聞き上手な女になる方法7つ

聞き上手な女になる方法7つ

どんな場所に行っても、人の話を聞く事が上手な「聞き上手な女性」が存在しますよね。

彼女達はその性格から、老若男女問わず「あの子と話すと落ち着く!」「また会いたい!」と思われやすく、職場の上司や目上の人からも高い人気を誇ります。

つまり、「聞き上手な性格になるだけで、人間関係を非常にスムーズに築く事が出来るの」と言っても過言ではありません。

そんな「聞き上手な女性」になる為にはどんな方法があるのか?その気になる方法を7つ紹介します。

聞き上手な女になる方法

相手のバックグラウンドに興味を持つ

「人の話を聞いてもいまいち興味が持てない」「あまり頭に入ってこない」という方は、「相手のバックグラウンド」を想像してみましょう。

特に職場の人というのは、「ただのうるさい上司」「厳しい先輩」というイメージだけで見てしまいますが、そんな人達にも、一人一人に個性豊かなバックグラウンドがあります。

例えば、普段は「うるさい上司だなあ」と感じている上司にも、家に帰れば家庭があり、休日は意外にも子煩悩で親バカだったりだったりするものです。

そんな「相手は普段どんな生活をしているのか」という事を考えてみると、相手の存在に人間味を感じ、話の内容にも興味を持てます。

相手のバックグラウンドに興味を持つと、「休日はお子さんと出かけたりするんですか?」「お家では何をされてるんですか?」と少し切り込んだ話題を振る事が出来るようになり、相手もあなたに話を振りやすくなります。

共感する姿勢を見せる

相手の話を聞く時は、基本的に「分かる!」「そうですよね!」という共感の姿勢を見せましょう。

どんな人でも、自分の話をする時は、どこか「味方になってほしい」と感じています。

その為、共感する姿勢を積極的に見せると、相手は「この人は分かってくれるんだ」と安心し、「もっと話を聞いてほしい」と感じるのです。

この方法は接客業におけるクレーム対応マニュアルなどでも頻繁に使われている為、「人がどれだけ自分の話に共感してほしいと思っているか」という事がよく分かります。

前のめり気味に話しを聞く

相手の話を聞く時、遠慮して少し距離を置いたり、受け身がちに話を聞いている人は多いのではないでしょうか。

しかし、聞き上手な女性を観察してみると、非常に前のめり気味に話を聞いている事に気付きます。

彼女達は、物理的にも少しだけ前のめりな体勢を取り、話の聞き方も「そうなの?!」「それからどうなったの?!」と前のめり気味です。

誰かに話を聞いてほしい人というのは、このように相手に前のめりな姿勢を取られると、「そんなに自分に興味を持ってくれてるんだ!」「もっと話をしたい!」と感じます。

このように、人は「自分に興味を持ってくれる相手」に非常な弱く、心を許しやすいのです。

常に疑問系で返す

相手の話を聞く時、「そうなんだ〜」「へえ〜」という受け身な言葉で終わらせてはいませんか。

しかし、聞き上手な女性になるには、「常に疑問系で返す」という事が非常に大切なのです。

相手の話に対して「それからどうなったの?」「それって◯◯なの?」と返す事で、相手は「こんなに積極的に聞いてくれるんだ!」と嬉しくなり、ますます話を振ってくれます。

ただ疑問系で返すだけで会話が続きやすくなり、だんだんと相手は自分に気を許しやすくなります。

「人との話を続かせるのが苦手」「何を話せば良いのか分からない」という方も、まずは「疑問系で返してみる」という事から実践してみましょう。

「もっと教えて!」という姿勢を見せる

自分の知らない話をされた時は、「初めて聞きました!」「もっと教えてください!」という姿勢を見せましょう。

この方法を取る事で、特に男性は「もっと教えてあげよう」「良い子だな」と感じます。

男性というものは基本的にプライドが高く、「女性よりも優位に居たい」「自分を立ててほしい」というタイプの人が多い為、「その話、もっと教えて下さい!」という女性には可愛らしさや健気さを覚えるのです。

反対に、自分が人に話を振る立場である時、「あなたが好きって言ってた◯◯、俺も興味があるんだよね!もし良かったら教えてくれない?」と言われると、確かに嬉しいですよね。

相手が「自分の好きな事」について話を振ってきた時は、積極的に「学びの姿勢」を見せましょう。

大きめにリアクションする

相手の話を聞く時は、喜怒哀楽をダイレクトに表現する事が有効です。

少し大げさにリアクションを取る事で、相手は「そんなに真剣に聞いてくれるんだ!」と嬉しくなり、どんどん話を振りたくなるのです。

特に男性は「自分の話によく笑ってくれる女性」が大好きな為、男性の話には「喜」の感情を大げさに見せると、好印象を与えやすくなります。

また、女性の場合は「共感してくれる事」に最も安心する為、どんな話にもオーバーリアクションを取る事で、「この子は私の事を分かってくれるんだ」と感じるのです。

また、喜怒哀楽が分かりやすい女性はどんな人からも親しまれやすい為、「誰かに話を聞いてほしい」という時の相談相手にも選ばれすいです。

自分の話は一瞬我慢する

「聞き上手」とは、相手の話を一方的に聞き続けるだけではなく、上手く自分の話を盛り込む事も大切です。

とは言っても、初めからガツガツと自分の話をしてはいけません。

まず第一には相手の話を受身に聞き続け、もしも相手に「あなたはどう?」と聞かれた場合に、初めて自分の話を持ち出しましょう。

そして、そこでは自分の話に流れを持っていくのではなく、「私は◯◯なんですけど、◯◯さんから見てどうですか?」などと返し、「あくまで相手のペースで話す」事は忘れないようにします。

このような会話の仕方をする事で、聞き上手でありながらも「話し上手」というイメージも付ける事が出来る為、人との会話の上では非常に役に立つ方法です。