女らしい男性の特徴7つ

女らしい男性の特徴7つ

男性ながら、女性よりも女らしさを感じさせる人はいますよね。

器用だったり、性格が優しかったり、繊細だったりして。

一般的に男らしいと言われる人とは違うタイプかもしれませんが、そういう男性は彼なりの良さがあるものです。

女らしい男性の特徴

家事が得意

元々の家族環境に影響されて、家事が得意になった場合が多いです。

父親が協力的で、家事を手伝う姿を見ていたら、自然と自分もするようになるでしょう。

母親などに感謝されたり、手伝っているうちに上達するのが楽しくなったのかもしれません。

料理上手な男性は素敵ですよね。

掃除が好きだったり、洗濯やアイロンかけなども嫌がらずにやってくれると嬉しいです。

本人が慣れていて得意だと、頑張っているという意識がなく、何気なく家事をしてくれます。

一緒に過ごすなら、心強い存在ですね。

本人も、そういう作業が好きだったりします。

偉そうにしていることもないので、コツを教えてと頼んだら、きっと優しく教えてくれるでしょう。

性格が穏やか

女らしい男性は、性格が穏やかです。

誰かの喜ぶ顔が好きで、相手の助けになれることができたら満足感があります。

グループで仕事やスポーツなどをしていても、自分が引っ張っていったり目立ちたいタイプではありません。

周りを見渡して、上手くいっているか見たり、リーダーや困っている人をサポートする方が向いていると本人もわかっています。

でも、心の中では彼の存在を誰もが認めているでしょう。

彼がいるから、何事もうまくまとまるのです。

皆が勢いよく、それぞれ好きなように行動するのを、スムーズにまとめてくれる彼の存在は大きいですね。

心優しい

女らしいと言われる男性は、心が繊細です。

子供や動物にも好かれ、すぐ仲良くなれます。

素直でいることと、相手に共感する能力が高いと言えます。

男らしいと言われる男性の中には、女性や子供が苦手という人がいるでしょう。

彼らは、自分が理解できないものに苦手意識があります。

でも、心優しい男性は、どんな人とも分かり合えます。

わからなければ、相手を理解できるように近づきます。

相手を理解するためには、相手の気持ちになって考えるので、心の広さも必要です。

自分と違うからと言って、すぐに否定しないで受け入れます。

争いが嫌い

女らしいことと、男らしくないことは別のものですが、よく一緒にして考えられることがあります。

「男らしい」「女らしい」と意識している人ほど、決めつけていることが多いように思えます。

争いを好まない男性は、男らしくないと言われることがあります。

でも、彼の中での「男らしさ」は、男らしいと言われる男性の言う「男らしさ」とは違うのでしょう。

何かを守るために戦うのは、場合によっては男らしさと関係ないと考えているのです。

例えば、プライドや、自分の体面を守るために怒る男性には、いくら「男らしくない」と言われても、共感しないでしょう。

綺麗なものが好き

芸術嗜好の男性は、女らしいセンスを持っていたりします。

スポーツをして、体を鍛えたりすることや競技を楽しむよりも、綺麗なものに触れて心を満足させることが好きです。

美術館に行って、ゆっくりと絵画を楽しんだり、音楽を聴くことも好きでしょう。

旅行に行ったら、その季節の景観を楽しんだり、土地柄を感じながら街を歩く楽しみもありそうです。

好きなものに対する感覚は、多くの男性より女性と分かり合えることが多いでしょう。

周りには、似たタイプの男性か、女性が多いでしょう。

人と接することも好きなので、気の合う人に囲まれているのも好きなことです。

心が広い

女らしいと言われる男性は、広い心を持っています。

「男らしくない」と言われることもありますが、それでも自分は自分で、非難してくる他人は他人だと、お互いの違いも含めて受け止めることができるのです。

「女らしい」とバカにされることを嫌がって、自分の心を隠したり、本心と違う行動をする人もいるでしょう。

それは、自分の本当の気持ちを大切にしていない人ですね。

周りにどう思われても、自分の存在を大切だと感じて、自分の感性を守れる人は、周りに対しても心を広く持てます。

自分以外に、多少普通と変わっているものも、すぐに拒否することなく、攻撃することもありません。

マイペース

女らしいと言われる男性は、自分らしさを大切にしています。

それも自分の個性として考えているので、周りにどう思われようと、大きな影響を受けることはありません。

彼が一番彼らしい行動をするために、マイペースでいます。

他の人の反応を気にせず、彼らしさを追及していると、周りの人からも認められるようになります。

「彼はそういうタイプの人なんだ」と、周りが納得するようになるのです。

結局は、他の人に「男らしい」「女らしい」と言われて、期待通りに行動しても、自分の幸せは自分にしかわかりません。

自分らしくしていることの満足を、彼は知っているのでしょう。