恋人が欲しい理由や心理は?

恋人が欲しい理由や心理は?

「人生で一度も恋人が出来た事が無い」という方や、「前の恋人と別れて随分経つ」という方であれば、誰しもが一度は「恋人が欲しいなあ」と感じた事があるのではないでしょうか。

やはり、恋人が居るのと居ないのでは、日常生活の充実度や楽しさが大きく変わりますよね。

しかし、そもそも我々はなぜ「恋人が欲しい」と感じてしまうのでしょうか。

そこで今回は、なぜ人は「恋人が欲しい」と感じるのか、その理由や心理をまとめてみました。

恋人が欲しい理由や心理

カップルに憧れるから

「今まで人生で一度も恋人が出来た事が無い」という人であれば、漫画やドラマ、さらにはSNSで見かける「ラブラブなカップル」に、ついつい「羨ましい!」と感じた事があるのではないでしょうか。

特に、SNSが広く普及している昨今、自分達の仲の良さを見せつけかのように、ラブラブな写真をアップするカップルは大勢存在しますよね。

また、漫画やドラマで見かけるキラキラ眩しい恋愛物語には、「憧れる!」「自分もこうなりたい!」と感じた事があるはずです。

このように、恋愛経験が無い人ほど「カップル」自体に憧れを持ちやすい為、「恋人が欲しい」という願望も強くなるのです。

甘えられる相手が欲しいから

恋人が居ない人は、日頃から「甘える」という事とは無縁な生活を送っているものです。

その為、そんな生活に自分では慣れているつもりでも、ふとした瞬間に「誰かに甘えたいなあ」と感じてしまう瞬間があるのです。

そう感じやすい瞬間とは、「夜中に眠れない時」「辛い事があった時」など様々ですが、やはり人というものは日々ストレスが溜まってしまう生き物である為、どうしても誰かに甘えたい日もありますよね。

そんな「無性に誰かに甘えたくなった時」こそ、「こんな時に恋人が居ればなあ」と感じてしまうのです。

人肌の温もりが欲しいから

寒くなる季節にありがちなのが、「人肌の温もりが欲しくなる」という現象です。

特に、「前の恋人と付き合ってしばらく経つ」という人の場合、「すっかり一人の生活には慣れ切ってしまってはいるものの、どうしても冬場には寂しさを感じてしまう」という方も多いです。

やはり、「冬は恋人達の季節」という言葉もあったり、クリスマスの存在もある為、他の季節に比べて人肌を恋しくなりがちな傾向にあるようです。

さらには、「寒くなると昔の恋人を思い出して切なくなる」という人も多いほど、季節というものは人の感情に大きな影響を与えやすいのです。

癒してくれる相手が欲しいから

毎日社会で目まぐるしく働き、荒波に揉まれている社会人であれば、誰しもがストレスを抱える日々を過ごしているものです。

また、「会社の上司が口うるさい」「ノルマが厳しい」「社内の空気が悪い」などの悪条件があると、そのストレスはさらに輪をかけますのね。

そして、そんな生活を送っていると、「自分らしい自分」を失ってしまったり、感情にも覇気が無くなってしまいます。

そんな毎日を過ごす中で「辛いなあ」「しんどいなあ」と思い悩む時、ふと「癒される恋人が欲しいなあ」「包容力がある恋人が居ればなあ」と感じる人は多いのではないでしょうか。

人が生きていく上で、「癒し」とは非常に重大な存在なのです。

一人が寂しいから

恋人が居ない期間があまりにも長く続くと、「一人で居る生活が長すぎてつまらない」「暇すぎて寂しい」と感じる瞬間が多くなります。

いくら一緒に過ごせる友人が多くても、友人と恋人では全く話が変わってきます。

特に、周囲のカップルが休日の度にデートに出掛けている様子などを見ると、「自分は何をしているのだろう」「寂しいなあ」と感じやすいものです。

恋人が居ない人にとって、「ふとした瞬間に寂しくなる事」は、避けられない事なのかもしれません。

焦っているから

「恋人が居た事が無い」「恋人が居ない期間が随分長い」という人の場合、「恋人が欲しい」の言葉の裏には「早く恋人を作らないとまずい」という、切羽詰まった心理があります。

両者とも「なぜ自分には恋人が出来ないのだろう」「周りに置いて行かれたくない」という焦りが強い為、口を開けば「恋人が欲しいな〜」と漏らしてしまうのです。

そして、周囲のカップルを目にする度に焦りはますます強くなり、「どうして自分は…」と、ひどく落ち込んでしまいます。

そして、このタイプの人の場合は「早く恋人を作って自分を安心させたい」という気持ちが先行しすぎている為、時には空回りをしてしまう事もあるのです。

幸せや楽しみを分かち合える相手が欲しいから

恋人が居ない期間が長い人ほど、「何でも一人で出来る」という状態に陥っている事が多いです。

その為、一人で食事をしたり、旅行に行ったりする事にも抵抗がありません。

しかし、どんなに美味しい物を食べようとも、どんなに美しい景色を目にしようとも、時には「一緒に楽しんでくれる人が居たらもっと楽しいのになあ」と感じてしまう事もあるのです。

やはり、幸せや楽しさは一人でも噛み締められるものですが、誰かと共有する事によって倍になるものです。

一人でも充実した生活が出来るとはいえ、側に誰かが居るのと居ないのでは、毎日の充実度は大きく変わってしまいます。

このように、人は一人で過ごす時間が長ければ長いほど、人の温かさが恋しくなってしまうのです。