自分は幸せだと感じる人の特徴は?

自分は幸せだと感じる人の特徴は?

世の中には、「自分は幸せだ」と感じている人も居れば、「自分は全く幸せじゃない」と感じている人も居ます。

とはいっても、やはり生きていく上では前者の「自分は幸せだ」という気持ちを持っていた方が、人生を楽しく過ごす事が出来ますよね。

また、「自分は幸せ全く幸せじゃない」と感じている人にとっても、「どうすれば幸せだと感じる事が出来るのか」という事は、永遠のテーマですよね。

では、「自分は幸せだと感じている人」には、一体どのような特徴があるのでしょうか。

自分は幸せだと感じる人の特徴

小さな幸せを見つける事が出来る

そもそも、人々が何気なく口にする「幸せ」とは、一体どのような事を指すのでしょうか。

それは「良い会社に勤める事」「マイホームを購入する事」「素敵な恋人を作る事」など、人それぞれ様々なものがあるでしょう。

しかし、そんな「幸せ」に高いハードルを設けすぎると、「幸せだ」と感じる機会自体が少なくなってしまいます。

反対に、「自分は幸せだ」と感じている人ほど「幸せ」のハードルが低く、日常生活に潜む小さな幸せを見つける事が上手なのです。

例えば「通勤途中に美味しいコーヒー屋さんを見つけた」「天気が良いので洗濯物がよく乾いた」などのほんの些細な事にでも幸せを噛み締められる人ほど、「自分って幸せだなあ」と感じる事が出来るのです。

自分と他人を比べない

「自分は幸せではない」と感じながら生活をしている人ほど、自分と他人を比べすぎている傾向にあります。

常に他人の事ばかり気にしているがゆえに、「自分は駄目な人間だ」「自分には何も無い」と自信を失ってしまい、必然的に「自分は幸せではない」という感情を生み出すのです。

しかし、常日頃から「自分は幸せだ」と感じている人ほど、自分を他人と比べる事はしません。

「自分は自分、他人は他人」という余裕のある考え方が出来るからこそ、自分だけの幸せを掴む事が出来るのです。

前向きでポジティブ

「自分は幸せだ」と感じながら生活をしている人を観察すると、非常に前向きかつポジティブな性格をしている事に気付きます。

その為、多少嫌な事があった際や悩み事が出来た際も、「でも、それってつまり◯◯って事だよね!」とポジティブな切り替えをする事が上手です。

反対に、「自分は幸せではない」と感じている人ほど、嫌な事や悩み事をズブズブと引きずったり、「どうせ自分は」とネガティブな捉え方をします。

この「何かが起こった時、それをどう受け止めるか」という事こそ、人間の性格に大きな差をもたらすのです。

この事からも、幸せな人生を送りたいのであれば、前向きかつポジティブな捉え方をするべき事が分かります。

どこか楽観的

「自分は幸せだ」と感じている人ほど、人生において壁にぶつかった際に「悲観しすぎず、どこか楽観的に捉える」という特徴があります。

その為、何かが起こった際にも「まあ、何とかなるでしょ」という余裕のある対応する事ができ、よっぽどの事が無い限りはひどく落ち込む事もありません。

また、どんな時にも基本的に楽観的な姿勢であるからこそ、「自分は幸せではない」という考えに至る事がそもそもありません。

楽観的な姿勢で生活をするからこそ、普通の人では気付かないような些細な幸せに気付く事が出来るのです。

切り替えが早い

嫌な事があった時、すぐに切り替えをする事が出来る人も居れば、いつまでもモヤモヤを引きずり続ける人も居ますよね。

では、どちらのタイプの方が人生において幸せを感じやすいかというと、もちろんそれは前者の「すぐに切り替えをする事が出来る人」でしょう。

嫌な事が起こったり失敗をしてしまった時、「次は同じ事をしない為に◯◯をしよう」と切り替えるのか、「やっぱり自分は駄目だ」といつまでも落ち込むのかでは、幸せの感じ方にも大きな差が出ます。

その為、切り替えが早ければ早いほど余計な感情を持ちながら過ごす日が少なく、「幸せ」や「楽しい」「嬉しい」と感じながら過ごす日の方が多いのです。

自分の機嫌をとるのが上手

長い人生を生きていると、どうしても「何だか上手くいかない」「今日は何をやっても駄目」と感じてしまう日がありますよね。

しかし、だからといって周囲に八つ当たりをしたり、明らかに不機嫌な態度を取っていては、幸せとは無縁な生活を送る事となってしまいます。

しかし、そんな時に「自分の機嫌を上手くとる人」ほど幸せを見つけやすく、充実した人生を送っているのです。

それは、例えば「欲しかったものを買ってみる」「贅沢なランチに行く」など様々なものがありますが、いずれにしても「自分を幸せにする事が上手である」という事が分かります。

細かい事は気にしない

「自分は幸せではない」と感じている人は、何においても細かい事を気にしすぎな傾向にあります。

しかし、神経質に物事を気にしすぎる生活を送っていれば、幸せを感じる暇も無くなり、さらには幸せに気付くチャンスすら減ってしまいます。

反対に、ある意味大雑把で細かい事は気にしない性格の人ほど、何かに付けて幸せを感じやすく、毎日上機嫌で生活を送っているです。

幸せな人生を送る為には、ある程度の大雑把を持ち合わせておく事も大切なのです。