女性が決断した結婚の決め手とは?意見を参考にしよう!

女性が決断した結婚の決め手とは?意見を参考にしよう!

「結婚」は女性の一生を左右するものなので、決め手や覚悟がないとなかなか踏み切れません。

世の女性たちが「結婚」を決断した決め手とは一体どんなものなのでしょうか?

結婚の先輩たちの意見を覗いてみましょう。

結婚に踏み切る鍵が見つかるかも知れません。

女性が決断した結婚の決め手

頼り甲斐があると思えた

お付き合いを進める中で、毎日が順調というわけにはいきません。

長い結婚生活を送るなら、きっと大きな困難も訪れるでしょうし、結婚をするなら一緒に困難を乗り越えていけるような男性でなくては、自分が苦労するのが目に見えています。

お付き合いをしている中で、2人の間にピンチが訪れた時、彼が守ってくれた時や、頼りになると感じた時、「この人について行けば間違いない!」「この人ならどんな時でも支え合って生きていける!」と結婚を決意した女性は多数います。

いつも男らしく女性を守ろうとする逞しい彼でなくても、普段は頼りない彼がいざという時に男気を見せた瞬間のギャップに女性は弱いようです。

経済的な心配がない

セレブ志向の女性でなくても、「経済面で苦労する結婚なんて絶対に嫌!」というのは世の女性の本音でしょう。

余裕を持って結婚相手を探すことが出来るなら、安定した職業の男性や、仕事で成功して経済的に心配なく暮らせる保証がある方が良いに決まっています。

結婚式に、結婚後の住居、妊娠や出産だけでもお金がかかりますし、将来の子供の教育を考えたらお金があるに越したことはありたせん。

どんなに見た目がタイプでも、低所得だったり、仕事をコロコロ変える癖があるような男性であれば、「結婚」を考えた時に不安しかありません。

真面目に仕事に取り組む姿勢が見えれば、女性は安心して結婚を考える事が出来るでしょう。

ギャンブルや浪費癖は、穏やかな結婚生活を脅かす不安要素になるので、常識的な金銭感覚を持っていることも大切です。

彼に将来性を感じられれば女性は、文句無しに結婚を決めたくなるでしょう。

彼の遺伝子を残したいと思った

純粋に「彼の子供が欲しい!」と思った時、女性は結婚する決意が出来るでしょう。

理屈では無く、本能的に彼を求める気持ちが湧き上がったら、これに勝るものはありません。

「彼の容姿が好きで、彼に似た子供を育てたい。」

「彼のこの素晴らしい才能を世に残したい。」

など、深く考えるまでも無く彼の遺伝子を残したいと思えた気持ちに従うのは素晴らしいことです。

自分の子孫に彼の要素が必要だと感じるなら、あなたは余程彼への魅力を感じている証です。

根拠は無くても、女としての本能や、自分の直感を信じてみましょう。

価値観が似ていると感じた

夫婦の離婚原因のトップに挙げられているのは、「性格の不一致」です。

相手の社会的評価にステータスを感じて結婚を決めた女性たちの多くが、数年後、数十年後に、「性格の不一致」によって離婚を余儀なくされています。

恋人としてお付き合いしている時点で、食べ物の好みや趣味、思い描く将来像などの価値観が一致している程、心穏やかに過ごすことが出来ます。

やはり、長い人生を共に歩むなら、価値観の合う人と一緒に生きるのがベストな選択でしょう。

「私たちって凄く似ている。」と感じた時、結婚を意識する女性が多いようです。

相手を支えていきたいと思った

結婚生活は夫婦が支えて合うことで成り立ちます。

夫婦のどちらかが弱っていれば、もう一方が庇い、どちらかが忙しく頑張っていれば、もう一方がそれをサポートするような関係が築けたら、夫婦生活を末永く送ることが出来るでしょう。

男性に対して「守ってあげたい」と母性に似た感情が溢れたり、「彼を支えてあげたい」と奉仕の精神が芽生えた時、女性は生涯を添い遂げる覚悟が出来るのではないでしょうか。

自分の支えによって彼をもっと高い所へ導ける自信が持てると、結婚へのモチベーションも上がります。

パートナーが自分を理解してくれる

働く女性、やりたい事や、やらなくてはいけないことが沢山ある女性にとって、自分を理解してくれるパートナーは必要不可欠です。

社会的に必要とされる立場にある女性は、仕事と恋の板挟みで、悩みやストレスを感じている人も少なくありません。

パートナーが自分の立場を理解してくれたり、やりたい事を応援してくれると、強く生きようとする女性の心の癒しとなります。

そんなパートナーとなら結婚しても、自分が自分らしく生きられるのではないかと、結婚に前向きになれるでしょう。

周囲が祝福してくれた

結婚するとなると、両親、友達、職場の人たちなど、2人を取り巻く人との関係を夫婦は互いに共有することとなります。

自分たち2人だけが幸せな結婚は、何とも心細い結婚となってしまいます。

もしも、困ったことが起きたとしても、祝福されない結婚をした2人に手を差し伸べてくれる人は誰もいないかもしれません。

自分たち2人の味方になってくれる人が居れば、安心して結婚したいと思えるでしょう。

また、2人の結婚を喜んでくれる両親の顔や、背中を押してくれる友人の温かい言葉によって、改めて結婚する責任の重さと幸せを噛み締めることが出来きます。

周囲からの祝福は、結婚することで、自分も周りも幸せになれると確信出来、結婚の大きな決め手となるでしょう。