デートに誘う口実は?

デートに誘う口実は?

好きな人と距離を縮める為にもっとも手っ取り早いのは、「デートをする事」ですよね。

しかし、いざデートをしたくても、「誘い方が分からない」「口実が無い」と頭を抱えている人は多いのではないでしょうか。

確かに、下手な誘い方をすると相手は「いいよ」とは言ってくれない為、その誘い方には気を遣ってしまうものですよね。

そこで今回は、そんな悩める人の為に「好きな人のデートへの誘い方と口実7選」を紹介します。

デートに誘う口実

「行ってみたい店がある」を口実に

いざデートをする前に、まずは「相手と仲良くなっておく」という事が大切です。

誰しも、距離感のある相手とのデートは、どうしても億劫に感じてしまうものです。

その為にも、まずは相手としっかりと話をし、お互いの事を深く知り合っておきましょう。

そして、その会話の流れで「そういえば、最近○○が流行ってますよね!」「行ってみたいけど、一緒に行ける相手が居なくて!」という形で、やんわりデートスポットの話題を持ち出しましょう。

そこで相手も「行ってみたい!」と食いついた場合は、そのまま自然な流れでデートに誘う事が出来ます。

ここで相手が「そうなんだ〜」など微妙な反応を見せた場合は、残念ですがその話は一旦保留にしましょう。

まずはランチからフランクに

デートに誘いたいからと言って、いきなり「明らかなデートスポット」「遠出」「ディナー」などに誘うと、相手は身構えてしまします。

好きな人をデートに誘う際は、まずは「ランチ」からフランクに始める事が重要です。

ランチの時間帯であれば、食事をして早めに切り上げる事が出来る為、お互いに気まずい思いをする時間も少なく済むでしょう。

特に、好きな人が職場の同僚などの場合、「この後お昼行きません?」「美味しい店が出来たみたいなんだけど、どうですか?」と自然な流れで誘う事が出来ます。

「お腹空いたからお昼一緒に行かない?」など、自然な流れを口実に誘ってみると、相手も身構えしにくいでしょう。

相手の好きなものを口実に

デートに誘う際は、出来るだけ「相手が興味を持っている場所」が良い事は明白ですよね。

例えば、アートに興味が無い人を美術館デートに誘った所で、相手は「行きたくない」「興味が無い」と消極的になってしまいます。

デートに誘う以上、自分の興味がある事を先に提案してしまいがちですが、最も大切なのは「相手が興味のある事を提案する」という事です。

その為、デートに誘う前の段階から、相手の好きなものや興味のあるものをしっかりリサーチしておく事が重要です。

そこで得た情報を口実にデートに誘えば、相手が快諾してくれる可能性もグッと高くなるでしょう。

共通の趣味を口実に

デートをする際、最も良いのは「お互いの共通の趣味」をきっかけにする事です。

例えば、お互いに本が好きなら図書館デート、お互いに写真が好きならカメラを持って街中に出掛けるなど、「お互いに話が盛り上がる事」を前提とすれば、非常に楽しいデートをする事が出来るでしょう。

また、人は共通の話題があるほど相手の事を好きになりやすい為、出来るだけお互い盛り上がれる話題があった方が良いのです。

その為にも、まずは相手の事をしっかりリサーチし、自分との共通点が無いかを探ってみましょう。

「自分もそれ好きなんだ!一緒に行かない?」と誘えば、相手も仲間を見つけられて嬉しい上、積極的に誘いに乗ってくれるでしょう。

簡単な用事を口実に

「相手と仲は良いけど、デートはした事が無い」「あからさまなデートスポットは緊張する」という場合、あくまで自然な口実を作ってデートに誘う事も有効でしょう。

例えば、「職場で必要な物があるから、一緒に買い物に来てほしい」「引越しをしたから、手伝ってほしい」など、相手が「これってデート?」と身構えない内容にする事がおすすめです。

まずはこのようなフランクな状態から二人きりになり、そこで仲を深めた上でステップを踏めば、じっくりお互いの事を知る事が出来るでしょう。

このように「自然な口実」は意外と見つけやすい為、日頃からここぞというタイミングを探しておく事が重要です。

相手の「行きたい」を口実に

好きな人と会話をする際は、出来るだけ雑誌やSNSで得たデートスポット情報を会話に盛り込み、相手の興味を引かせる事が重要です。

一風変わったデートスポットや流行の料理など、とにかく相手に「面白そう!」と興味を持ってもらえるような話題を持ち出し、そこで相手が「行きたい!」と言ってくれれば、後はスムーズにデートの約束が取り付けられるでしょう。

このように、相手が興味を持ちそうな情報を前々からストックしておくと、相手も「気になる!」と言ってくれやすくなります。

友人の誘いを口実に

「まずは二人きりでなく、友人も交えたい」「ダブルデートから始めたい」という場合は、共通の友人の誘いを口実にすると、相手は誘いに乗りやすくなります。

例えば、「○○に今度遊園地に誘われたんだけど、せっかくだから一緒に来ない?」という誘い方をすると、相手は「二人きりじゃないなら」と快諾しやすくなるのです。

やはり相手からしても、いきなり二人きりになるよりは、友人が居た方が安心ですよね。

このように、まずは友人を交えたデートから始め、少しずつ距離を縮めていく事もおすすめです。