愛想がいい女性の7つの特徴とは?

愛想がいい女性の7つの特徴とは?

初めて会ったときの第一印象はとても大切です。

人は相手を判断するうえで第一印象が重要と言われています。

その印象の良さはさまざまな要因によって判断されます。

その判断される要素の一つとして挙げられる事が愛想の良さです。

生まれながらにして持っている愛想の良さは相手に好印象を与えます。

では、愛想が良い女性はどのような特徴を持っているのでしょうか。

愛想がいい女性の特徴

常に笑顔

愛想が良いと言われてまず、多くの人が思い浮かぶのが笑顔です。

女性の笑顔は無敵です。

笑顔はその本人が楽しくなるだけでなく、周りにいる人、そしてその空気までも良くさせてくれるパワーがあります。

話をしていて、相手が暗い顔をしていたらやはり話している方まで暗くなってしまいます。

笑顔はやはりとても力があります。

例え、作っている笑顔であっても常にニコニコとしている笑顔が出来る人は愛想が良いとされます。

そして、生まれながらにしてその愛想の良さを兼ね備えているのであれば、誰に対してもその笑顔で接することが自然と出来て、その人の魅力になります。

人は表情で大きく印象を変えて行きます。

その為、愛想の良さに笑顔はとても重要です。

誰に対しても親切

愛想の良さは顔の表情はもちろんのこと、その人の行動からも判断されます。

いくら顔で愛嬌が良いと言われていても、中身が伴っていない場合にはその愛想の良さは半減します。

愛想が良いとずっと思われるには行動も必要です。

その一つが人に対しての親切心です。

困っている人がいれば心よく手助けをしてあげるなど、少しの優しさが出来ることも必要です。

友人から相談があれば、ゆっくり話を聞いてアドバイスをあげることも親切心です。・

特定の人だけへの優しさでなく、自分の周りにいるたくさんの人への優しさです。

優しくしてもらえば、次は優しくしてあげたくなります。

そのように心で相手との距離をしっかりと縮めている人が、愛想のある人に繋がります。

裏表がない

表では皆に良く接していても、裏で人の悪口を言っている人は本当に愛想の良い人と言えません。

表向きだけの愛想です。

裏表がはっきりとしていて裏の顔を頻繁に見ると、愛想の良さがなかなか伺えません。

仕事上または普段の生活を上手く過ごすためには、その作った愛想の良さももちろん必要です。

特に接客業をする場合には必須の力です。

しかし中には全く裏表がなく、人の悪口などを陰で言うこともなく自然な愛想の良さを持っている人もいます。

その人こそ、作った愛想でない本当の愛想です。

目を見て話す

話す時に大切な事が相手の目を見て話すかどうかです。

いくら楽しそうに話をしていても、相手を見ずに違う方向を見ながら話すのは良い印象を与えません。

まるで隠し事をしている、話がつまらないように感じます。

目を見なければ表情も分かりにくいです。

目を見ることで、より相手の思っていることも伝わってきて、更に自分が伝えたいことも伝えられます。

目は口ほどに物を言う、と言う言葉があるように目を見る行為は話す上でとても大切です。

目を見て話せば、心が打ち解けやすくなり、相手との距離も近づきます。

そしてそれが愛想の良さの印象を相手に与えます。

相手の話を聞く

ニコニコして楽しく自分の話をしているだけでは愛想が良い人とは認識されません。

愛想の良さは相手とのコミュニケーションが重要です。

一方的に自分が話すだけでは相手は疲れてしまいます。

ただ単にお喋りの人と印象付けられてしまいます。

愛想の良さとは、見た目などだけでなく、話しやすさも必要です。

コミュニケーション力です。

しっかりと相手の話を聞き、相手の気持ちを察してあげることが愛想の良さにも繋がります。

話やすいと相手が思ってくれるのであれば、それは愛想の良さでもあります。

挨拶をする

コミュニケーションをする上で基本中の基本、挨拶です。

込み入った話などは仲の良い人しかしません。

しかし、それに比べたら挨拶は相手を選ばずに言えます。

挨拶を言うことで相手との距離が近づくことが出来ます。

挨拶は言われたから返すのも必要ですが、自分から挨拶をすればより良い印象となります。

その人の性格を知らなくとも、挨拶の一言で印象が定着します。

挨拶を元気に明るくしていれば、愛想の良さは自然と出ます。

そして、挨拶だけでも周りの人からは愛想が良い人と判断されます。

その為、愛想を良くしたい場合にはまずは挨拶から始めるのも大切です。

とても簡単なことで良い印象を作れます。

声が明るい

人はみんなそれぞれ声に特徴があります。

場によって使い分けを多くの人がしています。

自分の中でも高めの声、低めの声など声を変えて話します。

例えば目上の人や好きな人と話をする場合などは地声より少し高く話す人が多いはずです。

声のトーンを変えるだけで相手が受け取る印象はかなり異なります。

声が低くてあまり高くならない場合にでも、明るいハキハキした声で話すことで受ける印象は違います。

高くなくても明るい声で話すことが大切です。

話す相手によっても声の質を変えることがありますが、仕事などでは明るい声で話いているとやはり良い印象となります。

声が明るいとその場の雰囲気も楽しく良くなります。

これも愛想が良いと思われる要素の一つになります。