職場で嫌われる女の特徴7つ

職場で嫌われる女の特徴7つ

どんな職場にも、「あの人はちょっと苦手…」「あの人とは出来れば仲良くしたくない…」などと、同僚に距離を置かれる女性が一人は存在しますよね。

彼女達は、その様々な言動が原因で、職場内の人々から強い反感を買っています。

では、そんな「職場で嫌われる女性」には、一体どのような特徴があるのでしょうか。

もしかすると、「これって私も当てはまるかも?」と心当たりを持つかもしれません。

職場で嫌われる女の特徴

男性社員の前では可愛い子ぶる

「男性社員の前では声が高い」「男性社員ばかりに媚びを売る」など、女の武器を最大限に使う女性社員は嫌われます。

このタイプの女性は特に同性を中心に嫌われる為、職場内で浮いている事も珍しくありません。

彼女達は、日頃から同性の社員とはあまり関わりを持たず、男性社員ばかりに擦り寄って仕事をしています。

その為、「仲の良い女性社員」など一人も存在しないのです。

しかし、同性から見れば不愉快な存在の彼女達ですが、男性からは「可愛い」「頼ってくれて嬉しい」と評価される事もある為、ある意味非常に厄介な存在です。

仕事をせず私語ばかりしている

「仕事中、業務に手を付けず私語に夢中になる女性」を、一度は目にした事あるのではないでしょうか。

彼女達は、「あの人、一体何をしに会社に来ているんだろう?」と疑問を持つほど、仕事中のほとんどの時間を私語に費やしています。

そして、周囲の人々は「いいから仕事しろよ!」とイライラを感じているものの、本人達は一切気付かないのです。

また、このタイプの女性には、「仕事中に給湯室でサボる」「やたら離席する」など、「とにかくサボろうとする」という特徴があります。

言うなれば、「出来れば楽をしたい」と考えている彼女達だからこそ、仕事に手を付ける事を後回しにするのでしょう。

しかし、周囲からは「どうしようも無い奴」と批判を買っている為、どんな職場に行っても嫌われ者の存在になるのです。

容姿が極端に派手

「会社に何をしに来てるの!?」と一瞬驚いてしまうほど、極端に容姿が派手な女性が存在しますよね。

「TPOって知っている?」と聞きたくなるような華美な髪型、ネイル、洋服などを纏う彼女達は、職場では浮いた存在になってしまいます。

彼女達は「オシャレが大好き!」というタイプが多く、職場でも地味な服装はしたくないと考えています。

しかし、周囲に「どう考えても仕事に来る格好じゃないだろう」と感じさせてしまう服装では、誰からも嫌われてしまいますよね。

そして、同僚だけでなく取引先などからも目を付けられてしまいます。

「郷に入っては郷に従え」という言葉があるように、社会人であれば最低限職場のルールに従う事が当然ですよね。

愚痴が多すぎる

一言口を開けば誰かの悪口が始まり、止まらない愚痴を漏らし始めるタイプの女性です。

彼女達は普段溜め込んでいる愚痴を誰かに話したくて堪らず、仕事中であろうと誰かを捕まえては愚痴大会を始めます。

社会人であれば誰でも多少は不満を抱えているものですが、あまりにも愚痴が多すぎる女性は、「聞くだけで疲れる」と周囲の人々を疲弊させてしまいます。

四六時中愚痴ばかりを漏らす彼女達に、周囲は「自分自身はどうなんだよ!」と言いたい気持ちを毎日グッと抑え、密かにストレスを溜めているのです。

愚痴を聞いてもらう側はスッキリするのかもしれませんが、周囲からは目障りな存在である為、誰からも嫌われてしまいます。

ヒステリックな性格

「いつ怒り出すか分からない」「すぐに機嫌が悪くなる」、そんな女性は、周囲から腫物を触るように扱われます。

やはり、どこに地雷が落ちているか分からないようなヒステリックな性格では、誰からも「この人とは仕事をしたくない」と批判を買ってしまうものです。

さらに、このタイプの女性は「自分の思い通りにならないと拗ねる」「やりたくない仕事はやらない」などの特徴もあり、非常に厄介かつ気の遣う存在です。

ただでさえ女性は「感情で動きやすい」と男性から勘違いされやすい為、気を張ったり肩の力を入れている女性社員も多いものです。

しかし、そんな女性達はこのワガママ極まりない女性の存在によって、「やっぱり女は全員駄目だ」と風評被害を受けてしまいます。

気性が荒く機嫌の波が激しい女性は、どの職場に行っても嫌われるでしょう。

指示されないと何もしない

「自分の仕事が終わればボーッとしている」「暇そうにネイルをいじっている」など、「とにかく仕事に対する意欲が見受けられない」というタイプの女性です。

このタイプの女性は、一つの仕事が終わるとそれだけで満足し、指示があるまで何もしません。

また、「指示をあおぐのではなく、自分から行動しなくてはならない」という意思が微塵も無い為、仕事への熱意も持っていません。

さらに、「自分から仕事を見つける」「自分に出来る事が無いか考える」という事も一切しない為、周囲からすれば「仕事なめてるの?」と感じざるを得ません。

これが新卒や20代前半ならまだ許せるものの、アラサー以降であればもはや目も当てられません。

協調性が無い

仕事をする上で、「チームプレー」と「コミュニケーション」は絶対に欠かせないものです。

たとえどんな職場であっても、社員同士一丸となって一つの目標の達成へ努めるものです。

しかし、そんな社会において、「社員同士の話し合いの輪に入らない」「コミュニケーションを全く取ろうとしない」という協調性の無い女性が存在します。

彼女達は「一人でも仕事は出来る」と自分を高く評価し、他者との関わりを持とうとしません。

その為、周囲の社員を気遣ったり、仕事を手伝ったりする事ももちろんしないのです。

そんな性格をしていれば、周囲から「協調性が無さすぎる」「社会人としてどうなの?」と批判を買ってしまっても仕方がありません。