経済力がない彼氏と結婚して後悔している理由は?

経済力がない彼氏と結婚して後悔している理由は?

「経済力がない男性との結婚は苦労するよ!」という周囲の意見を無視し、「好きだからお金は関係ない!」と、勢いに任せて結婚。

しかし、結婚後になって「やっぱり結婚しなければ良かった…」と後悔している女性は、意外にも多く存在します。

彼女達は、結婚前には「経済力がなくても気にならない!」という強い自信があったのにも関わらず、なぜ結婚した事を後悔しているのでしょうか。

今回は、そんな「経済力がない彼氏と結婚した女性」が持つ、その後悔の理由をまとめてみました。

経済力がない彼氏と結婚して後悔している理由

想像よりも楽しくなかった

どんなに経済力がない彼氏とはいえ、付き合っている間はどんな状況でも楽しいものです。

立派な場所で食事が出来なくても、素敵なデートスポットへ出掛けられなくても、彼氏と一緒に居ればそれだけで幸せを感じますよね。

その為、「結婚をしても絶対にやっていける!」「お金がなくても、一緒に居るだけで楽しい!」と、強い確信を持って結婚したはずでした。

しかし、いざ結婚して数年が経過すると、「結婚とはどれだけお金が掛かる事か」という事を目に見えて痛感するようになり、その生活は日に日に苦しくなっていきます。

そして、想像していたよりも遥かに苦痛な生活に、「もっと楽しくなると思っていた」という強い後悔を持ってしまうのです。

夢追い人に付き合いきれなくなった

夢追い人な男性によくある、「自分の夢を追う為に最低限の収入で生計を立てている」というパターン。

そんな男性を彼氏に持つと、次第に「私が支えてあげなくちゃ!」「応援してあげなくちゃ!」という強い母性を持つようになります。

そして、「彼を支えられるのは私しか居ない!」と意気込んで結婚を決め、彼の代わりに自分が稼ぐ生活を送るように。

しかし、いざ結婚をしたにも関わらず、何年経っても彼の夢は叶わないまま、気付けば中年になっていた…という恐ろしい結末が待っていたのです。

若い時は輝いて見えた夢追い人も、年齢を重ねれば「ただの甲斐無し」です。

年齢を重ねても何も変わらない彼に、「もう付き合いきれない」と、諦めのような後悔を持つ日々。

しかし、そんな後悔を持っても時すでに遅く、もはや後の祭りなのです。

将来が見えない暮らしに疲れた

経済力がないという事は、ダイレクトに「暮らしが質素になる」という事です。

独身時代は「彼となら節約生活も余裕!」と甘い考えをしていたものの、いざ結婚してみてようやく「これじゃ絶対やっていけない!」と気付くのです。

お金がない為に質素な食事を強いられ、一円でも安く買い物をする為にスーパーを何軒も回り、「とにかく安く」を気にする毎日。

そんな毎日が一生続いていくと思ったら、ふと「私、何やってるんだろう?」と我に返っては落ち込んでしまいます。

その日暮らし同等の生活では、将来も一切見えず、「この先どうなるんだろう」という不安しか持てません。

子どもを作りたくなった

結婚前は「二人で暮らしていくなら、少々お金が無くても大丈夫でしょ!」と考えていたものの、いざ結婚して「やっぱり子どもが欲しい」という考えに変わる事があります。

どんなに「子どもはいらない!」と心に決めている女性でも、一度は「子どもが欲しいかも」と考える日が必ずやってくるのです。

しかし、いざ「子どもを作りたい」という強い希望を持っても、旦那の経済力では二人の生活だけでいっぱいいっぱいである為、その希望を叶える事はほぼ不可能です。

やはり、子どもを育てるという事はそれだけ莫大な資金が必要になる為、安易な考えでは子育ては出来ません。

その為、「私も子どもを産みたかった」「こんな事になるのなら、経済力がある人と結婚すれば良かった」と、強い後悔を持ってしまうのです。

マイホームが欲しくなった

若い頃は「マイホームを買う意味が分からない」「賃貸で良いじゃん」という考えを持っていたものの、年齢を重ねると共に「マイホームが欲しい!」という考えに変わる事は珍しくありません。

若い世代にこそ魅力が伝わりにくいマイホームですが、人は年を重ねれば重ねるほど「持ち家を手に入れたい」という願望を持ちやすくなるものです。

その為、結婚当初こそ「彼には経済力がないけど、マイホームだって買わないし関係ない!」と考えていても、その考えはものの数年で容易に覆されます。

いざマイホームに興味を持った時、現在の暮らしでは到底それは叶わない為、彼の収入の低さを強く恨む結果となるのです。

周囲の暮らしが羨ましくなった

結婚当初は「彼さえ居れば幸せ」「周囲が何と言おうとも関係ない」という無敵状態でしたが、結婚生活が長くなると共に、周囲との差は顕著に表れるようになります。

結婚して数年、年齢もそこそこの大人となった時、自分達は相変わらず質素な節約生活のまま。

しかし、そこそこ経済力のある彼氏と結婚した友人はというと、毎日リッチな暮らしを送り、頻繁に旅行に行き、幸せそうな生活を送っている…なんて事は日常茶飯事です。

そんな周囲の暮らしを横目に見ては、「私は何をしているんだろう?」「人生の選択を誤ったのでは?」という強い焦りを感じるようになります。

そして、「こんな夫、結婚しなければ良かった」と、激しい後悔に襲われるのです。

結婚式をしたかった

経済力のない彼氏と結婚すると、もちろん結婚式を執り行うお金などありません。

しかし、彼氏に夢中になっている場合、そんな状況でも「彼の事が好きだから、式なんか必要ない」と盲目状態になってしまうものです。

そして、そのまま結婚式を執り行わないまま夫婦となりますが、「やっぱり結婚式なんか必要なかった!」と思うのは最初の数年間だけです。

結婚後、友人の結婚式に呼ばれては「羨ましい」と感じ、新婦のドレス姿を見ては「私もドレスを着たかった…」と強い後悔を持つようになるのです。

人生で唯一自分だけが主役になれる結婚式は、やはり女性にとってはそれほど特別な存在なのだと言えます。

そして、その機会を逃してしまったが最後、いくつになっても「結婚式をしたかった」という強い後悔を持ち続ける羽目となります。