花火大会で告白するときのタイミングは?

花火大会で告白するときのタイミングは?

告白は特別な日にしたいと思うなら、ロマンチックでちょっとした非日常感のある花火大会は絶好のチャンスです。

告白を成功させるためには、良いタイミングを掴むことが大切ですね。

それでは花火大会で告白するときのタイミングについて、詳しく見ていきましょう。

花火大会で告白するときのタイミング

別れた後にメッセージをおくる

花火大会で告白するときのタイミングとして、別れた後にメッセージをおくるというのがおすすめです。

花火大会の途中で告白をし、万が一フラれてしまったら、終わるまでずっと気まずい空気のまま過ごすことになってしまいます。

告白が成功するかどうかはさておき、花火大会は思い出になる貴重な経験です。

せっかくのデートで、告白のことばかり考えて会話が疎かになったり、緊張して相手も自分も楽しめないのでは、相手の好感度も下がってしまいます。

また、二人の思い出になる貴重な時間も無駄にしてしまいますよね。

二人で過ごす時間を大切にして、相手も自分も思い出に残る花火大会にすることで、告白の成功率も上がります。

そのため、告白のタイミングとして、相手と別れた後にメッセージをおくるというものが、メリットが多くおすすめのタイミングです。

花火が始まるとき

花火大会で告白するときのタイミングとして、花火が始まるときがあげられます。

花火が始まったときに告白するメリットの一つは、今から花火が始まるという期待感や高揚感が、告白をより印象深くしてくれることです。

花火が始まったときは、新鮮な気持や期待感でドキドキしてしまいます。

そんな時に告白されれば、より高揚感や興奮を感じますから、告白がより鮮烈に感じられるのです。

二つ目のメリットは、花火が始まったときに告白して良い雰囲気になれば、花火大会が終わるまでずっとドキドキしてロマンティックな時間を過ごせることです。

花火大会は、普通のデートよりも、人に非日常感を味わわせてくれます。

印象深く記憶に残し、その後もロマンティックな時間を過ごしたいという人には、とてもおすすめのタイミングです。

花火が一番盛り上がるとき

花火大会で告白するときのタイミングとして、花火が一番盛り上がるときがあげられます。

ドラマや漫画などでも、激しく花火が上がっているときに告白をするというのはお決まりの展開ですよね。

ベタではありますが多くの人が憧れてしまう告白のパターンですから、なるべく積極的に狙いたいタイミングです。

花火が次々と上がって一番盛り上がるときに告白すると、花火大会での告白では最もインパクトがありますし、とてもロマンティックです。

相手がロマンティストでドラマティックな恋愛に憧れているという場合は特に効果的です。

忘れられないようなインパクトがある告白をしたい人におすすめのタイミングです。

恋の話をした時

花火大会で告白するときのタイミングとして、恋の話をした時があげられます。

花火大会での告白のタイミングとチャンスは、普通のデートよりも多くあります。

タイミングによってはとてもドラマティックな告白が出来ますが、抵抗があったり相手の雰囲気や好みではないということもあり得ます。

もしドラマティックな告白より自然体での告白がしたいという人は、恋の話をした時に流れに任せて告白をするというのもおすすめです。

恋の話をしたときは自然と恋愛的な感性で物事を見やすくなり、普段より相手のことを異性として意識します。

恋愛の話の流れで告白をすれば、無理のない自然体での告白が出来るのです。

これは、ドラマティックな告白やあまり気合いの入った演出を避けたい人におすすめのタイミングです。

花火が終わってから

花火が終わってから告白するというのが、花火大会で告白するときのタイミングです。

もし花火大会の前半など、始まったばかりのタイミングで告白をした場合、もしフラれてしまうと気まずい時間を過ごすことになります。

もし両思いで告白が上手くいく確信があれば構いませんが、そうでないという場合には花火大会の後半に告白するのが無難です。

花火大会の後半は花火のプログラムのフィナーレですから、花火がどんどん上がって盛り上がります。

もし前半に告白してしまうとなると、その日一日の楽しさや興奮、ムードといったものが加味されずに告白の可否を判断されてしまいます。

一緒に花火を楽しんで盛り上がり、良い雰囲気で過ごせたのなら、その後の告白の成功率を底上げしてくれます。

もし相手との雰囲気が良かった場合は自信を持って告白出来ますし、相手にその気がないようなら見合わせるといった調整がしやすいというメリットもあるのです。

帰り道で伝える

花火大会で告白するときのタイミングに、帰り道で伝えることがあげられます。

花火大会の途中で告白のタイミングは無数にあります。

しかし、雰囲気に流されたり、その場で可否を言い渡されることも十分考えられるので、メリットもデメリットもあるのです。

もし告白が上手くいけば、その後の時間はとてもロマンティックで素敵な思い出になるというメリットがあります。

デメリットは、相手が花火大会という雰囲気に流され、よく考えずに返事をすることが考えられます。

また、断られたらその日はずっと気まずく辛い時間を過ごすことになるのです。

花火大会を楽しんで帰り道で告白をすれば、時間に終われることもありませんから、相手もじっくり考えて答えてくれます。

もし断られた場合も、気まずい時間を過ごさずにすみます。

勢いや雰囲気に流されて軽い返事を貰いたくないという人に、おすすめのタイミングです。

お腹が満たされた時

花火大会で告白するときのタイミングに、お腹が満たされたときというものがあげられます。

人は空腹で不安やストレスを感じやすくなります。

しかし、お腹が満たされるとストレスや不安を感じにくくなり、ポジティブになります。

女性は特に不安やストレスを感じると保守的になる傾向があります。

もし告白した時に空腹だと、告白そのものに対して漠然とした不安やストレスを感じてしまいます。

もちろん、告白される前から両思いなら構わないのですが、やはり少しでも告白成功の確率は上げておきたいですよね。

相手に余計なストレスや不安を感じさせないように、告白はお腹が満たされたときにするのがおすすめのタイミングです。

ただし、相手がダイエット中の場合は、無理に食べさせるとかえって逆効果ですから気を付けましょう。