彼氏に結婚したいと言う時の注意点とは?事前にチェックしよう!

彼氏に結婚したいと言う時の注意点とは?事前にチェックしよう!

大好きな彼と結婚をしたいと思うのは当然です。

しかし、彼氏がまだ結婚を意識していないときはどうしますか。

このまま放置していてもいつになるか分かりません。

そのような時は、女性から結婚をしたいと気持ちを伝えてくれることも大事です。

彼が結婚を考える機会を作れます。

しかし、この時に注意にないといけないことがあります。

どのようなもの事を意識して伝えるのが良いでしょうか。

彼氏に結婚したいと言う時の注意点

タイミングを選ぶ

ある程度の年齢になると、お互い結婚を意識し始めます。

結婚について、敢えて言及していなくとも、彼氏も結婚について思っているかもしれません。

いきなり、唐突に結婚をしたいと言われても彼氏も驚いてしまいます。

結婚をしたいと言う時は唐突に言わず、タイミングを見計らって言う方がより良いです。

例えば周りに結婚した友人がいるのであれば、その友人の話を先にしておき、そこから自分の思いを伝える等です。

また周りに友人などがおり、ノリで言うのではなく2人だけのゆっくりと話せる時の方がより、真剣さが伝わります。

結婚式について言わない

結婚をしたいと思うと同時に結婚式を挙げたいと思う女性も多くいます。

一度きりのウェディングドレスです。

夢が次第に膨らみます。

しかしながら女性が夢見る結婚式であったとしても、彼氏同じ思いとは限りません。

結婚式はお金がかなり掛かります。

結婚式に興味がない人であった場合初めから結婚式の話をすると、そこですれ違いを感じてしまう場合があります。

いきなり大きなお金が掛かることへの不安や更には不快感を覚えてしまう人も中にはいます。

結婚式をするかは相手と一緒に決めるべきです。

いきなり、式を行うことを言うのは避けた方が無難です。

付き合っている期間を考える

結婚をする迄の期間に決まりはありません。

何年も付き合った上で結婚をする場合、または数ヶ月でする場合などあります。

期間が長いとより、お互いに知ることは出来ますが、長いと良いと言うことでもありません。

その期間はお互いの気持ちやその他のタイミング次第で、2人の関係性で違います。

しかし結婚をしたいと言うタイミングが今の時期で良いかは考えるべきです。

明確に「今」と言うタイミングはありません。

それは2人にしか分からないかもしれません。

今の付き合い期間で結婚の話をしても良いか考えてから言う方が良いです。

もし、付き合ってすぐに言った場合に相手が全く結婚を考えていないと温度差が生まれてしまい、ギクシャクしてしまう場合もあります。

専業主婦になりたいと言わない

専業主婦になりたいとはその段階で言わないようにして下さい。

専業主婦になって仕事を辞めたいと思っている方もいます。

しかし、彼側からは「楽をしたいから結婚」と思われがちです。

その後の話し合いやお互いの意向で専業主婦をするのであれば良いですが、いきなり専業主婦になりたいとは言わないほうが彼にとっては良い印象となります。

専業主婦も立派な仕事です。

専業主婦で家を守る事もとても大切です。

しかし、自分1人で考えてはいけません。相手の気持ちを聞いてからにしてください。

焦らせない

結婚を匂わせるために、結婚したいと言うのは彼氏が結婚について意識するきっかけにもなります。

しかし、いざ本当に結婚の申し込みをするのは男性からのプロポーズの場合が多いです。

彼氏はそのプロポーズを密かに準備しているかもしれません。

現状を考えて具体的にいつ言おうか既に決めている場合もあります。

そのよう時に彼女から結婚を言われると、計画していたことが崩れてしまう事もあります。

そのため、結婚について言うのは良いですが、具体的にいつにする等の時期は様子を見ながら話して下さい。

時期を決めてしまうと、彼氏も焦りを感じます。

具体性を考えておく

「なんとなく結婚したい」こんなことを思っている人もいます。

年齢的にもそろそろ結婚時期、また周りがしているからと言う思いで結婚を考えてしまいます。

そのように考えることは当たり前です。

しかしながら、今まで結婚について話してなかった彼女からいきなり結婚について話がある場合、彼も驚きます。

そして男性の中には具体性を求めてくることもあります。

やはり男性が中心となり稼ぐ人が多いです。

そのため、結婚して養えるか等を男性はより考えます。

漠然としたものでなくしっかりと計画性のある女性の回答を希望する場合もあります。

どのような家庭にしたいか、また仕事は続けるつもりか等、聞かれた時に答えられるようにしておいて下さい。

女性から敢えて言う必要はありませんが、聞かれた時に言えるように漠然とした結婚生活ではなく、自分なりに考えておいて下さい。

強くアピールしない

結婚をしたいと言うのは良いですが、言い過ぎは注意してください。

初めて言う時でも、その時にあまりにもその思いが強いと彼も驚きます。

そして彼にあまりその気持ちがないと、プレッシャーに感じることもあります。

自分は結婚したいと言う強い気持ちを持っていることを伝えることは必要です。

しかし、結婚をアピールしてしまうと、彼に負担をかけることもあります。

そのため、想いが強くてもあまりアピールしすぎはいけません。少しずつ出していくのが良いです。

結婚はお互いの意思の一致によって成立します。

女性一人で結婚について盛り上がっていても意味がありません。