異性が苦手な男性の特徴7つ

異性が苦手な男性の特徴7つ

異性が苦手な男性はいます。

イヤな経験をした後に、そのまま心を閉じたのかもしれません。

全ての女性を同じイメージで見るのは間違いですね。

残念ながら悪い女性もいますが、良い女性と見分けられるようになると良いですね。

それか、年や精神年齢が幼く、あまり女性と接したことない男性も、異性に苦手意識が出ます。

同じ男性とは違いそうで、どう接していいかわからなくて、苦手になる場合があります。

異性が苦手な男性の特徴

人間関係に慣れていない

異性が苦手な男性は、そもそも人間関係も慣れていません。

相手が女性というだけで警戒して、中身を見るほどのお付き合いをしないからです。

性格を知るには、相手にある程度近づく必要もありますが、女性に近づいただけでは噛みつかれることはないので、勇気を持って踏み出すと良いでしょう。

優しい女性はいっぱいいます。

人間関係に慣れていないと、誰かが自分の行動範囲にいることに違和感があります。

緊張して、気を使い過ぎて疲れることもあります。

気を使うのは悪いことではないので、意識しすぎて避けそうな状態から、ほどほどに力を抜くようにしたら良いでしょう。

無口になる

女性が近くに来ると無口になる男性は、異性が苦手だと思って間違いありません。

異性の前での自分に自信がなく、どうしていいかわからなくなっているのでしょう。

必要最低限の発言だけをし、自分がバカにされたり、変だと思われないようにしているのです。

女性のいる場でたくさん話していると、徐々に慣れてきてリラックスできます。

女性に気づかれたくない気持ちや、何か隠したい時も無口になる男性がいます。

思ったことを素直に口に出し過ぎると失礼だと怒られるのは、何となくわかっているのではないでしょうか。

まずは女性が話す様子を見て、自分からも少しずつ話すようになります。

緊張している

異性が苦手な男性は、緊張するのを隠そうとして、あまり近づかないようにしているのかもしれません。

好きなタイプの女性には特に、話しかけづらくなるのは、自分がハードルを上げているからです。

軽く話ができる男性を羨ましく思う時もあります。

自分で軽く話そうと思うと、緊張すると余計に上手くいきません。

それは恥ずかしい気がして、赤くなったり、汗をかく人もいます。

そんな落ち着かない思いをするくらいなら、逃げるように避けることを選ぶ男性もいます。

表情に乏しい

異性が苦手な男性は、女性に合わせるのも苦手です。

いろいろな反応をしたり、表情を変えるのは男らしくないような気がする人は、表情や雰囲気を抑えがちです。

あまり女性に接した経験がないので、戸惑いもあって、固まっている時があります。

せめて、かっこつけた表情を出そうとして、渋い顔になっている時もあります。

「怒っている?」と言われたり、近寄りがたいと思われていることを知ったら簡単に落ち込みます。

デリケートな男心ですね。

何度も会っているうちに、小さい表情の変化が出てきますよ。

同性がいるとほっとする

何となく、話をするにしても、異性だけといるより、同性が一人でもいるとほっとした様子です。

異性が苦手なのは、接し方がよくわからないのでしょう。

自分と同じ男性が、どうやって女性に接しているか見られると、参考にもできます。

心を許せるのは、女性より男性です。

同じ場にいても、女性はほとんど無視するように、男性にばかり話しかけることがあります。

会う回数が増えても彼の態度が変わらなければ、嫌われているのかもしれないと距離を置く女性も多そうです。

女性のいる環境に不慣れな彼の方から歩み寄って来るのを待つのも良い作戦かもしれません。

そっけない

最初に会ったときの彼の印象は悪いかもしれません。

感じが良いとは言えません。

女性の目を直接見なかったり、短くて気のない返事をする人もいます。

そういう男性に、特に悪気はないのですが、女性の気持ちまで考える余裕はありません。

自分が悪く取られないように、ひたすら遠慮して、びくびくしているかもしれませんが、ぎこちなくでも話しかけてくれると嬉しいですよね。

コミュニケーションが上手くとれないのは、時間の経過と共に解決することを願いましょう。

ただ、いつも変わらない態度で接していると、内心は男性側が心を許してくれていることがあります。

構ってもらうと、それなりに喜んでいるのでしょう。

異性のことをよく知らない

異性が苦手と考えている男性は、異性のことを良く知らない場合があります。

女きょうだいや、いとこなど、女性のいる環境にあまりいなかった人に多いです。

幼稚園の頃は一緒に遊んでいても、久々に姿を見たら女らしくなっている知り合いを見ると、変わった生き物のようで、どう接したら良いかわからなくなるのです。

単なる同僚や友達付き合いでも、興味はあるのですが、距離は縮められません。

自分から食いつくように、あまりに積極的な男性は評判が悪いのを知っているので、警戒しているのです。