既読スルーする男性心理7つ

既読スルーする男性心理7つ

せっかくLINEを送ったのに、待てど暮らせど返信が来ない…。

既読はついているのに…。

こんな経験をした事はないでしょうか。

何とも思っていない男性ならどうって事ないかも知れませんが、気になる男性にされたら気が気じゃないですよね。

今回は、既読スルーする男性の心理についてご紹介していきます。

既読スルーする男性心理

返事をするまでもないと思っている

あなたの送ったLINEを今一度を見返してみましょう。

彼が返事に困る内容ではなかったですか?

「今勉強してるんだけど、全然捗らないよー!」

「今日は天気イイね!」

なんてどうでも良いLINEを送っていなかったでしょうか。

今日あった出来事を日記風にLINEしてきたり、「ふーん、それで?」と思うようなLINEだと大抵の男性はスルーしてしまいます。

これ以上、くだらないLINEが来て自分の時間を拘束されるのももったいないし、あえて返さないで自分の時間を満喫したいと思っているのでしょう。

ただし、好きな女性からのLINEは別物です。

どんなにくだらないLINEが送られてきても、必死に言葉を絞り出して返信しようとするでしょう。

考える時間が欲しい

真面目で誠実な男性ほど、LINEの返信に時間をかける傾向があります。

特に深刻な悩み相談や、長文のLINEが送られてくると、下手にLINEを返して相手を傷つけはしないか?と不安になってしまうのです。

相手のことを真剣に考えているからこそ、既読スルーの状態になってしまっても、ゆっくりと言葉を選ぶ時間が欲しいのです。

LINEの内容がシリアスな内容でなかったとしても、失礼のないように返事を返したいという思いがあり、じっくりと時間をかけて、気遣いに溢れたLINEをしようとしているに違いありません。

単純に面倒くさい

一般的に学生ならば、LINEのやり取りに時間を割く余裕はあるかも知れませんが、受験勉強で忙しい学生や、仕事をしている人は、やるべき事に追われているので、くだらないLINEのラリーをしている場合ではありません。

かまってちゃんが送ってくる何の意味もないLINEは特に面倒くさくて、つい既読スルーをしてしまうでしょう。

また、本当はLINEを返したい気持ちがあったとしても、体調が悪い時、疲れている時、眠い時などもLINEを返す気力が起きません。

コンディションが悪い時は何をするにも億劫になるのは仕方がありません。

都合が悪いから先伸ばしにしたい

普段は既読スルーなんてするタイプの人ではないのに、彼が突然既読スルーをした時には、彼の心に何らかの変化があったのでしょう。

例えば、他の女性のことが密かに気になっていたり、彼女にはまだバレていないけど、浮気をしているなど彼女に知られては都合が悪いことを隠しているのかもしれません。

浮ついた気持ちだったり、罪悪感を感じたままの心理状態で、安易にLINEを返信してしまうと、ボロが出そうな気もするし、都合が悪くてなかなか返信できないのでしょう。

ありのままを曝け出したら、きっと怒られるに違いないだろうから、今は外身をひそめるようにしておいて、怒られるのを先送りにしようという魂胆なのかも知れません。

相手の事が嫌い

男性は、女性が思うよりもずっと素直で単純な生き物です。

好きなものの為なら、底なしのパワーを発揮出来るし、嫌なことはとことん嫌って全く手をつけようとしなかったり…。

子供の頃の学習スタイルを思い出してみても、頭の良い女子は、小さい頃からコツコツと勉強を積み重ねてきたタイプで、男子の場合は、小学生の頃は成績が振るわなくても、行きたい学校や就きたい職業を見つけた途端、凄まじいスピードで学力をアップさせていたでしょう。

今日は、男性の場合自分自身の気持ちがとても重要で、好きな女性のLINEには必ず返信をしますし、嫌いな女性からのLINEは平気で無視をするのです。

LINEが返ってくるか、帰ってこないかで、残酷なほどハッキリ彼の好意が分かるでしょう。

忙しくて返事をする余裕がない

いつも仕事や趣味で忙しい男性は、普段から度々、既読スルーすることもあるでしょう。

やるべきことがたくさんあると、スマホを見る時間すら惜しいのですが、時計やスケジュールを確認しようとスマホをチラッと見たついでに届いたLINEを確認したのでしょう。

とりあえず既読がついたものの、内容まではしっかりと読めていないのかもしれません。

仕事が終わったら後でゆっくり読むつもりでそのままにしているのではないでしょうか。

いつもはマメにLINEの返信をしてくれる彼でも、たまには忙しくて返事ができない時もあるでしょう。

言葉がまとまらない

LINEを読んだとしても、なんと返信をしたら良いのか分からない時もあるはずです。

くだらないLINEでも、大事な用件のLINEでも、瞬時に返す言葉がまとまらないまま、文字を打っては消し、打っては消しを繰り返した経験はあるでしょう。

まさに彼もその状態に陥っている最中なのかも知れません。

結局、ふさわしい言葉が見つからずに、一旦休憩を挟んで返信をしようとしているのではないでしょうか。

そうであれば、あなたのことを決してどうでも良い人とは思っていないのでしょう。

不愉快な思いをさせたくないから時間をかけて言葉を選ぼうとしているのです。