好きな人とLINEが続かないのは脈なしかどうか判断する方法

好きな人とLINEが続かないのは脈なしかどうか判断する方法

なんとなく好きな人とのLINEが続かない。

そんな状況になってしまうと、これはただの片思いで、相手は自分に興味がないのでないかと不安になってしまうものですよね。

LINEが続かなくても、脈ありなのか、脈なしなのか判断できれば気持ち的にはかなり楽になるでしょう。

そこで今回は好きな人とのLINEが続かないのは脈なしなのか判断する方法をご紹介します。

好きな人とのLINEが続かないのは脈なしか判断する方法

好きな人の性格から判断する

脈なしかどうかの判断は、相手の性格を良く理解した上で判断したいものです。

もしかしたら相手はLINEでのやり取りが苦手なタイプかも知れませんし、とても忙しい人かもしれません。

相手からちょっと苦手なんだよね、なんて言ってきたら、脈なしとは限りません。

性格によってLINEの頻度はかなり左右されるものですので、相手のタイプを理解しておきましょう。

好きな人とあなたの関係性から判断する

すでに友達の状態になっていたら、割と連絡しやすい関係だと言えるでしょう。

その場合は、あまりLINEが続かなくても気にする必要はありません。

しかし、出会って間もない間柄で、まだお互いもよく知らない状況でLINEが続かないとすれば少し危険信号です。

やはり好意があれば相手のことを知りたいと思うのが人間というものです。

それが無いとなるともしかしたらあなたに興味がない可能性があります。

とはいっても、可能性はゼロではなく先程お伝えしたように性格的にLINEが好きではない人の可能性も否定出来ないので、焦って脈なしだと判断しないようにしましょう。

LINEの使い方から判断する

LINEの使い方は人によって様々です。

マシンガントークのように、細かくメッセージを乱発する人もいれば、1つのメッセージにたくさん文章を詰め込んで送る人もいます。

好きな人がどのようなタイプなのかを理解し、あなたと違うのであれば、同じように求めることはやめましょう。

無駄に不安を感じてしまうだけです。

その好きな人はあなたのことを真面目に考えているがゆえに、返信が遅かったりすることだっていくらでもありえます。

また、少し厄介なのが相手に自信が無いタイプだった場合です。

「こんなの送ったら嫌われるかもしれない・・・」なんて不安を感じる人であれば、途中でどう返信していいかわからなくなり、途切れることはよくある話です。

性格に通じるものがありますので、相手を良く観察することが大切です。

LINEの話題によって判断する

好きな人とのLINEが続かないのは、脈なしだからではなく、単純によくわからない話題だからかもしれません。

よくわからない話題や興味がない話題だとどうしてもついていくのが難しいですし、相づちも適当になりがちです。

それが続くと、一度時間をおいて仕切り直そうと考える人もいます。

また、触れられたくない話題に触れてしまっているケースもあるので注意したいところです。

LINEが続かないのであれば、どのような話題だったのか、あいても興味がある話題だったのかを確認するようにしましょう。

どんな話題でも続かないのであれば、相手の性格やタイプなどを検討するようにしましょう。

LINE以外で判断する

LINEだけで脈なしだと判断するのはかなり難易度が高いと言わざるを得ません。

相手の性格やタイプ、忙しさ、話題などが複合的に絡んでいるからです。

最も手っ取り早い脈なしかどうかの判断方法は、食事やデートに誘う、そしてその時の反応を見る、です。

どれだけLINEが続かなくても、食事に誘えば来てくれるし楽しそうにしてくれたら、あなたも脈なしだとは思いませんよね。

しかし、完璧に脈なしだと感じてしまう危険性もありますので、勇気が必要なのも事実です。

モヤモヤしてしかたがない人は早急に結論を出したほうがメンタル的にも良いはずです。

好きな人とLINEが続かないのは脈なしサインではない

LINEの返信が遅かったりすると、脈なしだ・・・と落ち込んでしまう人がいますが、それは焦りすぎです。

今回ご紹介したように、相手によっては脈ありな場合だってあるのです。

一喜一憂する気持ちはわかりますが、それではあなたが疲れ果ててしまうでしょう。

そうなる前にLINEだけで判断せずに、あなたへの接し方や態度、お誘いなどから総合的に判断することをおすすめします。

脈なしだけどいくらでもLINEが続くなんてこともよくある話なので、覚えておきましょう。