彼女に愛想が尽きる瞬間7つ

彼女に愛想が尽きる瞬間7つ

彼女の事がどんなに大好きでも、ほんの些細な事がきっかけで、突然愛想が尽きてしまう事があります。

彼女に対する不満の爆発によって愛想が尽きたり、ふとした事が原因で突発的に愛想が尽きたりと、その理由は様々です。

現在大好きな彼氏が居る女性にとって、彼氏に愛想を尽かされるという事態は、絶対に避けたいものですよね。

では、世の男性達は、一体どのような事が原因で彼女に愛想を尽かしてしまうのでしょうか。

彼女に愛想が尽きる瞬間

財布を出す素振りをしなくなった瞬間

もはや耳がタコになるほど頻繁に耳にする話ですが、男性は「会計の際、財布を出す素振りをしない女性」を嫌います。

決して奢る気が無いわけではないのですが、財布を出そうとしない女性の「奢られて当然」という態度にイラッとしてしまうのです。

付き合いたての頃はいつも可愛らしく財布を出していたのに、付き合いが長くなると共にお礼すら言わなくなった…というパターンは、よくある話です。

「お金は男性が払って当然」という態度がちらりと見えた瞬間、男性のプライドを大きく傷付け、愛想が尽きる原因に直結してしまいます。

「女を捨てている」と感じた瞬間

出会った頃はとても魅力的で、デートの度に気合いを入れてオシャレをしてくれていた彼女。

しかし、付き合いが長くなると共にすっかり慣れ切ってしまい、明らかに容姿や言動に女性らしが無くなった…というパターンです。

付き合いたての頃は決してスッピンを見せてくれなかったのに、今では家では常スッピンで、髪はボサボサ。

そして恥じらいも無くなり、服装もいつも適当…そんな「女を捨てている」彼女には、異性としての魅力も感じなくなります。

男性は、「女性にはいつでも女性らしく、綺麗で居てほしい」と感じているものです。

その為、あまりにも変わり果ててしまった彼女の姿には、げんなりと愛想を尽かしてしまいます。

態度が傲慢すぎる瞬間

付き合いが長くなると共に、どうしても人間は本性が出てくるものです。

出会った頃はネコを被って可愛らしくしていた彼女も、時の流れと共にその本性が明らかになります。

付き合いたての頃、何をプレゼントしても、何を食べに行っても、笑顔で大はしゃぎしてくれていた彼女。

しかし、付き合いに慣れてくると共に、「そんなのいらない」「○○は食べたくない」など、すっかりキツイ物言いをするように。

「こんな子だとは思っていなかった!」と、頭を抱える男性は少なくありません。

あまりにも傲慢になりすぎた彼女の態度に耐え切れず、大好きだった気持ちも冷めてしまいます。

仕事に対して文句を言われた瞬間

恋愛中の男女間でよく耳にする、「仕事と私、どっちが大事なの?」というフレーズ。

女性は複数の事を同時進行出来る生き物ですが、男性にはそれが出来ません。

女性が仕事と恋愛、更には趣味の時間まで同時進行で楽しむ中、男性はどれか1つずつしか手を付けられないのです。

女性が「仕事が忙しくても、連絡くらい出来るでしょう?!」と怒っても、男性は仕事中は仕事以外何も考えられない為、男女間に溝が生まれてしまいます。

そして、男性は仕事に対して文句を言われる事をひどく嫌います。

その為、しつこく「そんなに仕事が好きなの?!」などと責め立てられると、愛想が尽きてしまいます。

「仕事に関する事は、そっと見守ってほしい」と考えている男性達にとって、仕事に文句を言う女性は、足枷な存在でしかありません。

束縛された瞬間

大好きな彼女の多少のワガママは可愛いものですが、あまりにも度が行きすぎた束縛には、ウンザリしてしまいます。

例えば、仕事中でも彼氏に頻繁に連絡を入れ、返事が無いと怒る女性。

彼氏の周りに女性が居ないか、彼氏が浮気をしていないか心配なあまり、むやみやたらに探ったり、携帯をチェックする女性。

「いつもどこに居ても連絡をしてほしい」「毎日必ず連絡してほしい」と、マメな恋愛を義務付ける女性。

このように、あまりにも自分の生活を縛ってくる女性には、「面倒くさい」「逃げたい」「怖い」と感じてします。

特に、「携帯をチェックする」という行動には、「どんなに好きでも一瞬で冷める」と言う男性が殆どです。

結婚を急かしてきた瞬間

主に20代〜30代の年齢の女性はいわゆる「結婚適齢期」と言われる年代です。

その為、結婚に対して焦りを感じている女性も多く、彼氏に対して「ちゃんと考えてくれてるのかな?」とヤキモキしたり、結婚を意識させようとします。

しかし、女性とは違い、20代〜30代の男性が結婚に焦る事は殆どありません。

男性は「何歳になっても結婚できるだろう」という余裕があり、「まだまだ自由の身で居たい」などと考えている場合が多いのです。

そこに男女の間でギャップが発生してしまい、彼女は煮え切らない彼氏に不満が募り、彼氏は「彼女が結婚を急かしてくるのが面倒くさい」「ウザい」という不満が出るのです。

確かに、まだまだ結婚なんて視野にも入れてない男性にとっては、結婚を急かす女性の態度は、愛想が尽きる大きな原因なのかもしれません。

他の男性と親しくしているのを目の当たりにした瞬間

中高生の頃とは違い、「彼女が男性と話をしているだけでも許せない!」などと言う男性は少ないですが、あまりにも親しそうにしている場合は、話は別です。

ある程度の年齢ともなると、さすがに異性とのコミュニケーションにも慣れ、気軽に交友関係を持つ事が出来ます。

しかし、この「交友関係」が、彼女に言わせれば「ただの友人」でも、彼氏から見れば「浮気」だと感じる場合があります。

「浮気だと思うライン」は人それぞれ違う為、男女間で溝が生まれてしまう場合も珍しくありません。

彼女からすれば「浮気ではない」事でも、彼氏から見て「どう見ても親しすぎる」「ただの友人には見えない」と感じた瞬間、愛想が尽きてしまうのです。