出世したい女性がやるべきことは?

出世したい女性がやるべきことは?

近年の日本では男女平等社会が浸透し始めている為、昔のように「女性は家を守るべき」という風潮は徐々に薄れてきています。

その為、「今の会社で行ける所まで行きたい」「頑張って出世したい」という女性は今時珍しくありません。

とはいっても、まだまだ男性の方が権力を握っている社会では、女性がすんなりと出世する事は難しいものです。

では、女性が出世を視野に入れた時、一体どのような事をするべきなのでしょうか。

出世したい女性がやるべきこと

男性を敵に回す覚悟を持つ

「私、この会社で出世したい!」と決意した時、まず初めに考えなくてはいけないのは「男性社員の存在」です。

やはり、女性が社会進出しやすくなっている現代とはいえ、「上層部は男性だけで固める」という古い体質の会社はまだまだ存在し続けています。

その為、そんな会社で女性が出世をするとなると、男性社員から冷たい目を向けられる事は明白で、時にはあからさまな嫌がらせをされる事もあるでしょう。

「女の嫉妬よりも男の嫉妬の方がタチが悪い」という言葉もあるように、男性を敵に回すという事は、想像以上に苦痛です。

そんな男性達に臆さない精神力の強さを持っていなければ、出世をする事は難しいでしょう。

パワハラやセクハラに屈しない精神力を持つ

社会においてパワハラやセクハラの被害者になりやすいのは、どうしても女性の方です。

ただでさえ下に見られがちな女性が「出世がしたい」という姿勢を見せれば、もちろん男性の中には「生意気だ」「女の癖に」と陰口を叩く人も居るでしょう、

さらに、そんな陰湿な男性の中には、ここぞとばかりに嫌がらせをしたり、さらに激しいパワハラやセクハラを仕向けるタチの悪い人も存在するのです。

しかし、そんな男性からの八つ当たりや妬みに屈してしまっては、出世への道が絶たれてしまう為、「どんな事があっても強気に出てやる!」という気の強さが必要です。

女性らしい思考は捨てる

社会で働く全ての女性にありがちなのは、「感情論で動く」という女性ならではの思考です。

「男は理論で動き、女は感情で動く」と言われる事も多いように、女性はどうしても感情が先走りやすい傾向にあります。

しかし、社会でそれなりの地位や立場を狙うのであれば、そんな感情的な行動はもってのほかです。

男性のように冷静に物事を分析した上で行動を取る事が出来なければ、部下をまとめたり、社内で信用される事すらも出来ないでしょう。

だからこそ、「私って感情で動いているかも」という自覚がある女性は、出世を狙う前に性格を改善させる必要があるのです。

頭の良さを身に着ける

男女に関係なく、上司に気に入られたり高い評価を得やすいのは「頭の良い人」です。

ここで言う頭の良さとは、例えば「気が遣える」「臨機応変な対応が出来る」「人に好かれるのが上手い」など、「いかにして世渡り上手な人間であるか」という事が重要です。

やはり、それなりの地位や立場に成り上がる為には、普通の人とは違う何かに特化していなければいけません。

その為、どんな時代でもスピーディーな出世を決めるのは「仕事が出来る人」ではなく「頭の良い人」なのです。

そんな現実をしっかりと理解し、自分に足りない物が何なのかを見極める事が大切です。

結婚に対する価値観を見直す

女性が出世をしたいと願う以上、避けては通れないのが「結婚」の存在です。

20代や30代は最も働き盛りである為、その期間はとにかくがむしゃらに仕事をする事が出世への最もたる近道です。

その為、年齢を重ねると共に周囲の友人が次々と結婚を決めていく中でも、自分は仕事が忙しくそれどころではなくなるでしょう。

また、「女性は結婚したら仕事に出しゃばるな」「旦那ではなく妻が仕事を犠牲にするべき」という風潮がある会社で出世を目指す場合、何かと一筋縄では行きません。

それでも本気で出世をしたいのであれば、「最悪結婚出来なくても良いので出世をする」という覚悟か、「結婚をしても周囲の目を気にせず仕事を続ける」という強い意思を持つ事が必要です。

絶対に社内恋愛をしない

「この会社で絶対に出世してやる!」という強い意思があればあるほど、「会社での立ち振る舞い方」には細心の注意が必要です。

もしも出世に勤しんでいる間に社内恋愛などをしてしまうと、場合によっては社内での評価が散々なものになってしまいます。

何かが起きた際に何かと矢面に立たされやすい女性だからこそ、社内ではなるべく誠実かつ真面目な印象を持たせておく事が無難です。

その為にも、社内での余計なスキャンダルなどは起こさず、叩いても埃の出ない存在になる事が大切です。

育児との両立について考える

出世をしてそれなりの地位に立つという事は、それほど忙しい生活に拍車がかかるという事です。

その上でも女性にとって最も大切になってくる事は、やはり「子育て」の存在です。

もしも忙しい日々を送る中で結婚・出産をすると、間違いなく仕事に影響が出る事は目に見えています。

さらには、どれだけ「仕事も子育ても両立してみせる!」と意気込んでも、どうしても子どもに寂しい思いをさせてしまう事は避けては通れません。

やはり、「家事や育児をするのは女性」という風潮が今もなお残る日本では、子どもを持ちながら仕事を続けるという事は難しいものです。

それでもなお子どもを産むのか、はたまた子どもを持たないのか、子どもを産んだら仕事を辞めるのか…など、明確な計画を立てて置く事が重要です、