LINEで告白させる方法は?

LINEで告白させる方法は?

好きな人とのLINEは自然と距離が縮まり、付き合うチャンスをくれますよね。

LINEで告白して付き合うケースもとても多いため、相手からの告白を期待してしまうものです。

しかし、相手に告白して欲しいのに、ただ待っているだけでは何も始まりません。

ここではLINEで告白させる方法をチェックしていきましょう。

LINEで告白させる方法

デートの約束をする

LINEで告白させる方法に、デートの約束をするということがあげられます。

LINEは顔が見えない上、実際の会話以上にノリやテンポに支配されがちです。

そのため、好意を伝えたつもりでも、真意が伝わらずノリで軽くあしらわれたり流されることもあります。

ですから、言葉だけのやりとりでなく、デートという現実に影響を与える約束をして、しっかりと好意を伝えることが大切になります。

デートの誘いに乗ってきたら、「それは好きってこと?」などメッセージを返して、相手の気持ちを確かめるためのだめ押しをしましょう。

ポイントとしては、あまり重くなりすぎないようにすることです。

スタンプなどを駆使し、LINEならではのノリやテンポを生かして相手に告白してもらいましょう。

思わせぶりなメッセージを送る

思わせぶりなメッセージを送ることが、相手に告白させる方法として効果的です。

LINEでのメッセージのやりとりはその場のノリが重要になるので、中々気持ちが伝わりにくいところがあります。

勇気を振り絞って自分なりに好意を伝えたとしても、流されたり軽いノリであしらわれたりしてしまう可能性も高いのです。

相手にLINEで告白させたいなら、もっと分かりやすくこちらの好意を伝えなければいけません。

そのためには、普通の会話以上に思わせぶりなメッセージを送ることが効果的です。

一度や二度なら流されてしまいますが、何度かメッセージをすることで、鈍い人でも好意に気付きます。

友達関係から中々抜け出せない相手にも好意を伝えられ、その気にさせることが出来るので、LINEでの告白に繋がるのです。

優しくした後ちょっと冷たくする

優しくした後ちょっと冷たくするということが、LINEで告白させる方法としてあげられます。

いつも楽しく話していた優しい人が急にそっけなくなったら、誰でも気になってしまいますよね。

対面でも使えるテクニックですが、LINEでももちろん有効な方法です。

対面でちょっと冷たくした場合、相手によっては埋められない溝になる恐れがあります。

もちろんLINEでもそのリスクがありますが、LINEのメッセージというのは通常の会話よりもハードルが低くなります。

少しくらい冷たくても、相手は普通の会話で冷たくした時より、ずっと気軽にこちらにメッセージを送ってくることが出来ます。

ポイントは本当に嫌われたと思われないように、ちょっと冷たくすることです。

優しくした後にちょっと冷たくすることで、相手がやきもきして告白してくるのです。

相手の長所を褒める

相手の長所を褒めるというのが、LINEで告白させる方法にあげられます。

好きな人を褒めるというのは、LINEだけでなく恋愛のセオリーですよね。

しかし、効果的な褒め方と逆効果になる褒め方があります。

例えば、外見を誉めたり、学歴や収入などのことを褒められても、値踏みをされているように感じられてしまいますから、相手に不快感を与える可能性が高いのです。

相手に喜んでもらうためには、褒めるときに相手の長所を褒めるようにしましょう。

相手の長所を褒めることで、相手に対する好感や誠実さ、真剣さが伝わるのです。

相手が喜んでくれれば、こちらに好意を抱いて告白をしてくれる可能性が高まります。

挨拶をする

LINEで告白させる方法に、挨拶をするということがあげられます。

LINEで告白をしてもらうには、相手に好意を抱いてもらうこと、それに加えて日常的にメッセージのやりとりをしていると可能性が高まります。

相手に好感を持ってもらう条件としては、単純に相手のタイプか、仲が良いかの2つです。

相手のタイプかどうかはほとんど運ですが、マメにメッセージをやりとりすることで仲が良くなることは誰にでも出来ます。

もし相手とLINEをしたくても会話のきっかけを作るのに悩んでしまうという人は、相手が無理なく返せるペースで挨拶をしましょう。

挨拶をすることで無理なく会話に繋がるため、自然に相手と仲が良くなります。

そのため、相手に好感を抱いてもらいやすくなり、告白の可能性も高まるのです。

会った後はすぐメッセージを送る

LINEで告白させる方法として、会った後はすぐメッセージを送ることがあげられます。

会っている時にいくら楽しい時間を過ごすことが出来ても、そのままで終わってしまっては相手の記憶に残りません。

楽しかったことやその日のお礼などをLINEでメッセージにすることで、相手は楽しい時間を過ごしたことが思い出されて、記憶にも残ります。

楽しかったことを伝えて思い出してもらうことで、その記憶が強化されるからです。

メッセージを送ることで相手と楽しいことを共有出来て会話も広がるため、実際に会った時間以上に相手との距離を縮めらます。

LINEで会った後にメッセージを送ることで、お互いに楽しいことを共有して距離が縮めば、告白の可能性を上げられるのです。

お互いにタイプについての話をする

LINEで告白させる方法に、お互いのタイプについての話をすることがあげられます。

LINEで告白をさせるには、恋愛相手として強く意識してもらう必要があります。

お互いのタイプについて話すことで、相手からも恋愛対象として見られるようになります。

また、もし相手が既にこちらに好意を抱いているという場合でも、告白をしやすい雰囲気を作ることが出来ます。

相手のタイプが自分に当てはまっていたりすれば、相手の気持ちに確信が持てるので、告白させることが出来るのです。

相手からLINEで告白させるには、告白しやすい雰囲気を作ることと、告白が成功するという自信を相手に持ってもらうことが大切です。