女性に経済力が大切な理由は?

女性に経済力が大切な理由は?

昔から「男は働き、女は家庭を守る」という風潮が蔓延していた日本では、時代が変わった今もなお「男性はなるべく沢山のお金を稼ぐべき」という価値観が強く根付いています。

しかし、時代が大きく変わった現代だからこそ、男性だけでなく女性にも経済力が求められている事をご存知でしょうか。

特に、「結婚願望が無い」「出来れば一生独身で居たい」という考え方の女性であれば、より高い経済力が必要とされます。

今回は、「女性に経済力が大切な理由」には一体どのようなものがあるのか、その7つの理由を紹介します。

女性に経済力が大切な理由

いつでも好きな事が出来るから

一昔前の日本では、女性の社会進出は考えられない事でした。

しかし、時代の移り変わりを繰り返し、現在では「男女平等」が強く叫ばれたり、女性でも社会である程度の地位を手にする事が出来るようになりました。

そして、そんな時代の変化は「女性にとっての幸せは結婚と出産をする事」という昔ながらの価値観を覆し、「女性でも好きなように人生を送っていい」という風潮をも生み出しています。

女性の多様な生き方が認められつつある昨今、自分の好きな事を見つけた際にすぐに挑戦出来る現代であるからこそ、お金はどれだけ持っていても損ではありません。

いつまでも美しくいられるから

10代や20代前半の間は、将来自分が歳を取って老化する事など、ほとんど考えないものです。

しかし、残念ながらどんな女性にも必ず老いはやってきます。

そして、いざ年齢を重ねた時、「もっと頑張っておけば良かった」と後悔しても後の祭りなのです。

ですが、「老いを止める事」は出来なくとも、「いつまでも美しくいる事」は決して難しくありません。

その為に必要なのは、非常に現実的ではありますが、やはり「お金」なのです。

様々な技術の研究が進んでいる日本では、お金を出せばどこまでも美を追求する事が出来ます。

特に、まだ若い今の年齢から「ずっと綺麗な人で居たい」と考えている女性であれば、なるべく沢山の貯金を持っておく事が賢い選択です。

婦人病のリスクに備える事が出来るから

女性の人生において切っても切り離せないもの、それは「婦人病」です。

いくら健康に気をつけた生活をしていようとも、どれだけ毎日努力していようとも、婦人病は誰にでも起こりうる病気なのです。

また、「婦人病は中年の女性がかかる病気」というイメージがありますが、20代で発症するパターンも決して少なくはありません。

「いつ起こりうるか分からない」、それが婦人病の恐ろしさなのです。

「まだ若いから大丈夫でしょ」と軽く捉えるのではなく、若く体力のあるうちから保険に入ったり、それなりに貯金をしておく事が大切です。

一人でも災害に備える事が出来るから

近年災害が頻発している日本だからこそ、「事前準備」や「日頃からの備え」の重要性が高く叫ばれています。

家庭がある女性であれば、いざとなった時の為に家族全員分の避難グッズなどを準備している事がほとんどです。

ところが反対に、独身の女性ほど「何とかなるでしょ」という余裕を持っている事が多く、「避難グッズや備えを全く準備していない」というパターンは珍しくありません。

しかし、独身の女性の場合、いざという時は自分の身は自分で守るしかありません。

いざとなった時、頼りになるのは自分しか居ないのです。

その為にも、高い経済力を持って日頃から貯金を蓄えておけば、災害時に備えた事前準備を充実させられる上、被災した際にもひもじい思いをしなくて済むのです。

結婚後に役立つから

仕事をする事が楽しすぎるあまり、「私は一生結婚しない!」「旦那なんか要らない!」と考えている女性は多いのではないでしょうか。

はたまた、「まだまだ結婚の予定も無いし、貯金は要らないかな?」という女性も居るでしょう。

しかし、いつ何がどこで起こるか分からないのが人生です。

極端に言ってしまえば、数時間後に結婚相手と出会う可能性もあるのです。

それを前提とした時、結婚準備にも結婚後にも、とにかくお金が無い事には始まりません。

さらには、子どもを出産する可能性だってあるのです。

どれだけ今の自分にとって結婚が遠い存在であろうとも、いざという時に貯金は必ず役に立つます。

そんな時、高い経済力を持っていれば、突然の事態にも余裕を持って対処する事が出来るでしょう。

親と自分の老後に備える事が出来る

「私は何が何でも結婚しない」という強い信念を持っているのであれば、必然的に高い経済力が必要とされます。

ただ生きていくだけであればそこそこの給料でも可能ですが、ここで難しいのは「親も自分も歳を取っていく」という事です。

将来の親の介護費用や自分の老後の事を考えると、普通レベルの経済力の貯金では到底追いつかないでしょう。

「今生活出来ているから大丈夫」ではなく、「将来的にどうなるか」を冷静に考えてみると、おのずと高い経済力を持つべき理由が見えてきます。

「絶対に結婚せずに生きていく」と心に決めているのであれば、今のうちからコツコツと能力を伸ばし、年収を上げる努力をしておく事が大切です。

男性に頼らずとも生きていける

独身貴族を公表している女性の中には、「男性に頼りたくない」という価値観を持った女性も多く存在します。

昔から「結婚こそが女性の幸せ」という価値観がある日本では、「女性は家庭に入り、男性に養ってもらうもの」という風潮が蔓延していました。

時代が大きく変わった昨今であるからこそ、その風潮は徐々に薄れてきてはいますが、未だに「結婚して男性に養われたい」「結婚して楽になりたい」という女性は後を絶ちません。

そんな女性を横目に、「私は男性に頼らずに一人で生きていきたい!」と強く感じた事のある女性は多いのではないのでしょうか。

そこで最も大切なのが、経済力の高さなのです。

女性でも社会進出や出世が見込めるようになった昨今、経済力さえあれば一人で生きていく事は容易い時代になっています。

「絶対に男性には頼らない」という意識を強く持つ女性こそ、今からキャリアを積んで将来の人生に備える事をおすすめします。