ケチな彼氏の特徴と上手な付き合い方は?

ケチな彼氏の特徴と上手な付き合い方は?

「性格も良く顔もかっこ良いのに、とにかくケチな事だけが欠点」という彼氏を持つ女性が存在します。

彼らは、何かにつけてお金を出し渋る事が特徴である為、そんな彼らと一緒に居るとうんざりしてしまいそうですよね。

実際に、そんな彼氏に「ケチすぎて疲れる」「一緒に居て恥ずかしい」と頭を抱えている女性は少なくありません。

では、そんなケチな彼氏には一体どのような特徴があるのでしょうか。

また、彼らと上手く付き合っていく方法はあるのでしょうか、

ケチな彼氏の特徴

1円単位で割り勘をする

まずは、ケチな彼氏の特徴を紹介していきます。

一つ目は、「1円単位で割り勘をする」です。

ケチな男性は「デート代は男性が払う」という概念を一切持っていない為、どんな時も割り勘が当たり前です。

また、「男性が気持ち多く払う」「端数だけでも多く払う」という事すら全くせず、1円単位できっちり割り缶しようとするのです。

「自分が多く払う事はとにかく許せない」というそんな行動には、思わず百年の恋も冷めてしまいそうです。

どんなに顔がかっこ良くとも、これでは彼女に愛想を尽かされてしまっても仕方がありません。

お金のかかるデートをしない

続いての特徴は、「お金のかかるデートをしない」です。

女性の憧れであるラグジュアリーなレストランなどには一切行こうとせず、「学生のデートみたい」と感じてしまうような店ばかりに行こうとします。

普段から「どんな時でも無駄遣いをしたくない」という意識が強すぎる彼らは、彼女の前でさえもその価値観を貫き通します。

その為、付き合う前こそ「気楽で良いな」と感じるものの、いざ付き合ってみてびっくり、「本当に安い店しか行かないんだ…」と驚いてしまいます。

また、有料のデートスポットなども出来るだけ敬遠し、「家でデートすればタダじゃん」などと言い出す事もある為、ムードの一切無いデートばかりを重ねるのです。

ポイントやクーポンにこだわる

続いての特徴は、「ポイントやクーポンにこだわる」です。

彼女の前のみならず、日頃からケチすぎる生活を送っている彼らは、「1円でも安くする事」に異常な執着を持っています。

その為、店のポイントカードを束のように集めては使い分け、食事や買い物の際には必ずクーポンを持参します。

そのこだわりはデートの際でも変わらず、「この店はクーポンが無いから駄目」「ここはポイント還元が悪いから駄目」などと言い出しては彼女を振り回し、「とにかく安い店」「とにかく得な店」を追い求める事に必死です。

それは、普通の人から見れば「たかが数円単位」ですが、彼らにとっては「されど数円単位」なのです。

堅実な性格は良い事ではありますが、せめてデートの時くらいは控えてほしいものです。

容姿が垢抜けない

最後の特徴は、「容姿が垢抜けない」です。

彼らは、そもそもお金を使う事をひどく嫌う為、自分の容姿にかけるお金ももちろん最低限です。

その為、髪型や洋服に全くお金をかけようとせず、いつも同じ洋服を着ていたり、明らかに安い床屋で切ったと分かる髪形をしています。

さらには、「洗濯代がもったいない」「髪を切るお金がもったいない」という考えまでも持ち合わせている為、その見た目には清潔感のかけらもありません。

そんな状態では、どれだけ顔がかっこ良くともスタイルが良くとも台無しです。

容姿にすら一切のお金をかけない彼らとは、横に並ぶ事も恥ずかしくなってしまいそうです。

ケチな彼氏との上手な付き合い方

彼氏に期待しない

以上のように、ケチな彼氏には独特すぎる特徴がある事が分かりました。

たとえどんなに良い人であっても、このようなケチな行動にはうんざりしてしまいますよね。

しかし、そんなケチな彼氏を持ってしまった場合でも、実は上手く付き合っていく方法もあるのです。

まず一つ目の付き合い方は、「彼氏に期待しない」です。

「ケチな所もあるけど、出来れば一緒に居たい」と考えるのであれば、彼氏に期待する事をやめてみる事をおすすめします。

やはり、女性であれば誰しも「デート代は男性が出してほしい」「ムードのあるデートがしたい」と感じてしまうものですが、ケチな彼氏ではその願望をか叶える事はほぼ不可能でしょう。

その為、「彼氏に期待しても無駄」というある意味の諦めを持ち、「ケチな所もまた個性」と思えるくらいの余裕を持って接する事が大切です。

「一緒に貯金しよう」と提案する

二つ目の付き合い方は、「一緒に貯金をする事」です。

日頃から「1円も無駄にしたくない」というこだわりの強い彼らにとっては、デートをする事すらも「もったいない」と感じてしまいます。

その為、食事の際などは安い店になりがちで、彼女からすれば「もっと良い所でデートしたい」と不満が募りますよね。

では、思い切ってそのデートの数を減らし、「お互いに同じ額ずつ貯金する」という方法を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

お金を貯めて少し奮発したデートをし、残ったお金はまた貯金に回す…そんな提案をしてみれば、彼にも合理的な方法である事が伝わるでしょう。

自分で払う

最後に紹介する付き合い方は、「自分で払う」です。

デートのたびに金額を気にして振り回されたり、1円たりとも多く支払わない彼氏の行動に我慢ばかりしていると、二人の仲もこじれやすくなります。

実際に、ケチすぎる彼の行動にイライラを募らせ、頻繁に喧嘩をしてしまう女性も多いのではないでしょうか。

せっかくのデートの場で会計の度に細かい計算をされたり、何ポイント還元されるかなどを熱弁されると、「一緒に居るのが恥ずかしい」とまで思ってしまいますよね。

そんな面倒ごとを避ける為にも、「潔く自分で払う」という方法はおすすめです。

ケチな彼氏と付き合い続ける気があるのであれば、「この人は一生ケチだ」という事を理解し、最初から自分で払ってしまいましょう。

こちらがお金を払っている以上、彼氏も何も文句を言えないでしょう。