今の時代は結婚が難しいと言われる理由とは?

今の時代は結婚が難しいと言われる理由とは?

今の時代、働く女性も増え、妊娠・出産する年齢も昔に比べたら平均値が上がっていますよね。

少し寂しいような、仕方のないことのような気もしますが、結婚は確かに難しくなっているかもしれません。

でも、ひと昔前とは違った結婚の形を作ることができます。

今の時代に合った方法で、強く絆を作っていくことも十分にできるのです。

今の時代は結婚が難しいと言われる理由

時代の変化

確かに、時代と共に結婚の形も変わってきたはずです。

男性が一家の大黒柱となって、それを女性が家で支えるというのは、今の時代はあまり現実的ではない気がします。

結婚した夫婦で、時間の長さに違いはあっても、夫も妻も両方仕事をしている家庭が多いですよね。

より豊かな生活をするためや、目標があって貯金をしていたり、二人が協力していることに違いはありません。

もっと上の世代の人たちは批判するのかもしれませんが、昔のやり方ができなくなったから、現代の結婚への認識も変わったのです。

環境も、生活レベルも、必要なお金や個人個人の在り方も昔とは違います。

晩婚化

男性も女性も、初めて結婚する年齢は遅くなってきました。

それは、お付き合いしていても結婚する以外の選択が十分あるからです。

一度お付き合いした人を何が何でも支えるより、もっと良い人がいるなら付き合う相手を変えるのがスマートです。

男性も、女性もそう言えます。

だから、特定の人にこだわることも少なくなったでしょう。

誰かと向き合う覚悟が減った面もあると言えますが、一緒に過ごす未来を真剣に考えてくれる人もいるので、きちんと見つける目を養いましょう。

もう一つ、医療の進歩も晩婚化を進めているのではないでしょうか。

妊娠と出産をできるのは女性だけですが、その年齢の幅を少し広げたので、その分のゆとりができました。

ライフスタイル

家庭を持たなくても、男女が一緒にいられる条件も増えました。

それぞれが暮らしている部屋で、自分のペースを保って生活できるのも良いことかもしれません。

毎日近くで暮らすことで、どちらかが無理を重ねてしまうよりは、別々の場所を持っているのが良いという考え方です。

工夫次第で、お互いが快適に過ごしながら、連絡も取り合って心が繋がったままで過ごせるでしょう。

ただ、男性も女性も、交友関係がお互いにあるので、付き合っている相手以外の異性と出会う機会が多くなるのは、浮気や嫉妬からの喧嘩のリスクを高めます。

信用は口約束ですが、実際の行動はお互いに常に把握するなんてできませんね。

個性で人を選ぶ

男らしさや女らしさ、そんな言葉はなくなりつつあります。

男女の典型的な理想像は、現代ではありません。

むしろ、たった一人しかいない人間の個性を尊重して、その人らしさが評価されます。

「男らしいから好き」「女らしくて好き」という好みより、「こういうところが好き」と判断し合うということは、相手を異性として意識していないことがあります。

男女は違うから惹かれ合うのですが、今では男女はお互いに力を貸し合えたり、特に性別にこだわることもなくなってきました。

多くの人がいて、社会の人はそれを感じています。

海外の文化の影響もあり、人の個性に注目が集まる時代ですね。

結婚の価値

結婚が難しくなってきた理由は、結婚に対する価値があまり感じられない人が増えたこともあります。

女性も自分で仕事を持って、独身の暮らしを維持できるので、男性に頼らなくて済みます。

男性も、妻の分まで生活を保障する収入に不安があるなら、お互いにただ付き合っているだけで十分で楽だからです。

一緒に住んで、籍を入れていないカップルもいます。

結婚しなくても、2人で暮らすことも珍しくはないです。結婚すると、責任も増えてくるので、気分が重たいのかもしれませんね。

一緒にいるだけで十分と2人が考えているなら、結婚をした方が良いのかどうか、周りが口を出すことではありません。

離婚も増える

選択肢が増えてきたので、今では離婚するカップルも多くいます。

若い世代だけではなく、熟年離婚のケースもありますね。

離婚をしたら、一緒にいる相手がいなくなりますが、一人暮らしをする楽さのほうがそれを上回るメリットなのかもしれません。

一緒に暮らしていると、どちらかが合わせる生活をしていると思いますが、それが負担になってきたのなら、ガマンを止めて一人で何とか独立しようという考えになります。

好きな空間にいられるし、自由に振る舞っていても文句を言われません。

「相手が嫌い」というのではなく、「疲れた」から離婚を考える人もいるはずです。

それなら、最初から結婚をしないでおく人が増えるのも納得です。

女性の自立

正直言って、結婚に憧れはあっても、必要ではないと思っている女性はたくさんいます。

結婚すると大体、旦那さんの苗字になって、関係が強くなります。

一緒に暮らすことが一般的だと思いますが、独身でいることに比べたら羽が伸ばせなくなりそうです。

女性の方が金銭感覚に鋭いので、お風呂の時間が別なら、一人はシャワー、一人はお風呂にするより、二人とも同じように揃えようとしたり、生活の中で小さなストレスがあると思います。

家事の負担がいつの間にか自分が増えてくる不満もきっとたくさんの人が経験があるでしょう。

金銭面だけではなく、誰かに頼らなくても自分で生活環境を作ったり、好きなことを見つけられる人は、結婚にこだわりません。

詳しくはこちらをご覧ください。

結婚する必要性を感じない理由とは?今の時代に結婚は必要? 結婚する必要性を感じない理由とは?今の時代に結婚は必要?