気配りができる女性の特徴7つ

気配りができる女性の特徴7つ

気配りができる女性が、グループの中にいたら、雰囲気が明るくなりますね。

メンバーのことをさり気なく見ていて、元気がなさそうでも、困っていても、手を差し伸べられるのです。

相手が望んでいないようなら、それ以上の干渉はしません。

その場にいる全員の人の満足度が上がるように、気配りができる女性は裏から周りを支えます。

彼女の働きはさりげないですが、その大切さを感じて、尊敬している人もいるでしょう。

気配りができる女性の特徴

タイミングが良い

気配りができる女性は、誰かに話しかけるのも、何か行動するのも、タイミングが良いです。

例えば、大勢でいる飲み会などで、奥の席の人のグラスが空きそうなら、その人はお代わりをするのかとメニューを差し出します。

会議などでも、話す時は人を遮ることがないように、内容の切れ目をちゃんと見計らって発言します。

スポーツなどでも、差し入れの飲み物を出したり、タオルを渡すのもタイミングが良いです。

相手が欲していることがわかるのではなくて、想像して、できるだけ力になろうとしているようです。

周りを良く見ている

気配りできる女性は、周りを良く見回しています。

自分が必要だったり、必要じゃない場面がわかります。

グループでいて、内気で寂しそうにしている人がいたら、その人が話すきっかけを持てるように、上手に話を振るでしょう。

その相手の個性が際立つように、パスを回すのも上手です。

会話のタイミングは、天性のものかと思えるくらい、周りも巻き込んでいきます。

彼女が見ているのは、自分がいる集団ばかりではありません。

もし、他の人もいる場なら、そちらにも迷惑がかからないように、さりげなくチェックしているでしょう。

リラックスしている

自分がリラックスしていると、誰か、自分以外の人を気にかける余裕が生まれます。

それがわかっているから、彼女は自分がリラックスできるきっかけを良く作っているでしょう。

彼女と接していると、リラックスしている雰囲気が相手に伝わります。

ピリピリしている人と一緒にいたら、こちらも緊張してきますね。

その逆の現象です。

そのおおらかな雰囲気も、周りに愛されるポイントの一つでしょう。

気配りができる女性は、誰かといると気を使うため、実は神経が疲れているかもしれません。

人に全く会わない時間などを作って、心を回復しているのではないでしょうか。

恩着せがましくない

気配りができる女性は、自分が関わることで何かがうまくいったとしても、それを相手に念押しすることはありません。

「自分のおかげ」と強くアピールして、恩着せがましい振る舞いをすることはないでしょう。

自分の行動で、誰かの助けになると良いなと望んでいるからです。

相手に頼まれたのではなく、自分から自発的に行動したことです。

もしそれで見返りが欲しいと感じることがあれば、自分の心がどこか乾いていることに気が付くでしょう。

そんな時は、心を休めて充電するのが一番です。

笑顔

余裕のある人は、表情が明るいです。

気配りができる女性は、無理をしていないから、笑顔でいられることが多いでしょう。

それが、顔を合わせた人を安心させてくれます。相手を安心させるのも、彼女の気配りの一つです。

安心すると、気持ちが休まって、いつもの日常のストレスを忘れられますね。

相手を和ませられるのは良いことです。

あなたも誰かに会って、気持ちが休まったら、それだけで心が充実してきませんか?

笑顔は、お金のかからないプレゼントです。

相手にいくらあげても、減るものではありませんね。

相手の気持ちを考える

手助けが必要なことも、いらないことも、相手の気持ちを尊重します。

相手が望んでいないのに、自分の行為を押し付けるのは、ワガママです。

相手が迷惑に感じることもあるでしょう。

何かと、人と関わる時は、相手の気持ちを考えてから行動したり、発言するようにしているでしょう。

気配りができる女性は、小さなことでも手を抜かずに、人の心を考えようとします。

それは、普段は誰かに対する心配りですが、たまには同じように、自分も優しくして欲しいと感じるときがあります。

でも、彼女と同じレベルの優しさを持って行動するのは他の人には難しいかもしれません。
自分がしているのと同じことを相手に求めないように、心が疲れていると感じる時、彼女は休むでしょう。

プレゼント好き

目に見えないプレゼントや、ちょっとしたアイデアからのプレゼントをすることが、彼女は好きです。

相手の気持ちを明るくするのが好きですが、「相手のことを気にかけている」というメッセージでもあるのです。

たまたま、相手が元気のない時に彼女からの気持ちが届くこともあるでしょう。

そんな時は、相手も彼女のことを思い出して、元気になるかもしれません。

誰かに元気を分けることで、その気持ちは実は自分の心も暖かくしてくれるでしょう。

誰かとの距離を上手に保つことで、彼女は多くの人を大切にしながら、仲良く付き合って行けます。

つかず離れず、相手が忙しくて連絡がおろそかになってしまっても、そのまま疎遠にはなりません。