気分屋な女性の特徴や心理7つ

気分屋な女性の特徴や心理7つ

昨日と今日では言っていることが真逆だったり、やると言っていたのに、一向にやる気配を見せない気分屋な女性は、一体何を考えているのでしょうか。

コロコロと話を変えられると、何を信じていいか分からず、周囲も混乱してしまいます。

今回は、気分屋の女性の特徴や心理についてご紹介していきます。

気分屋な女性の特徴や心理

面倒くさがり屋

テンションが高いときと、テンションが低いときの落差が激しい女性は、気分次第で行動が変わります。

テンションが高くてやる気がみなぎっている時は、「ダイエットを頑張る!」「もっと仕事頑張ってお金を貯める!」「彼に告白する!」とプラス思考に意気込むのですが、うまくいかないことが続いたり、嫌なことがあるとすぐに全てが面倒くさくなってしまうのです。

昨日までのやる気はなんだったの?と周囲は驚きを隠せないでしょう。

0%か100%のどちらかしか彼女の中にはなく、やる気が起きている時の彼女と、やる気がない時の彼女のはまるで、別人なのです。

責任感がない

言っていることがコロコロと変わる女性は、自分発言に責任を持っていないのでしょう。

だから芯がブレブレで、誰かにちょっと指摘を受ければ発言をコロっと変えるのです。

そもそも発言自体に深い意味はないのかも知れません。

責任感がないので、後先考えずにものを言ったり、気分次第で突発的に行動を起こして、都合の悪い事態になると急に身の振り方を変えなくてはいけなくなるのです。

自分のしたことには最後まで責任を持つと決めておかないと、周囲を巻き込んで大変な自体になってしまうのです。

こんなことを続けていると、周囲から嫌われ、人がどんどん離れていくでしょう。

大雑把な性格

小さい事にこだわりたくないという豪快な性格の女性は、大きな選択をする時も、今の気分で決めてしまいます。

だいたいこんな感じでいいだろうと、大雑把に考えて、緻密に計画したり、予定通りに実行することはないので、結果的に当初のイメージとはかけ離れて嫌になる事が多いのでしょう。

そういう女性は、何をやっても中途半端で終わってしまいます。

だいたいにして、人生の選択を気分で決めてしまうのはリスクが大きすぎます。

考えれば考える程、頭も心も疲れてしまいますが、それでも人生の後悔を少なくするためには、思考を凝らすことは大切なのです。

飽きっぽい

気分屋の女性の困ったところは、何事にも飽きっぽく、1つとして長続きしないことです。

健康に良いとテレビで取り上げられていたものをすぐに試してはみるものの、あっという間に自分の中のブームが過ぎ去ったり、一念発起して始めた英会話を1ヶ月足らずでやめてしまったり、とにかく物事が長続きしないのです。

それは恋愛でも同じことが言えるでしょう。

お付き合いするまでは、何としても彼の気を引きたくて、マメに連絡をしたり、手作りのお菓子を渡したり、健気に女子力をアピールしますが、いざ彼を手に入れてしまうと、どういうわけか、片思いしていた時の情熱がどんどん冷めて素っ気ない態度を取ってしまうのです。

飽きっぽい性格のせいで、安定感のない生活になってしまうでしょう。

自己中心的な性格

気分次第で人に優しかったり、キツく当たったり、自分のやりたいと思った事は決して譲らなかったり、気が向かない事はとことん手を抜いたりするので、自己中心的な人だと思われてしまいます。

根は優しくて、友達思いだったり、人情味のある人なのですが、気分屋な言動で人がを振り回してしまう事は確かなので、色々と誤解されてしまうことがあるでしょう。

普通にしていても、敵を作りやすい損な性格なのです。

かと言って、気分屋な女性は、万人に好かれたいとも思っていないので、人に嫌われたところで、さして気にならないでしょう。

神経が図太い

気分屋の良いところは、楽天的でメンタルがとても強いところです。

普通の人なら、数日間ヘコんでしまうくらいキツく怒られてしまっても、気分屋な女性は数分後にはケロっとしているでしょう。

その姿を目撃されてしまい、反省の色が見えないとして、また更に怒られてしまうかも知れません。

気分屋な女性は、何と言いましょうか、つまり神経が図太いのです。

おかげでストレスを溜め込む事はあまりないでしょう。

嫌なことや、辛いことがあっても、ご飯を食べて眠ってしまえばすぐに忘れて、また明るく楽しい日々を過ごすことができるのです。

空気を読まない

気分屋な女性は、あえて空気を読もうとはしません。

周囲がなんと思おうと、1番大切なのは自分の感情なのです。

その場の雰囲気が悪くなっても、自分が嫌なものは嫌だし、やりたい事は絶対にやりたいので、どうしても譲れないのです。

いい人だと思われたいという気持ちがあるのであれば、自分の気持ちを押し殺してでも、周囲の顔色を伺って、人に配慮しながら行動するでしょうが、そんな気はサラサラないのでしょう。

自分が思ったように、自由に我が道を生きていくのが、気分屋の女性の短所でもあり、長所でもあります。

人の目が気になって気を遣ってばかりいる人からすると、気分屋な女性の性格は羨ましがられるかも知れませんね。