社会人が告白する時に良いタイミングは?

社会人が告白する時に良いタイミングは?

「好きな人に告白しよう!」と心に決めた際、どうしても悩んでしまうのが「告白するタイミング」ですよね。

特に、お互い社会人の場合は仕事の都合などもあり、なかなかそのタイミングが掴みづらいものです。

さらには、社会人は学生と違って時間も取りづらい為、告白するタイミングはよく考える必要があります。

そこで今回は、「社会人が告白する時に良いタイミング7選」を紹介します。

社会人が告白する時に良いタイミング

就業時間の終盤、二人きりになった社内

こちらは、「好きな人と同じ会社で働いている」という場合に有効なタイミングです。

お互いに同じフロアや身近な場所で仕事をしていると、偶然二人きりになる機会が稀にありますよね。

「デートに誘いたいが、お互いの都合が合わず、なかなか時間が取れない」という場合は、思い切った「会社での告白」も有りでしょう。

しかし、この場合に重要なのは、「就業時間の終盤である」という事です。

日中に告白をしてしまうと、結果によってはその後の1日が気まずくなってしまう為、遅い時間であるほど相手の負担になりません。

仕事終わりの飲みの席

社会人であれば、仕事終わりの食事は「飲み」になりがちですよね。

特に、お互いが仕事を通じて知り合った場合は、まずは「今度飲みに行きませんか?」と誘う事も多いものです。

「告白」と聞くと、一見「おしゃれなデートスポット」などが思い浮かびますが、BARなどはムードがあり、告白にも有効な場所です。

また、人はお酒が入っている時ほど相手に気を許しやすい傾向にある為、リラックスした状態で告白を切り出す事が出来ます。

そもそも、「飲みの誘いを受けてくれる」という時点で嫌われてはいない為、告白成功の確率はそこそこ高いと言えるでしょう。

二人きりでの帰り道

こちらは、徒歩または自転車通勤の方のみに限りますが、「二人きりでの帰り道に告白する」という方法です。

「好きな人と会社が同じ」というパターンの場合、「一緒に帰りませんか?」という切り口を出す事で、二人きりの時間を作る事が出来るでしょう。

実際に、「帰り道が同じ方向の為、すでに一緒に帰っている」という方も多いのではないでしょうか。

同じ会社で働いている相手に告白をする場合、最も有効なのは「仕事終わり」です。

帰り道であれば、「返事はまた後日でいいから」と言ってその場を切り上げる事が出来る為、気まずい雰囲気になりにくいのです。

デート帰りの車内

こちらは、「休日にデートに誘った際に告白する」という場合に有効なタイミングです。

やはり、社会人のデートの場合、ほとんどが車を使って外出しますよね。

車でのデートでは、必然的に移動中は二人きりの密室となる為、告白にはもって来いのシチュエーションです。

中でも、特におすすめなタイミングは、「デート帰り」です。

それは、デートの最中に告白をしてその告白が失敗に終わった場合、帰り道の車内が最悪なムードになってしまう為です。

そんな事態を避ける為にも、「車内」かつ「デート帰り」という事が非常に大切です。

夕方から夜

告白をする際、実は大切なのが「告白する時間帯」です。

もちろん日中に告白をする事も悪くはありませんが、最も告白が成功しやすいのは「夕方から夜」なのです。

その理由は、「日が落ちて暗くなると共にムードが出る」という事と、「暗い方がドキドキしやすい」という人間の心理がある為です。

確かに、日中に異性をデートをしている際と、深い時間にデートをしている際では、後者の方がドキドキ感が増しますよね。

実際に、「相手に好意がなくとも、夜というだけで雰囲気に飲まれる」という方も居るほど、時間帯というものは重要なのです。

おしゃれなデートに応じてくれた時

こちらは、「すでに何回かデートを重ねている」という場合に有効なタイミングです。

「この日に告白をする!」と心に決めた場合、特に男性は「おしゃれなデート」を提案する傾向にありますよね。

例えば、普通のデートとは一味違ったおしゃれなレストランや、夜景の見えるスポットなど、気合を入れたプランを組む方も多いでしょう。

その際、行き先を明かさずにデートに誘う男性がほとんどですが、「あえてどこに行くか伝えてみる」という事で、相手の女性の反応を見る事が出来ます。

女性たるもの、どうでもいい相手とは、特別なデートスポットに足を運ぼうとは思いません。

その為、明らかに特別感漂うデートの誘いをOKしてくれた場合、相手の女性にもある程度の受け入れ態勢があると言っていいでしょう。

「ただの友達」になる前の段階

告白をするタイミングでも特に重要なのは、「何回目のデートで告白するか」という事です。

学生であれば、まだ初々しい気持ちが残っている為、どうしても異性の前では身構えてしまう事も多かったですよね。

しかし、日々人との出会いを繰り返す社会人の場合、知り合った異性とすぐに友達になる事も容易いものです。

その為、社会人が告白する際に重要なのは、「ただの友達と認定されてしまう前」です。

何度も何度も無駄にデートを重ねてしまっては、相手は自分の事を「ただの気が合う友達」として認定し、特別な感情を持たれる確率が下がってしまいます。

特に、女性というものは「いつまでも告白してこない男性」を嫌う為、社会人の告白は早ければ早いほどいいのです。

中でも最もポピュラーなタイミングは、「3回目のデート」です。

3回もデートに応じてくれている事や、お互いに心を開き始めているタイミングである事を踏まえると、それ以上ダラダラとした関係を続ける事はあまりおすすめ出来ないと言えます。