既読無視する彼女の心理7つ

既読無視する彼女の心理7つ

今は、ラインのやり取りが主流ですね。

電話とメール機能を合わせていて、写真や動画も送れて便利ですね。

相手がメッセージを読んだかどうかもわかります。

「既読」「未読」の表示に心を悩ませる人もいますが、そこにあまり意味はないかもしれません。

彼女の性格を考えて、判断材料にしてみてください。

既読無視する彼女の心理

何も感じていない

お互いにたくさん連絡する時間がある学生や、良く携帯をチェックしている人なら、ラインのメッセージを見ることもあるかもしれません。

彼女に既読無視をされてやきもきする前に、落ち着いてみましょう。

単に、忙しかったりして、返事をしていなかったのかもしれません。

深い意味はないでしょう。

もし、彼女とケンカしていたり、気まずい空気になっているなら、その気になっている気持ちが、不安をあおることがあるでしょう。

でも、自分がその立場になってみたら、仕事や大切なことに一生懸命なだけなのに、怒っていると勘違いされても困りますね。

放置される理由に思い当たることがなければ、彼女を追及することはやめましょう。

返事の重要性を感じていない

忙しい女性は良くあることです。

男性も良くあることですが、既読になった時点でさっとメッセージに目を通してくれているでしょう。

例えば、スタンプだけが送られてきていた時や、返事を求めていない話題なら、そのままにすることがあります。

他に時間を使いたいことがあるのに、「へえ。」「そうなんだ。」としか反応できなさそうなことなら、返事はしないで置いておきます。

そんな相手は、また連絡してくるでしょう。

相手と約束が必要だったり、重要な話題なら、きちんと返事をするでしょう。

返事をしないことで、相手が困りそうなことならきちんと反応します。

それさえも放置されるようなら、忙殺されている可能性もあるので、再度聞いてみましょう。

どう返事をしたらいいか困っている

変なボケ方をしたり、ただ写真を送られたりすると、返事を思いつかない場合があります。

そんな時は、ただ放置するのが彼女に取って一番かもしれません。

深入りするのもイヤだし、相手がよっぽどしつこくなければ、キツイことを言って相手をシャットアウトすることもないでしょう。

かなり迷惑ならまず言葉で伝え、それでもダメな相手ならブロックできます。

それをされていなくて、既読無視をされているくらいなら、本当に相手を嫌っているというほどではありません。

彼女から返事が欲しかったら、返事が来そうなメッセージを送る工夫をすると良いかもしれません。

半分呆れている

既読無視をされるのは、放置されている可能性があります。

そんな時、相手の連絡が彼女の心に響かないから、呆れているのかもしれません。

次々と相手にダメ出しをする女性は、そうそういないでしょう。

仕事や勉強など、チームで頑張らないといけない時以外のプライベートな過ごし方に、あまり口出しをしないのです。

ラインのメッセージの送り方も、スタンプの頻度なども、相手の個性が表れています。

相手が好きなようにすると良いと思っているでしょう。

同時に、つまらないことには返事をしないという彼女の考え方もあります。

好きではないから

女性がラインの既読無視をするのは、相手にあまり好意がないからかもしれません。

ブロックするほどではなくても、相手にするまでの気持ちがないから、一応メッセージの中身を確認して、その後は放置です。

大切に感じている相手なら、短くても返事を返すでしょう。

相手との心のつながりを途切れさせないようにしているみたいですね。

返事が来ないと、少し寂しい思いをさせるかもしれないですよね。

好きな相手に、そんな思いをさせないように、返事をするのです。

好きではないと、そこまで思いやりを持つ必要もありません。

会話を長引かせたくない

重要ではない会話なのに、延々とラインのやり取りをするのが苦手な女性がいます。

直接会っているなら、時間や体調に合わせて話を切り上げたりできます。

旅行などで一緒の部屋にいたら、寝ることもできます。

でも、ラインならいつの時間も送ること、受け取ることができます。

受け取るというか、携帯に届いているので、彼女の生活時間の予定に関係なく届きます。

たまたま寝ている時や、忙しい時に届くと、ずっと返事をしている訳にもいきません。

そんな時は、内容によっては既読して、そのまま放置します。

面倒くさがり

既読無視する彼女は、実は面倒くさがりなのかもしれません。

「既読」「未読」という表示が出るのさえ、あまり好きではないかもしれません。

「返事したくなったらする」という自由度が、メールに比べたら低い気がします。

誰かからの連絡を「既読」の後に放っておくと、最初はなぜかうしろめたくなるかもしれません。

でも、相手のことがすごく嫌いだとか、特別な理由はないでしょう。

こまめに誰かと連絡を取るのが向いていないのです。

仕事をしたり、日常では、誰かとの接点があるので、プライベートでは、自由でいたいという心理があるのでしょう。