女性から告白されたときの断り方は?

女性から告白されたときの断り方は?

女性から勇気を出して告白してくれたと思うとなかなか断りにくいものですよね。

どうしても付き合えない事情があるとき、何と言ったら角が立たないのでしょうか。

今回は、女性から告白されたときの断り方をご紹介します。

女性から告白されたときの断り方

好きになってくれたこと、告白してくれたことに感謝する

相手の好意に答えられないとしても、自分を好きになってくれたことへの感謝の気持ちを添えて告白の返事をしましょう。

「好きです、付き合ってください。」

「ごめんなさい。それはできないんだ。」

とシンプルに結論だけ述べるのと、

「好きです、付き合ってください。」

「そう言ってくれて嬉しいよ。でも、ごめんなさい。それはできないんだ。ちゃんと告白してくれてありがとう。」

と感謝の気持ちを添えた返事ではだいぶ印象が変わってきます。

告白の答えを言う前と後に感謝の気持ちを添えるだけで、温かく柔らかな印象になり、角を立てずに告白を断ることができるのです。

付き合えない理由を明確に伝える

相手をできるだけ傷つけたくないから、告白を断る理由を曖昧にするのはかえって相手を傷つけてしまい逆効果になります。

「今は仕事で忙しいから誰とも付き合う気はない。」

「実は好きな人が居るから君とは付き合えない。」

「君とうまく付き合っていく自信がない。」

など、あなたが考える不安要素をはっきりと伝えてあげたほうが相手は諦めがつくのです。

「君はとても素敵な女性だけど…。ごめんなさい、付き合えない。」

「君のことが好きだけど付き合えない」

なんて言われ方をしたら、諦めたくても未練が残ってしまいますし、もっと頑張ったらチャンスがあるのではないかと勘違いしてしまいます。

謙虚に振る舞う

告白を受けた時、お付き合いを受け入れるにしろ、受け入れないにしろ、相手を尊重し、謙虚に振る舞うのが人としての礼儀であり、常識です。

絶対に冗談交じりで受け答えしないようにして下さい。

「嫌われるかもしれない…。」

「告白をしたら、今の関係すら壊れてしまうかもしれない…。」

と、不安な気持ちを拭って、自分を奮い立たせて告白を決意してくれたのです。

まして、女性から男性に告白するなんて、かなり勇気が要ったことでしょう。

「僕のことをそんな風に言ってくれて、一生懸命気持ちを伝えてくれてありがとう。」

という気持ちで、相手の目を見て最後まで話を聞いてあげてください。

自分の気持ちを全て伝えられれば、女性は納得してくれるはずです。

否定的な言葉を多用しない

告白された相手に対して「お付き合いできない」と判断した気持ちの裏には、相手との関係にポジティブな未来が想像できなかったからでしょう。

逆に言えば、ネガティブなことが頭に浮かんだからでしょう。

簡単な言葉で言うなら、

「嫌」「ダメ」「タイプじゃない」「めんどくさい」など否定的な感情です。

本心ではそう思っていても、否定的な言葉を多用するのは相手を傷つけてしまうから言ってはいけないことは分かりますよね。

「嫌」や、「ダメ」は言わなくていいことなので言わない。

「タイプじゃない」は「他に気になる人がいる」「めんどくさい」は「忙しくて余裕がない」などと、上手に言い換える術を身につけて切り返しましょう。

今の関係で満足していることを伝える

女友達から告白を受けたとき、どうしても女性として見られなかったり、これ以上親密な関係になることを望んでいない場合、今の関係に満足していて、今の関係を大切にしていきたいことをきちんと伝えましょう。

女友達から告白してきてくれたということは、今以上の関係を望んでいると言うことです。

その望みを叶えてあげられない事を自分の言葉で伝えなければ、女友達はいつまでも苦しい気持ちを抱えてしまいます。

また、今の関係に満足していることを伝えてあげられれば、彼女自身の人間性を否定せずに済むので、彼女を深く傷つけることはないでしょう。

返事を後回しにしない

告白してきてくれた女性を傷つけたくないから、どんな言葉で断るか考えているうちにだいぶ時間が経ってしまった…。

なんて事はないようにして下さい。

告白した側は、返事を待っている間、色々なことが頭をよぎります。

「告白なんてしなければ良かった…。」

「嫌われちゃったかな…。」

など、不安と恥ずかしさが入り混じって、ブルーな日々を過ごすことになります。

返事を待たされて付き合ってもらえるなら結果オーライですが、1番最悪なのは、返事を待たされた挙句に振られることです。

すでに、告白を受け入れられないと返事が決まっているのであれば、期待を持たせ時間は0にしてあげて下さい。

自分なりの誠意を見せる

恋した相手に自分の気持ちを伝える事は、幸せの入り口に立つか、悲しみを受け入れるかのどちらかの賭けです。

賭けに出た女性に対して、敬意を表して男性側は誠意のある態度で告白を受けましょう。

よほど自信家な女性でなければ、振られることも覚悟の上で告白してきてくれているのです。

どんな結果になろうと、どんな言葉が返ってこようと、全てを受け入れる心の準備はできているのでしょう。

言いたい事はたくさんあるのに、話を遮られてしまうと、不完全燃焼に終わってしまうので心残りになってしまうのです。

女性が打ち明けたい気持ちを全て聞いてあげることこそが男性ができる誠意の見せ方
なのです。

自分の気持ちを全て告白できた女性は、たとえ振られてしまっても晴れ晴れとした表情をしているでしょう。