気が弱い男の特徴7つ

気が弱い男の特徴7つ

優しい男性はとても魅力的で女性からも人気が高いのですが、気の弱さを孕んでいる場合も多いでしょう。

いざと言う時に頼りにならない男性は、いくら優しくても嫌ですよね。

今回は、気が弱い男の特徴についてご紹介していきます。

気が弱い男の特徴

人前に出ることが苦手

気が弱い人は、緊張しやすく、人から注目されることがとても苦手です。

出来るだけ表舞台に立たずに済むように、ひっそりと佇んでいるでしょう。

子供の頃を思い出してみても、授業中に答えが分かっているのに手を挙げずに、先生から視線を逸らしてはなかったでしょうか?

大人になった今でも、人前でスピーチする事になった時などは、前の晩から緊張で眠れないなんてことがしばしばあるようです。

出番ギリギリまで、誰か代わってくれる人はいないかな…。なんて往生際の悪いことを考えているのです。

気の弱さは、時が経ってもなかなか克服するのは難しい模様です。

すぐ人の意見に合わせる

気の弱い人は、ある意味人付き合いが上手く、人間関係のトラブルには巻き込まれにくいでしょう。

人に嫌われるのが怖いので、人との対立を避けるために、いとも簡単に自分のプライドを捨てることも躊躇いません。

本当は自信を持って進めていたプロジェクトなのに、反対意見を述べられると「そうですよね、こんなので上手く行くわけないですよね。」と簡単に折れてしまいます。

気の弱さは、日常生活の至る所で垣間見えるでしょう。

友達や彼女と出かけて、ランチを食べる時にも、お店選びはすべて人任せになりがちです。

パスタが食べたい気分でも、相手がラーメンが良いと言えば、「そうしようか!」と人に合わせてばかりなのです。

協調性があるので人には好かれやすいですが、男らしい決断力には欠けているでしょう。

挙動不審な行動が目立つ

気が弱い故、時々キョロキョロしたり、オドオドしたり挙動不審な行動になってしまいます。

行き慣れないオシャレな雰囲気のお店を訪れると、どうしていいか分からずに、辺りをキョロキョロして、何杯もお水をお代わりしたり、好きな女性との待ち合わせでは緊張のあまりあっちへ行ったりこっちに来たり、待ち合わせ場所周辺をうろついて、落ち着きのない様子だったりとカッコイイところを見せられないでしょう。

大抵の女性は、頼りなく挙動不審な男性に対して異性としての魅力は感じにくいのですが、そんなところが可愛いと一部の女性からは好意を持たれることもあるようです。

強い人にヘコヘコする

権力を持った人や、気の強い人を前にすると、気が弱い男性は、急に萎縮してヘコヘコしだします。

普段は威勢が良く、決して気が弱そうには見えない人でも、社長や上司など自分よりも上の立場の人の前では、人が変わったようにゴマを擦り始めたり、全て言いなりになってしまっているようでは、いつもの威勢は見せかけで、本当は気が弱い男だったのでしょう。

社会人として、上司を立て、上手に世の中を渡っていく事はとても大切なことですが、ここぞという時には相手が誰であろうと譲らない芯の強さも必要です。

気が弱いとなかなか偉い人を前にして自分の意見を堂々と伝える事は難しいでしょう。

声が小さい

気が弱い男は、自分の意見に自信が持てないのでいつも小さな声でボソボソとつぶやくように話します。

「今自分が喋ってしまったら、誰かの邪魔になってしまわないだろうか…。」

「こんな事を言ったら誰かに馬鹿にされるんじゃないだろうか…。」など周囲の反応が異常に気になってしまうのです。

グループで話し合いをする時には、ほとんど口を開かず、話したとしても周囲の雑音にかき消されてしまうほど小さな声で、聞き返される事が多いでしょう。

自己主張が少ないので、いつも自分の思い通りに物事が進むことはなく、満足感の得られない日々を過ごすことがほとんどです。

目が合わない

話すこと以外にも、人の目を見ることも大切なコミニケーションの1つです。

気が弱い人は、人と関わることが苦手なので、人の目を直視することができません。

悪いことをした覚えもないし、やましいこともないのですが、まっすぐ人と目を合わせると途端に緊張してしまうのです。

目の前の相手は、特に何の意識をしているわけでもないのですが、目を見つめられると自分を見透かされているような気がしたり、いやつ的に感じてしまうのです。

気が弱い人は、極端に自分に自信がないため、深読みをし過ぎて、ネガティブに物事を考えやすいのでしょう。

恋には奥手

男性は、純粋で単純な生き物なので、肉食男子はもちろんのこと、一見、草食系男子に見えるひ弱そうな男性も、好きな女性ができたら、自分から連絡先を聞いたり、遊びに誘ったり、自分からアプローチをしていくでしょう。

しかし、気が弱い男性は、どうやっても恋に積極的になれません。

何度となく女性に声をかけるイメージをしてみるも、「好きな女性にアプローチをして、嫌われてしまったら…。」などネガティブな考えが頭をよぎり、それならば、大人しくしておいて現状を維持した方がまだマシと、アプローチを断念してしまうのです。

気が弱い男性は、恋に奥手で、恋愛できたとしても、女性からのアプローチ受け入れる形でしかお付き合いは始まらないでしょう。