ネットで結婚したカップルの離婚率が低い理由とは?

ネットで結婚したカップルの離婚率が低い理由とは?

昨今は恋愛の形も多様化し、生涯添い遂げることなく別れるカップルも30パーセントを越えています。

生涯離れず愛しあう人と巡り会う方法があれば、誰もが知りたいと思うものですよね。

実は、ネットで結婚したカップルは離婚率が低いのです。

これは一体どのような理由なのでしょうか。

ネットで結婚したカップルの離婚率が低い理由

相手の裏の顔も知っているから

ネットで結婚したカップルの離婚率が低い理由として、相手の裏の顔も知っているという点があげられます。

実際の出会いというものは、相手のことが良く見えるものです。

これは自分の理想がそう見せているということもありますが、人は好きな人に良く見てもらうために簡単に自分を演出してしまうからです。

気を引きたいあまりに見栄を張ったり、猫をかぶったりと格好つけてしまうのです。

この演出というのは厄介で、相手が魅力的に見えれば見えるほど中々見抜くことは出来ません。

しかし、ネットでは、相手の性格も魅力的かどうかも分かりませんから、格好つけても仕方がありません。

そのため、相手に気に入ってもらえるかどうかはさておき、まず自己開示して思考や感性、欲望などをさらけ出します。

ネットで出会うと、そういった裏の顔もわかるため、良いところも悪いところも知りつつ良い関係を築くことが出来るのです。

印象と中身のギャップが少ない

ネットで結婚したカップルの離婚率が低い理由として、印象と中身のギャップが少ないという点があげられます。

実際に出会って愛し合うと、どうしても気持ちが盛り上がっているため相手の中身まで深く理解するには時間が必要です。

ネットでは自己開示のハードルが現実よりも低く、本当の自分の性格もにじみ出るものです。

もちろん、ネットではいくらでも嘘をつくことが出来るため、ネットの情報が本当であるとは言えません。

ネットで裏の顔をさらしているという場合は簡単に見抜くことも出来ますが、いくらネットとは言えそんなことをする人はそこまで多くはないものです。

しかし、ネットでの態度はやはり現実に初対面から会ったときの態度よりも素の状態に近いのも事実です。

素に近いので、相手のステータスや見栄といった外面の部分に惑わされずに相手の外から見た印象とその中身にギャップを感じにくくなります。

相手がどんな中身なのか知って関係を築くため、ギャップを感じて心が離れるということもないのです。

精神的な繋がりが強い

ネットで結婚したカップルの離婚率が低い理由として、精神的な繋がりが強いことがあげられます。

現実に知り合って恋人になる場合は、その場の雰囲気に流されたり相手の外見やステータスに惹かれることで関係が始まるというケースがとても多いのです。

しかし、ネットで知り合ったカップルの殆どは、相手の外見やステータスをあまり知らずに仲良くなって結婚に至ります。

これはお互い純粋に相手の性格に惹かれていなければ有り得ないことです。

さらに、現実の友達には言いづらい悩みなどもネットでは相談しやすく、文字で相談される分、相談された方も時間をかけて慎重に対応することができます。

こういったやりとりで精神的な繋がりが強くなり、絆も深まるのです。

上手くいく距離感を理解している

ネットで知り合って結婚したカップルの離婚率が低い理由として、上手くいく距離感を理解していることがあげられます。

通常の恋愛で、目の前に魅力的な異性が恋人としていれば、自分の欲望をぶつけてしまいがちです。

相手のもつ時間やお金や異性としての魅力などを、いかに自分が満足出来るように使わせるかに執心してしまうのです。

ネットでは目の前に相手がおらず、嫌われたり思うようにいかないからといって欲望をぶつけても簡単に関係をたたれしまう可能性が高いですよね。

そのためネットでは特に、相手に関係を絶たれないように居心地の良い距離感を保つ努力が自然となされます。

干渉しすぎず、寂しすぎず、肩の力が抜ける楽な関係を築くため、結婚生活でもお互いにとって良い距離感を保つことが出来るのです。

相手の考え方を分っている

ネットで知り合って結婚したカップルの離婚率が低い理由として、相手の考え方を分かっていることがあげられます。

離婚の原因として、性格の不一致というものがいつの時代も必ずあげられるように、性格の相性というのは結婚生活にとって非常に重要なのです。

現実に知り合って結婚に至る場合は特に、相手から嫌われないようにその場の空気に合わせたり、気を使ったりして自分を偽ってしまいがちです。

しかし、ネットでは相手の顔が見えませんから、空気を読むのにも限界がありますよね。

結果的に、ネットの方がお互いにはっきりと自分の考え方を出せるのです。

結婚する前から相手の考え方を知っているため、いざ結婚生活に至ってからギャップに苦しんだり性格の不一致で相手を嫌ったりするということも限りなく減るのです。

共通の趣味がある

ネットで知り合って結婚したカップルの離婚率が低い理由として、共通の趣味があることがあげられます。

現実に知り合って結婚したという場合も共通の趣味があるということも多いです。

やはり共通の趣味がある方が、夫婦間の関係が良い傾向が強いのです。

ネットでは特に何か共通の趣味がきっかけで仲が深まることが多く、趣味がきっかけになって現実に会ってみるという流れになります。

たとえ顔を知らなかったとしても、共通の趣味があればその話題で盛り上がるものです。

もちろん結婚してからも同じで、共通の趣味で楽しい時間を共有することで、良い関係を保つことが出来るのです。

落ち着いた関係を築きやすい

ネットで知り合って結婚したカップルの離婚率が低い理由として、落ち着いた関係を築きやすいということがあげられます。

現実に異性と恋愛関係を築くと、必要以上に相手の気を引こうとしたり、相手の気に入らない部分に感情的に振る舞ったりして落ち着いた関係が保てないケースも多いです。

しかし、ネットで知り合った場合は目の前に相手がおらず、あまり感情的に振る舞えば簡単に相手との関係がたたれてしまいます。

ネットでは相手が好きであれば特に、感情的で我儘な態度をぐっとこらえて関係が続くことを優先します。

結果的に、あまり感情的にならないで振る舞うことが出来るようになります。

そのまま結婚生活に至ってもお互いに落ち着いて相手に向き合うことが出来るので、居心地も良く息の長い関係が保たれます。