恋しい気持ちにさせる方法は?

恋しい気持ちにさせる方法は?

クリスマスやバレンタインなど、恋人達が街に溢れる季節は特に愛情が恋しくなりますよね。

片思いの彼がなかなか振り向いてくれない…。

お付き合いしている彼が最近冷たくなった…。

など、恋の悩みを抱えている人は少なくないでしょう。

今回は、恋しい気持ちにさせる方法をご紹介しています。

恋しい気持ちにさせる方法

連絡を突然やめてみる

恋うまくいかない時、「押してダメなら引いてみる」作戦が功を奏する場合があります。

片思いの関係にしろ、既にお付き合いしている関係にしろ、好きな気持ちが大きすぎてバランスが良くないと、片方の気持ちは恋から遠ざかってしまいます。

今まで毎日のようにあなたから連絡していたのであれば、その連絡がパタリとなくなった時、彼の中に何かしらの感情が起きるはずです。

あなたからの連絡がなくなったことで、あなたの愛がなくなった事を心配し始めたり、今までの冷たい態度を反省してくれるかもしれません。

完全にあなたへの気持ちがなかった場合には、ホッとしているかもしれません。

大きな賭けではありますが、彼のあなたへの恋しさを気づかせられる可能性があります。

彼に手料理を振舞ってみる

あなたが料理の腕に自信があるのであればぜひ彼に手料理を振る舞ってみましょう。

料理上手な女性は、彼の心をグッと掴むことが出来ます。

もしも彼のお眼鏡に叶う料理が作れたら、彼はあなたの虜になるでしょう。

疲れた時、寂しい時、元気が出ない時には、あなたの作るあの味が食べたいと、あなたのことが恋しくなるはずです。

料理上手な女性を妻に持つと、妻の作るご飯を食べたくて寄り道をせずに真っ直ぐ家に帰る旦那さんも多いのだとか。

彼を恋しくさせたかったら、料理の腕を磨いて、彼の胃袋をガッシリ掴むことです。

甘えた声で電話をしてみる

彼となかなか会えない時は、電話で素直に会えない寂しさを伝えてみましょう。

電話は顔が見えないからこそ、思いっきり甘えた声で彼の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

顔が見えない分、恥ずかしさも吹き飛びますし、あなたもいつもよりも素直になれるのでしょう。

電話越しに甘えられると、まるで耳元で囁かれているかのように感じられます。

耳元で甘ったるい声が流れたら、彼もあなたへの恋しさが急増するに違いありません。

可愛い声を聞いて気分が盛り上がり、無理をしてでもあなたに会う時間を作ってくれるかもしれません。

思い出の品を彼の部屋にこっそり置く

最近2人の関係にマンネリを感じたら、彼にちょっとしたイタズラを仕掛けて恋のドキドキや、出会った頃の懐かしい気持ちを思い出させましょう。

初めてのドライブで聴いた曲が収録されているCDや、2人で映画を見た時のパンフレットなど、2人がまだラブラブだった頃のデートを思い出させる品があなたの部屋に眠ってはいませんか?

彼の部屋に遊びに行った時こっそり思い出の品を彼の机の引き出しや、本棚にしまってくるなんてサプライズはどうでしょうか。

ふとした時に思い出の品が現れたらきっと彼もあの頃の余韻に浸ってあなたのことが恋しくなるでしょう。

彼との写真をたくさん撮る

彼とのデートで、写真を撮らない手はありません。

時々写真を見返せば、楽しかった思い出が
鮮明に蘇ってきます。

2人のデートで写した写真を、おしゃれなアルバムに閉じて渡したり、オリジナルの可愛いスクラッピングを施してちょっとしたメモで気持ちを伝えてみるのも良いでしょう。

時間に余裕がある時に、アルバムを見て「この時は楽しかったなぁ。」「あの時、俺は何なこと言ったっけ…。」なんて思い出を振り返ってあなたの存在を噛み締めることでしょう。

2人の思い出の記録を撮り溜めて、是非彼にプレゼントしてみて下さい。

彼に自分の匂いをつける

人の嗅覚は思い出を呼び起こすと言われています。

街で元彼と同じ香水の匂いがした時に、彼との思い出が蘇ってきて恋しくなった経験はないでしょうか?

彼に恋しいと思ってもらいたかったら、彼の嗅覚にアプローチしてみましょう。

香水をつける時は、時と場所には応じて使い分けるのではなく、いつも同じ香水をつけるようにしてあなたの匂いを彼にインプットさせるのです。

彼があなたの匂いを認識した頃に、香水を染み込ませたあなたの私物を彼の部屋に残したり、彼の枕にあなたの香水を振りかけることで、あなたが去った部屋で1人過ごす彼は、少し切ないような恋しいような感情を覚えるでしょう。

手紙を書く

あなたは普段、彼への溢れる気持ちをどのような手段で伝えていますか?

LINEや電話で愛を伝えるのも良いですが、ここは昔ながらの手紙という手段で愛しい彼に普段の感謝の気持ちや溢れる愛を伝えてみましょう。

書いた文字には、その人の人間性もよく表れるもので、LINEの文字以上に相手への気持ちが伝わります。

あなた自身が今までの2人を振り返って、何を思うか、これからどんな関係を築いていきたいか、じっくりと考えたことを言葉にしてみると、自分自身も彼が恋しくなり、その気持ちが彼と伝染するでしょう。