年下男性が年上女性と結婚を決めた理由7選!

年下男性が年上女性と結婚を決めた理由7選!

年下の彼氏が居る女性にとって、「結婚」という存在は何となく遠い存在に感じますよね。

収入や貯金などの金銭面の問題に加え、何よりも「年上の私と結婚なんて考えてくれるのかな?」という不安要素があるものです。

では、実際に年上の彼女との結婚を決めた男性達は、一体どのような理由で結婚を決めたのでしょうか。

そこには「年下男性×年上女性」の組み合わせならではのメリットや、様々な理由がありました。

年下男性が年上女性と結婚を決めた理由

年齢に関係無く、彼女の人柄に惹かれた

まずは、彼女が年上である事は特に気にした事が無く、彼女の人柄自体に魅力を感じ、結婚を決めたというパターンです。

女性は年齢の差を気にしすぎてしまう傾向があまりますが、むしろ男性は「年齢なんて関係無い」と考えている場合が多いのです。

世間には「男性=若い子が好き」という風潮がありますが、全くそうではない男性も多く存在します。

年の差に関係無く、一人の人間としてしっかりと相手の人柄を見つめられる男性は、非常に素敵ですね。

しっかりした性格に惹かれた

年上彼女ならではの、グイグイ引っ張ってくれる部分に惹かれたというパターンです。

「相手にリードされたい」「甘えたい」という願望を持っている男性は意外にも多く、そんな彼らにとって、年上彼女は念願の存在とも言えます。

また、最近では「年下の男性がタイプ」「面倒を見てあげたい」という女性も増えてきている為、互いにwin-winの関係を築く事が出来ます。

年上のしっかり者の彼女なら、結婚後の家計の管理や子育てなど、主婦業を安心して任せられますよね。

年上ならではの包容力に惹かれた

年上彼女は、社会経験が豊富なだけあり、年下彼氏に対して寛容な心を持っています。

また、年下彼氏を持つ女性達は、彼氏を「可愛い」と感じている場合が多く、少々の事は大目に見てしまう傾向があります。

もしも年下彼女と付き合っていたら喧嘩になっているような事でも、年上彼女は優しく包み込んでくれるのです。

また、男性は女性にどこか母親の面影を求める傾向があるため、母親のような「包み込んでくれる優しさ」にはひときわ魅力を感じます。

そんな年上彼女の包容力に、「生涯支えてほしい!」と感じ結婚を決める男性は少なくありません。

年下や同級生に無い「大人の色気と余裕」に惹かれた

年上女性の最大の魅力は、やはり「大人の色気と余裕」なのではないでしょうか。

男性なら誰しも、年上の女性に憧れを抱く時期があるものです。

年上の余裕ゆえのミステリアスさや、醸し出される色気は、年下や同級生の女性には無い部分です。

そんな年上女性ならではの魅力が、彼らの心を掴んでいるのです。

「憧れの年上女性に猛アピールを続け、ようやく交際に至る事が出来た」という男性は少なくありません。

このような男性は一途な場合が多く、交際初期から結婚を視野に入れています。

高嶺の花であった彼女を逃さまいと、「結婚して自分だけの物になってほしい」と強く願い、結婚を決める場合が多いのです。

自分よりも社会経験があり、知識の豊富さに惹かれた

年上彼女は、年下彼氏よりも生きてきた年月が長いため、豊富な社会経験に加え、沢山の知識を持っています。

例えば、デートでの食事の場所1つ取っても、年上彼女は様々なお店を知っていますよね。

また、社会経験が豊富なため、年下彼氏が持つ悩み事に対して、非常に的確なアドバイスや対処法をくれます。

そんな年上彼女と一緒に居ると、様々な事を学べる機会ができ、自分まで成長させてくれる気がしますよね。

生涯のパートナーとして生きていく上では、そんな年上彼女はとても頼りになり、支えとなってくれる存在と言えます。

年上なのに甘えてくれる可愛さに惹かれた

基本的にしっかりしていて頼りになる年上彼女ですが、可愛く甘えてくれる時のギャップには堪らないものがあります。

男性は女性のギャップに弱い為、そんな年上彼女に「守ってあげたい!」と保護欲を掻き立てられます。

特に、自分が年下である事を気にしている男性にとっては、甘えてくれる事が嬉しく、自信になるのです。

基本的に男性は女性に甘えられる事に弱いものですが、普段はしっかりしている年上彼女だからこそ、余計にグッとくるのでしょう。

「しっかり者の顔」と「甘えてくれる可愛い顔」の2つを伏せ持つ年上彼女は、女性としても結婚相手としても、文句の付け所がありませんね。

親に結婚を後押しされた

こちらは特殊なパターンですが、親が「姉さん女房賛成派」で、背中を押されたパターンです。

実際に両親が「母親が年上、父親が年下」という夫婦の場合は、特に姉さん女房に賛成派の場合が多いです。

昔は「年上の女房は、金のわらじを履いてでも探せ」なんて格言があった程、年上彼女は歓迎されていたのです。

芸能界でも、年上の奥さんを持つ男性は多く、おしどり夫婦と呼ばれる方々も沢山存在していますよね。

また、親が「うちの息子はどこか頼りなくて心配」と感じている場合は、余計に年上彼女は有難い存在であり、結婚を後押しする気持ちが分かります。

姉さん女房はしっかりと男性を引っ張ってくれる上、家庭を安心して任せられるため、親にとっては大歓迎の存在なのかもしれませんね。