に絶対告白する!」と決意している女性も多いのではないでしょうか。

しかし、告白をすると決意したは良いものの、「どんな告白の仕方をしよう?」という事には誰しも悩んでしまうものです。

そこで今回は、「バレンタインデーでの告白の仕方」を7つ紹介します。

バレンタインデーでの告白の仕方

手作りチョコレートを渡して告白する

いつの時代も、バレンタインデーでの王道の告白方法といえば、やはり「手作りチョコレートを渡して告白する」という手段でしょう。

やはり、バレンタインデーという特別な日に告白をする以上、チョコレートを渡す事は欠かせませんよね。

しかし、この方法はどんな男性にも好印象を抱かせると思いきや、「他人の手作りは無理」と感じる男性も存在します。

その為、安易な気持ちで「絶対に手作りする!」と突っ走る事は非常に危険です。

この場合は、前もって相手の男性の「手作りチョコレートに対する価値観」を要チェックし、相手の負担にならない事を理解した上で実行しましょう。

プレゼントを渡す

やはり、「バレンタイン」と聞くと、どうしても「チョコレート」という発想を抱きますよね。

しかし、相手の男性が「甘い物は食べられない」「チョコレートは要らない」と豪語している場合、「物をプレゼントして告白する」という手段もあります。

特に、社会人であればそれなりの収入がある為、ちょっとしたプレゼントをする事で相手に好印象を与える事が出来ます。

男性の中には「チョコレートを貰っても困る」というタイプも多い為、あえて形に残る物を選ぶ事もまた、相手の心を掴みやすい一つの手なのです。

しかし、万が一告白が失敗した場合は、相手が「こんな物を貰っても困る」と負担に感じてしまう為、プレゼント選びには細心の注意が必要です。

また、「好意の無い相手に物を貰っても…」と言う男性も多い為、物を送る場合は自分への脈の有無を要チェックしておきましょう。

サプライズでチョコレートを渡して告白する

こちらは、「バレンタインデーだから」という事はあえて全面に出さず、あえて「普通のデート」として相手をデートに誘う方法です。

例えば、「帰りにご飯食べて行かない?」「暇だからカラオケ付き合って!」など、ちょっとした時間だけでも二人きりになれる空間を用意する事が重要です。

そして、相手に何を伝えるでもなくいつも通り会話を楽しんだ後、サプライズでチョコレートを渡して告白すると、相手は「今!?」と驚きを見せるでしょう。

この場合、相手は誘いを受けた時点で「もしかしてチョコレートくれるのかな?」と多少は期待をしている為、よりサプライズ感を与える事が出来るのです。

相手と普段から仲が良ければ良いほど、このサプライズ作戦が有効です。

帰り道にさりげなく告白する

「デートに誘ったり呼び出す時間がない」という場合は、「帰り道に告白する」という方法もあります。

学校帰りや会社帰りなどに「一緒に帰らない?」と声を掛け、別れ際に勇気を出して告白をしてみるのも一つの手段です。

この方法であれば相手の時間も取らない上、相手にドキドキ感を与える事も出来る為、お互いに時間が取りにくい場合には非常におすすめの方法です。

しかし、この場合は前もって相手の家の方向を把握しておいたり、一緒に帰る事が出来るほどの仲になっておく必要があります。

バレンタインデーに突然「一緒に帰らない?」と声を掛けると相手を驚かせてしまう為、ある程度の段階を踏んでおく事が大切です。

手紙で告白する

「直接告白をするのはやっぱり無理」「二人きりになれる機会が無い」という場合は、「手紙で告白する」という方法も一つの手です。

例えば、相手のロッカーや机にこっそり手紙とチョコレートを忍ばせ、さりげなく直筆での告白をしてみましょう。

この方法の最もたるメリットは、「直筆だからこそのドキドキ感を与える事が出来る」という事です。

やはり、LINEや電話で告白を済ませる人も多い現代で、「手紙での告白」は非常にインパクトが強い為、より特別に映るのです。

その為、「直接告白する勇気が無い」という場合は、なるべくLINEや電話ではなく、直筆での告白を選びましょう。

義理チョコと見せかけて告白する

こちらは「相手と仲が良すぎて親友にも近い」という場合に有効な方法です。

相手とあまりにも仲が良すぎると、「私の事、女だとも思ってなさそう」と感じる事も多いですよね。

だからこそ出来る告白の仕方は、「前もって義理チョコの有無を聞く」という方法です。

気負わず会話を出来る相手だからこそ「義理チョコあげるから!」と高々と宣言しておき、義理チョコと見せかけて本気の告白をしましょう。

この方法であれば、より相手にサプライズ感とドキドキを与える事が出来るでしょう。

バレンタインデーを口実に電話で告白する

「何をどうやってもバレンタインデーの日に会えない」という場合には、「電話で告白する」という最終手段もあります。

やはり、最も良いのは直接顔を見て告白する事ですが、それが叶わない場合には電話が最も有効です。

とは言っても、「普段からあまり電話しないし、気が引ける」という場合もありますよね。

そんな時には、バレンタインデーという存在自体を口実にしてしまいましょう。

例えば、「ちょっと声が聞きたくて」という切り口から「誰かにチョコレート貰った?」と会話を広げ、話題を恋バナに持って行くのです。

その恋バナの流れで自分の気持ちを伝えれば、自然かつ違和感なく告白をする事が出来るでしょう。