好きな人へのLINEの返信時間が分からない時の対処法

好きな人へのLINEの返信時間が分からない時の対処法

好きな人にLINEを返信する時間はどのぐらいがいいでしょうか。時間を空けたほうがいいですか?

好きな人からLINEをすぐに返信したいけど、あまりにも早すぎたら暇なやつとか思われそうだったり、好意がバレてしまったりして恥ずかしかったりするものですよね。

だからと言って時間を空けすぎるのも、冷められそうで不安だったりと意外と難しいものです。

そんな時は一体どうすればいいのか。

そこで今回は、好きな人からのLINEを返信する時のおすすめの時間の空け方ついてご紹介していきます。

好きな人へのLINEの返信時間が分からない時の対処法

良い返信が思いつくまで時間を空ける

時間をあけて返した方が良いでしょう。

何故かと言うとすぐに返信してしまうと、やり取りが長時間になる恐れもありますよね。

その間、あなたはやりたいことが出来ないかも知れません。

しかし、どうしても早く返信しなきゃと言う気持ちがあるときもあります。

ですが、そうするとよく考えないで返信する事になり、後からあの時あー言えば良かったなと後悔する事になるでしょう。

それを防ぐ為にも時間を空けてゆっくり考えて返信するようにしましょう。

長めに時間を空ける

LINEのメッセージを読むタイミングはあなたが気づいたタイミングで問題ありませんが、返信するタイミングはじっくり考えるのも一つの手法です。

この場合、既読をつけても、未読のままでも構いません。

既読がついていれば相手は、「あれ?なんか変なメッセージ送ったかな」と気にさせることができます。

また、未読の場合でも、「忙しいのかな?何してるんだろ?」とあなたに意識が向く効果があります。

じっくりと時間を置いてから返信することで、相手も一気に安心感を覚えることは間違いありませんので、テクニックとして覚えおきましょう。

ただし、乱用すると、相手があなたに対して冷めてしまう危険性があるので、ここぞというポイントに絞って利用するようにしましょう。

すぐに返信する

好きな人にLINEを返信する時間は早めがベストです。

2分から3分程度を目安にすればテンポよく話題も広がるでしょう。

メッセージがきて、すぐに、例えば1分以内などでは気が早すぎると思われがちです。

先ほども申し上げましたが、一度冷静になって、頭で考えてから返信をすると失敗メッセージは劇的に減らすことができます。

逆に時間が長引いたり、20分以上経過してしまうと、自分に気がないのかと不安になって連絡がなくなってしまう恐れがあります。

時間は2分から3分程度でこまめに返すのがいいでしょう。

相手と同じくらい時間を空ける

昔よくあった恋愛テクニックとして、相手がメッセージの返信にかけた時間と同じくらいの時間経ってから、あなたも返信するようにするというのがありました。

一度そのテクニックを使ってみるのはどうでしょうか。

例えば1日に1回しか打たないようなLINE不精な人に、1日何十回もLINEをした場合、かなり無理をして付き合わせてしまうことになります。

これは極端な例ですが、相手のペースとぴったり同じではなくとも、同じくらいのペースで返すと心地よいと感じてもらえる可能性が高いと考えられますので、ぜひこのテクニックを利用してみてください。

返信したい時に返信する

時間云々を考えるのは意味がない場合もあるにはあります。

駆け引きを楽しみたい、という恋愛上級者の方は時間を空けたりするのもテクニックの一つです。

しかし、本当に大好きでもっと親密になりたいと願う相手には、あまり焦らしたりするべきではないかもしれません。

早く返せば良いとは限りませんが、素直に返していくのが、あなたにとってもあまりストレスにならずにLINEのやり取りを楽しむことができるはずです。

あまりお互い不安に感じたりせず、楽しくLINEをすればそれだけ仲良くなる可能性も高くなるでしょう。

好感度に合わせて返信する

すぐに返信をしてしまうと「自分に脈ありなんだな」や「がっついてるな」と思われてしまう可能性がありますので、暫くは時間を空けた方が良いでしょう。

またLINEがすぐに既読になると「ずっと自分のLINEを待っていたんだな」となりやすいのも事実です。

そのため、返信を遅らせるのではなく、LINEが来たらすぐに既読にしないという方法も良いですね。

相手のこちらに対する好感度を確認しながら慎重に返信しましょう。

好きな人へのLINEの返信時間が分からない時の対処法のまとめ

返信する時間の間隔はそれぞれあります。

どれが正解とは言えないのが難しいところでしょう。

そのため、自分に合った方法や、二人の関係性を考えて選択するようにするべきです。

ちょうどノリに乗ってラインの応酬がある時に、流れをぶった切って返信しないとなると一気冷めてしまいますよね。

時間を空けるとは言ってもその状況で良し悪しが分かれますので、注意しましょう。