仕事が忙しい男性への連絡方法7つ

仕事が忙しい男性への連絡方法7つ

仕事で忙しくしている男性は、することもしたいことも多く、毎日たくさん活動しています。

そんな彼に連絡を取りたい時は、コミュニケーションの一部というより、「確認」の手段として考える方が合っています。

予定が空いているか、場所や内容に問題はないか、相手の意志や都合を確認するものです。

会う機会も少なく、なかなか会えない相手もいると思いますが、効果的な連絡をして、相手の気持ちにアピールしていきましょう。

仕事が忙しい男性への連絡方法

用件は具体的に

彼に連絡する時は、電話をかけるよりも、メールやラインなどの文章で送ることが増えるでしょう。

文面にしておいた方が、形に残るので、連絡内容を後から見返して思い出すことができます。

その時送る文章も、彼に合わせて送りましょう。

内容は短く、具体的に。

相手がイエスかノーで返事しやすいのが理想的ですね。

都合が悪かった場合は、代わりに何か提案してくれるでしょう。

こちらから送る文章が短い方が、相手は読みやすくて、印象に残るでしょう。

長すぎて、何が伝えたいかわからないのは相手が読むテンションが下がってしまいます。

急かさない

こちらから何か提案して、相手の反応を知りたいのは当たり前です。

イエスかノーでも言ってくれないと、あなたも予定を作りかねて困ることもあるでしょう。

でも、彼は忙しかったり、気持ちが追いついていないかもしれません。

返事を待つ側は気になりますが、徹夜の後に爆睡などしていて、理由なくメールを見ていないことは多々あります。

連絡が返ってこない時は、広い心でいることがコツです。

あなたも自分の用事に取りかかるなどして、マイペースに過ごすと良いです。

メールやラインはキャッチボールのつもりで

忙しい人と連絡を取る時は、あなたから連絡をしたら、相手から返事が来るまで待ちましょう。

一つのボールをゆっくり投げ合う感じです。

相手は忙しくて、プライベートの連絡は見ていないかもしれません。

何度も連絡が来たら、返事を催促されている気がして、追い込まれている気持ちになることも考えられます。

楽しい気持ちでやりとりできるように、ゆったりしたペースでの連絡が取り合えると良いですね。

どうしても、たくさん伝えたいことがあるなら、たまに写真を送ったりする程度にして、返事を求めないように連絡すると良いでしょう。

返事を忘れられても気にしない

忙しい人には、連絡してもなかなか返事が来ない場合があります。

メールやラインに目を通しても、返事は後にしようと思いながら、そのまま忘れてしまうことがあります。

あなたに対する興味が元々高かったり、返事することが必要なメールならすぐ返すかもしれませんが、単に忘れてしまうこともあるでしょう。

きっとそういうことは、相手が忙しい限り、何回もあるでしょう。

それにある程度慣れておくと良いでしょう。

相手を責めることは避けましょう。

その間に、あなたも自分の用事を済ませておくのはいかがでしょうか。

気持ちも紛れるはずです。

明るく

仕事の忙しさは、本人が望んでいないのにそうなっていることがあります。

こんな時は、きっと相手はストレスを感じているはずです。

仕事そのもの以外に、多さにも不満が出てきます。

早くいろいろな仕事を片付けようと集中している時間が長く、緊張感もあるでしょう。

そんな忙しい相手への連絡は、暗い気持ちになるものは避け、軽い気持ちになるものが良いでしょう。

綺麗な写真を添えたり、明るい言葉も入れると良いと思います。

短い連絡の中にも、気持ちをほっとさせるものがあるなら、相手はあなたからの連絡が楽しみになるかもしれませんね。

興味を引くように

普段から忙しくしている相手は、たくさんの情報に囲まれて過ごしているでしょう。

その中で、あまり自分にとって意味が感じられないことは、頭の片隅に追いやるでしょう。

何でもないつぶやきよりも、その人の興味を引くようにしたら、あなたからの連絡を覚えていてくれると思います。

目の前を通り過ぎる何でもない情報の一つにならないように、相手の心に残る連絡をしたいですね。

ほっとさせてくれる言葉や、和むような画像をつけるのも良いです。

乾いた心に少し潤いが戻るように、優しさが伝わると良いですね。

同じトーンで

忙しい人は、あまり頻繁に連絡が取れない相手です。

内容も、電話や直接顔を見ての会話よりも、そっけなく感じることもあるでしょう。

最低限の連絡をすることが多いです。

あなたも、相手に合わせると波長が合いやすくなります。

絵文字を使わない相手には、あっさりとした返事を。

スタンプを使わない相手には、それも合わせて。

あまり連絡に飾りは必要と考えていない相手にとっては、不要なものがついているほどストレスになることがあります。

一緒に楽しいやりとりをするのは、会った時でもできます。

それまで、相手の気持ちを疲れさせないように連絡できると、忙しい相手とお付き合いする時は効果的に仲を深めていくことができます。