バツイチ子持ちの男性と結婚して幸せになる秘訣は?

バツイチ子持ちの男性と結婚して幸せになる秘訣は?

バツイチ子持ちの男性と結婚を悩んでいる方もいると思います。

これからの生活で不安要素はたくさんあるでしょう。

でも、彼との結婚に限らず、未来には予想外の出来事が溢れています。

人間は不安に焦点を当ててしまいます。

迷うのは当たり前かもしれません。

バツイチ子持ちの彼と結婚しなかったとしても、問題や苦労もあるはずです。

必要以上に怖がらないで、幸せになれるような過ごし方をしたらいいでしょう。

バツイチ子持ちの男性と結婚して幸せになる秘訣

家族を大切に

バツイチ子持ちの彼と結婚すると、お子さんも家族になります。

その子が家族に馴染めるかは、時間がかかるかもしれませんが、心を込めて接するときっと伝わるでしょう。

結婚した相手は彼ですが、彼以外の家族とも仲良くできると良いですね。

結婚する前に、彼の家族の存在はわかっているはずです。

ある程度の覚悟をしてから、結婚に進むと良いでしょう。

結婚してから、「思っていた生活と違った」とケンカが増えることは避けて欲しいですね。

そんな意味でもシミュレーションをしておくのはきっと役に立ちます。

二人の時間も持つ

結婚すると、急にお母さんになって、二人の甘い新婚生活を楽しむという心境にならないかもしれません。

でも、二人が向き合う時間も必要です。

一日10分でも、作ろうと思ったら作れます。

結婚した相手は彼なのですから、たまに二人きりで邪魔されない時間があると良いです。

できれば、女性側の気持ちの戸惑いなどを男性が聞いてあげる時間があると理想的です。

小さな違和感や不満は、早いうちに解消するのが良いです。

そういうものが積もり積もって、大きい喧嘩になるかもしれません。

一ヶ月に一度くらいは、二人でおしゃれしてデートするのも素敵ですね。

ポジティブ

毎日の生活は、理想とは離れたものかもしれません。

それは、女性の理想と男性の理想とは違うことと、独身時代に考えた理想は、「彼女側の理想」だからです。

一人で予想できた未来に、家族が増えたら、思い通りに行かなくて当然です。

人間が増えると、その人数分の価値観が合わさります。

家族全員が妥協できる点を探しながら、皆で試行錯誤するのでしょう。

苦労することや、思い通りになっていない不満も感じるかもしれませんが、結婚して得たものもあるのではないでしょうか。

ネガティブに考えたら、どこまでも不満は尽きませんが、ポジティブに考えて、生活の中の楽しい点を見つけましょう。

成長のチャンス

結婚するのも新しい人間関係を学ぶチャンスですが、バツイチ子持ちの彼と結婚すると、一気に家族が増えます。

今までなかった刺激が多い分、新しい発見がいっぱいあります。

向き合っている時間は振り返る余裕がないかもしれませんが、ふと一息ついたら変わっている自分を見つけられるはずです。

苦手だと感じることを避けてばかりいると、苦手意識ばかり育ちます。

食わず嫌いで、成長はなかなかできません。

でも、それをイヤだと遠ざけられない時は、慣れたら意外と大変ではなくなります。

将来の理想を忘れない

理想はいろいろ変わっていくものですが、いつでも目標を持ち続けていると良いでしょう。

ちょっとした障害物があっても、しっかりと目標があると、乗り越えていけます。

現在の環境が理想と違っても、少しずつ近づいていけるように努力するのも楽しみになります。

理想があまりに遠く感じたら、もう少し近い距離の、新たな理想を持つようにしたら良いです。

それか、達成できるように小さな目標を付け加えるのも良いでしょう。

達成感が全く感じられなかったら、やる気はなくなってしまいますよね。

真剣になりすぎない

バツイチ子持ちの彼と結婚したということは、お子さん含めての彼が好きで、大切にするという覚悟を持って結婚生活に臨んだはずです。

でも、あなたもその生活は初めての経験でしょう。

あまり真剣になりすぎると、自分を追い込む気持ちになってしまいます。

最初から上手にできる人はいません。

その苦労を、旦那さんがわかってくれたら良いのですが、彼があまり配慮してくれないタイプなら、女性が孤立してしまうかもしれません。

そんな時に多くを求められたら、ストレスが溜まり過ぎて鬱になることもあるでしょう。

ほどほどにリラックスしてください。

最初の気持ちを忘れない

相手がバツイチ子持ちだったとしても、女性としては初婚かもしれません。

初めての生活で、楽しみたい気持ちもあるでしょう。

結婚するのは、幸せになるためですから。

毎日の生活が賑やかで忙しくなるかもしれませんが、男女共に、最初の気持ちを忘れないようにしましょう。

お互いの良さを感じて、恋愛感情が高まっていたのも、大切な時間です。

その気持ちを時々思い出すと、相手の好きな部分を思い出せるようになります。

結婚した途端に家族になるのではなく、恋人からだんだん気持ちが変わってきたはずです。

愛情を感じた時期があったことを思い出して、相手に対する優しさを取り戻して欲しいです。